2018/09/29クラブ試打 三者三様

ディアマナ DF/ヘッドスピード別試打

」 「ディアマナ」シリーズは、やはり・青・白(3部作)の流れで把握される人は多いと思います。この「ディアマナ DF」は、白と青を足した感じという表現が的確かなと思われます。 白マナと言いますと、手元が大きくし
2017/07/06ギアニュース

つかまるけれど引っかけにくい“赤マナ”4代目

シャフト「ディアマナ」シリーズ3部作(“青マナ”“白マナ”“マナ”)の“マナ”シリーズの後継にあたる。初代「ディアマナ M(マナ)」、2代目「ディアマナ イリマ」、3代目「ディアマナ R」に続く
2018/07/05ギアニュース

パワーがなくても買い 「ディアマナDF」8月31日発売

三菱ケミカル(本社・東京都千代田区)は3日、同社の看板モデルである「ディアマナ」の新シリーズ「ディアマナ DF」を8月31日に発売すると発表した。 、青、白とあるディアマナ3部作の中では元調子系の
2018/01/09マーク金井の試打インプレッション

球がつかまりキャリーを稼げる「三菱ケミカル ディアマナ RF」

ツアープロが求めるシャフト作りをコンセプトにしているディアマナシリーズ。「青マナ」「マナ」「白マナ」の3タイプがラインアップされてきたが、今回試打するのは「マナ」の後継機種となる「RF」。 シャフトの
2017/01/17マーク金井の試打インプレッション

三菱レイヨン ディアマナ X

求めるシャフト作りをコンセプトにしているディアマナシリーズ。その最新モデルとなるのが、今回試打するディアマナX '17 シリーズ。元来、ディアマナには「青マナ」「マナ」「白マナ」の3つの
2016/06/01ツアーギアトレンド

航空機用カーボン使用の青いシャフトがツアーに登場

)に開幕する国内男子メジャー「日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills」の直前から、藤田寛之ら複数のツアープロがテストした。 「青マナ」「白マナ」「マナ」で知られる
2014/10/07マーク金井の試打インプレッション

三菱レイヨン ディアマナ R

「ディアマナ シリーズ」といえば三菱レイヨンの人気シリーズ。その中で叩けて捕まる特性で根強い人気を誇る「マナ」の最新バージョン「ディアマナ Rシリーズ」が登場した。池田勇太を始め、ツアーでも人気だ
2014/06/19ツアーギアトレンド

ディアマナ「Rシリーズ」が新登場 “第3世代”が揃い踏み

三菱レイヨンのディアマナシリーズ“第3世代”が、いよいよ揃い踏みだ。「青マナ→カイリ→Bシリーズ」、「白マナ→アヒナ→Wシリーズ」と受け継がれてきたラインナップに、最後に残った「マナ→イリマ」の
2014/02/04マーク金井の試打インプレッション

アルディラ ツアーブルー JV、ツアーグリーン JV

しなり戻る。メーカー側は中調子と言っているが、フィーリング的に先もほどよく動くので先中調子に感じるシャフトだ。三菱レイヨンのシャフトに例えるならば青マナに挙動が近く、そして青マナよりもシャフトが良く動く
2013/07/03ツアーギアトレンド

白マナの第3世代 ディアマナWがツアーデビュー

三菱レイヨンの看板製品であるディアマナシリーズが登場したのは2005年。以降、「青マナ・白マナマナ」の3ラインナップは、第2世代として、それぞれ「カイリ(Kai’li)・アヒナ(’ahina
2012/08/31ギアニュース

ツアーで実戦投入開始!三菱レイヨン ディアマナB シャフト

3兄弟の長男」と表現した。青マナ→カイリ→Bシリーズという進化に続き、今後は、マナ→イリマ→“?”、白マナ→アヒナ→“?”、と移り変わっていく見通し。ディアマナの「第3世代のスタンダード」となるシャフトは反響を呼びそうだ。
2010/09/14ギアニュース

白マナ後継機はアヒナ

。もちろん、『カイリ』が『Sシリーズ(青マナ)』の、そして『イリマ』が『Mシリーズ(マナ)』の後継機種だったように、『アヒナ』は『Dシリーズ(白マナ)』の後継機種として展開される。 そのキャッチコピー