GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国シニア アリアンツ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

アリアンツ選手権
期間:02/11~02/13  場所: ブロークンサウンドCオールドC(フロリダ州)

J.D.ブレイクが単独首位発進! 尾崎直道は31位タイ

順位 選手名 通算 合計
1 J.D.ブレイク -8 64
2 T.レーマン -7 65
3 S.シンプソン -6 66
3 P.シニア -6 66
3 T.ジェンキンス -6 66
3 J.スルーマン -6 66
7 C.S.ルー -5 67
7 N.プライス -5 67
7 マイク・リード -5 67
7 D.フロスト -5 67

スコア詳細を見る

米国チャンピオンズツアーの第2戦「アリアンツ選手権」が11日(金)、フロリダ州にあるブロークンサウンドCオールドコースで開幕。ジェイ・ドン・ブレイクが8アンダーで単独首位スタートに成功した。

ブレイクは出だしの10番(パー5)でバーディを奪うと前半だけで5つスコアを伸ばし、8バーディ、ノーボギーの会心のラウンド。18ホールの大会最少スコアにあと1打に迫る「64」をマークし、トップに立った。

1打差の2位にはトム・レーマン。さらに1打差の3位タイにはスコット・シンプソン、トム・ジェンキンス、ジェフ・スルーマン、ピーター・シニア(オーストラリア)が並んでいる。

昨年のシニア賞金王ベルンハルト・ランガー(ドイツ)は、4アンダーの14位タイと大会連覇へ向けまずまずのスタート。今季開幕戦の「三菱電機選手権」で優勝し、連勝がかかるジョン・クックは1アンダーの44位タイとやや出遅れた。

1月のアジア選抜と欧州選抜の対抗戦「ザ・ロイヤルトロフィ」でアジア選抜のキャプテンを務めた尾崎直道は、2バーディ、ボギーなしの「70」で回り、自身の今季初戦は31位タイでスタートした。


特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!