2017/05/18ツインフィールズレディース

谷河枝里子が首位発進 森美穂ら1差2位/女子ステップ初日

レディース」で通算2勝目を挙げるなど、賞金ランキング1位を走っている。 2アンダーの2位タイに美穂と大山亜由美。1アンダーの4位タイに佐藤靖子、照山亜寿美、佐久間綾女の3人が続いた。
2018/10/17マスターズGCレディース

17歳アマの安田祐香 地元で連続予選通過のツアー新記録に挑む

、「うろ覚えだった」という記憶に改めて攻略ルートを刻み込んだ。 「グリーンは小さいけれど傾斜があるので、パットが重要になると思う」と警戒を示し、一日2アンダーを目標に掲げた。予選ラウンドは小野祐夢と美穂と同組
2018/07/20センチュリー21レディス

暑さに紫外線 アン・シネの対策は「6回ぐらい日焼け止め」

をプレーした後、美穂はインコースから5ホールをプレー後に体調不良を訴えて棄権した。売店のスタッフは、熱中症にかかり救急車により搬送された。 1オーバー58位で初日を終えたアン・シネ(韓国)は氷のうを
2016/09/08日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯

次は自分の番? 2位発進の森美穂が抱く“淡い期待”

決めるメジャー大会で初日に3アンダーをマークした美穂は、「全然、予想していなかった」と目を丸くして微笑んだ。 スタート前の練習場。の打つ球は本人の意図とは違い、「フェードとスライスの間くらい」と説明
2018/04/26九州みらい建設グループレディース

蛭田みな美ら3人が首位発進/ステップ初日

。 香妻琴乃、美穂、前週の「パナソニックオープンレディース」でプロ初優勝を飾った高木萌衣は、イーブンパーの18位とした。
2016/09/09日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯

メジャーでもひるまない 濱田茉優と森美穂が上位に粘る

茉優と美穂の2人が、苦しみながらも上位に踏みとどまった。ともに「75」で回った2人は、濱田が通算1アンダーとして首位と1打差の2位。はイーブンパーの6位で決勝ラウンドへと進出した。 「昨日と変わらず
2016/10/24マスターズGCレディース

勝みなみ、強行日程も出場権得て今季22試合目へ

「71」で突破し、本戦出場を決めた。中学3年以来の選考会からの出場で、レギュラーツアーは今季22試合目となる。出場46選手のうち美穂ら15人が通過した。 勝は「疲れもあるのか、ショットが右に行っていた
2015/09/25ミヤギテレビ杯ダンロップ女子

森美穂、プロ初の予選通過へ好発進

25日に宮城県の利府GCで開幕した「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」の初日、美穂が2バーディ1ボギーの「71」(パー72)でプレーし、今年7月のプロテストに合格してから初めての予選通過に向け
2015/08/29ニトリレディス

プロ合格後初戦の森美穂 予選落ちでももう泣かない

悔しさで涙を浮かべる表情を幾度も見た。だが今週は違った――。北海道の小樽CCで開催されている「ニトリレディス」の2日目、通算7オーバーでホールアウトした美穂は、プロテスト合格後の初戦を、カット
2016/11/04

姉の堀奈津佳は2次QTで脱落…有村、諸見里は3次へ

のプロテストでトップ合格した永井花奈が高坂CC会場を通算4アンダーでトップ通過。人気の高い美穂、斉藤愛璃のほか、今年の「ヤマハレディース葛城」で3位に入ったユン・チェヨンら韓国ツアー勢も各会場で上位
2016/09/28フンドーキンレディース

ベテラン前田とルーキー照山が首位で最終日へ/ステップアップ2日目

なる。 初日首位に並んでいた4人は、1つ伸ばした岡崎綾子が2打差の3位に耐えたものの、ほかの3人が苦しんだ。2ダブルボギーなど出入りの激しかった川岸史果は2つスコアを落とし、美穂らと並ぶ通算1アンダーの13位。山口莉穂と井上りこは「77」でカットライン上の通算2オーバー39位まで順位を落とした。
2016/07/10ニッポンハムレディス

プロ5年目初優勝の葭葉ルミ 大魚を釣り上げ何を買う?

の最高記録は42cmだ。 23歳は、ツアー転戦しながら趣味も楽しむ。5月「中京テレビ・ブリヂストンレディス」のときは成田美寿々ら、同月「リゾートトラスト レディス」では美穂らと釣りに行った。らと
2015/08/01大東建託・いい部屋ネットレディス

葭葉ルミ プロテスト合格の同学年・森美穂は「すぐに勝つ」

7月31日(金)に終了した国内女子ツアーのプロテストで、5度目の挑戦でようやく合格を勝ち取った美穂にいち早く祝福メッセージを送ったのは葭葉ルミ。「おめでとう」「ありがとう」。簡単なやりとりだったが