GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子 カシオワールドオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

若手2人が首位タイで発進!

順位 選手名 通算 合計
1 手嶋多一 -5 67
1 H.キーニー -5 67
3 伊澤利光 -4 68
3 田中秀道 -4 68
3 中嶋常幸 -4 68
3 水巻善典 -4 68
3 宮本勝昌 -4 68
3 飯合肇 -4 68
3 矢野東* -4 68
10 奥田靖己 -3 69

スコア詳細を見る

いぶすきGCで行われているインターナショナルトーナメント、カシオワールドオープン。 並んで首位スタートしたのは67をマークしたハンク・キーニーと手島多一。1打差3位には伊沢利光田中秀道、久しぶりの上位スタートとなる中嶋常幸宮本勝昌ら7人がひしめいている。団子状態となった初日、2日目以降に抜け出すのはだれか?

キーニーは、7バーディ、2ボギーとし5アンダーを稼いだ。「スコア的には満足していますが、パー5でバーディを取れなかったのが残念です」 一緒にまわった中嶋常幸は小さい頃、ブラウン管で見ていた憧れの選手だったそうだ。「同組で回れて嬉しかった。とても楽しく回れたことが今日のスコアにつながりました」

今日は距離より方向性重視のドライバーを使ったが調子は良くなく、フェアウェイをキープできないことが多かった。しかしリカバリー出来る範囲で何とかできたのがスコアに反映されている。

スキンヘッドのヘアースタイル(?)は5年前からしているそう。とても気に入っていて、1週間に1度の手入れは欠かさないとか。米Qスクールの2次を通過できなかったキーニーは、「もしこの競技で勝てたら日本でプレーしたい」

久々に初日3位タイと好調な出だしを切った中嶋常幸。1イーグル、5バーディ、3ボギーで68とした。子供の頃ファンだったと言われ、若いキーニーに「いい見本を見せなければ」と張り切った結果。しかし中嶋のほうではキーニーの飛ばし屋ぶりを楽しみにしていた。「今日は恐いもの見たさで来たんだよ」

「父さんはイップスじゃないよ。パッティングの時、たまにパンチが入ることがある」フェニックスで息子にいわれた一言も好調に大きく影響している。おかげでパッティングが段々と良くなってきた。それまでは、身体も良くなく、じれったい思いをしていた。「今日はとにかく楽しかったよ」

今週来週の追い込みが期待されていた丸山茂樹はスタート直前に首の激痛に見舞われて、急遽欠場。診断では「筋筋膜性疼痛」という聞き慣れない病名だそうだ。しばらく安静にしていれば回復するということだが。


特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?