ニュース

2021年 全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2021年 全米プロゴルフ選手権
期間:05/20〜05/23 場所:キアワアイランドゴルフリゾート・オーシャンコース(サウスカロライナ州)

THE OCEAN COURSE

※ホール番号をクリックするとコース詳細がご覧になれます

Hole1
Par
4
Yard
396

S字型のロングホール。両サイドのオークツリーに注意しながらティショットを打ちたい。グリーンの手前は巨大なバンカーが2オンの道を阻んでいる。アゲンストの風が吹くと難易度は一層高くなる。

Hole2
Par
5
Yard
557

右サイドはウォーターハザードも気になる砂地になっているオープニングホール。左は深いラフとなっており、狭いフェアウェイをきっちりとキープできればバーディの可能性がグッと高まる。

Hole3
Par
4
Yard
390

18ホール中、最も短いパー4は左ドッグレッグ。フェアウェイも広いが、左サイドが好ポジションになる。砲台グリーンへのセカンドショットは中央の木を避けながら確実にチャンスを作りたい。

Hole4
Par
4
Yard
484

ティショットは落としどころも広く、右サイドの3つのバンカーだけを注意。しかしアゲンストの強風が吹くため、セカンドショットのクラブ選択が難しい。パーセーブするにはグリーン左サイドから。

Hole5
Par
3
Yard
207

大西洋に向かって打ち出すティショットを、コース内で最も大きな2段グリーンが待ち受けている。距離はさほどないが、ポジションによっては3パットのピンチも生まれるだけに、細心の注意が必要。

Hole6
Par
4
Yard
490

前半4ホールは東に向かって出て行くが、ここから西のクラブハウスへ戻っていく。ティグラウンドから中央に見えるオークツリーをめがけ、軽いドローボールが最善策か。グリーンの入り口の左右がバンカーとなっている。

Hole7
Par
5
Yard
579

イーグルチャンスが生まれそうなパー5。風の影響を受けるティショットをフェアウェイに運べれば、セカンドはチャンス。左サイドは砂地が広がっているものの、グリーン手前の花道は広い。

Hole8
Par
3
Yard
198

砂地に囲まれた砲台気味のグリーンが待ち受ける。手前の花道から、まるで陸にある“アイランドグリーン”だ。左サイドの木々が気になり、ピンが奥に切られると難易度が高くなるはず。

Hole9
Par
4
Yard
514

折り返しのパー4は、ティショットの落としどころがカギになりそう。右から傾斜しており、ファーストバウンドの地点によってランが期待できる。アプローチが難しいので、確実にグリーンをキャッチしたい。

Hole10
Par
4
Yard
447

バックナインの入り口は緩やかな右ドッグレッグのパー4。ティショットでフェアウェイセンターから左サイドを捕らえたい。緩やかに奥に傾斜しているグリーンの左手前は巨大な砂地。トラブルは避けたい。

Hole11
Par
5
Yard
593

今大会で最も長いホール。風の影響が無ければまず2オンは難しい。ティショットでまず右サイドの砂地を避け、セカンドはフェアウェイ中央にあるバンカーに注意を払いながらレイアップ。アプローチまで高いショット精度を要求される。

Hole12
Par
4
Yard
484

フェアウェイが広くチャンスホールとなるが、ドライバーでの落としどころは左足下がりになっているため、刻みも得策。また、グリーンまで約300ヤード地点にティグラウンドが新設されており、日によっては1オンが出る可能性も。

Hole13
Par
4
Yard
497

後半9ホールでは最もタフになりそうだ。距離が長い上に、ティを過ぎたところからグリーンまで右サイドに大きな水路が流れている。グリーンの左には深いバンカーがあり、出すのにも苦労しそう。悲劇が生まれそうなモンスターホールだ。

Hole14
Par
3
Yard
238

1番からスタートした選手たちは5番ホールから9ホール連続で西に向かってプレーするが、ここで折り返す。距離の長いパー3はまず確実にティショットで、奥に下る砲台グリーンを捕らえることが必須になる。

Hole15
Par
4
Yard
466

フェアウェイのレイアウトはうねっているが、基本的なルートはストレート。風を計算に入れながら、小さいグリーンを攻略。グリーンの右手前は広いが、左手前から左サイドは砂地になっている。

Hole16
Par
5
Yard
608

巨大な池を越えるティショットを放った後は、第2打は右サイド、第3打は左サイドの縦に長いバンカーを避けなければならない。とはいえ、風次第で2オンのチャンスは十分。トーナメントの終盤は勝負をかけるホール。

Hole17
Par
3
Yard
223

グリーン手前に大きな池。ミスショットで右に曲げるか、ショートなら容赦なくダブルボギーのピンチ。深いラフはあるが、逃げるなら左サイドだ。確実にパーを拾うことができれば、距離のある最終ホールへも気持ちよく入れるはず。

Hole18
Par
4
Yard
505

ロングヒッターであればフェアウェイ右サイドの大きなバンカーと丘を越えるチャンスもあるが、多くの選手はロングアイアン、ミドルアイアンの精度を試される。眼下に広がる大西洋から賛辞を受けるのは果たして誰か?

【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

アクセス急上昇!ランキング

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

やってみよう!フットゴルフナビ
ツアー速報をお届け
ゴルフ速報アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入可能
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス