GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子全日空オープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

細川が再びトップに

順位 選手名 通算 合計
1 細川和彦 -11 205
2 深堀圭一郎 -10 206
3 桑原克典 -8 208
3 尾崎直道 -8 208
3 リン・コンキ -8 208
6 乗竹正和 -7 209
7 堺谷和将 -6 210
7 T.ハミルトン -6 210
7 河村雅之 -6 210
10 飯合肇 -5 211

スコア詳細を見る

全日空オープン3日目は、69をマークした細川和彦が11アンダーで再び首位に立った。2位には68の深堀圭一郎尾崎直道桑原克典林根基が3位グループ。前日トップからスタートしたT.ハミルトンは75を叩き7位に後退している。

アウトからスタートした細川和彦。4バーディ、1ボギー。ティショットが曲がりフェアウェイに上手くいかなかったが「今週は初日から切れないようにしていましたから」というように冷静なプレーを心がけた。終わり16番ホールから3連続バーディとし18番ではボードをしっかり見て「これを入れれば単独トップはわかっていた」

サントリーオープンではN.プライスのゴルフの組み立て、プレーの内容が勉強になった。「先週のイメージが強くプライスのように勝ちたいですね。最終日は60台、自分のゴルフで60台。15アンダーぐらいかな。明日は5度目の正直です」

昨年の優勝者深堀圭一郎は輪厚コースはティショットが構えやすく、自分に合っているという「何かがいるかの様に気持ちが前向きになれる」 4・5、8・9、16・17番ホールを連続バーディとし、結局8バーディ、2ボギー、1ダブルボギーで68。3日目に優勝を狙える位置にいることは大事だ。「チャンスをモノにして連覇を狙いたい」

「あー、今日は疲れた」尾崎直道は2バーディ、ボギーなし。「バーディチャンスは多かったと思うけど、自分のパターにがっかりした。こんなにパターが悪いのに優勝争いの位置にいるのが不思議」 2日間ノーボギーではいるがあまりうれしくないと言う。


特集SPECIAL

ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯が、8月17日(木)恵庭CC(北海道)で開催。大会期間中は、試合・練習の模様をインターネットで生中継!賞金1億円は誰の手に!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?