2004/12/06

2004年国内男子クオリファイ終了 前田雄大が1位通過!

コースで開催された。 この日、大会5日目が日没サスペンデッドとなったため、一部の選手が第5ラウンドの残りと最終ラウンドが行われた。優勝したのは、今年「アイフルカップ」で5位と健闘した前田雄大。第5ラウンド
2005/04/15

富田が逃げ切りチャレンジツアー開幕戦を制す

フィニッシュ。一方、2004年国内男子クオリファイトーナメント1位通過の前田雄大は、この日大乱調のゴルフとなり、通算8オーバーの63位タイで競技を終えている。 ※GDOスター探索隊で登場した清水洋一は、4
2011/09/21エリートグリップJGTOチャレンジIII

チャレンジ初日は日没!暫定首位は前田雄大

、15組59名の選手が第1ラウンドを明日(22日)へ持越す形となった。 そんな中、暫定ながら首位に躍り出たのは前田雄大。朝からの雨や風で各選手スコアが伸び悩む中、66ストローク、6アンダーで暫定首位に立っ
2003/12/12

国内男子Qスクール最終日

-72-73-70-76) 21/ 0 /橋本大地/432(72-72-70-71-73-74) 22/ 0 /前田雄大/432(71-77-70-67-72-75) 23/+1/国吉博一/433
2009/04/20東建ホームメイトカップ

【GDO EYE】男子ゴルフの開幕戦は初シード勢が大暴れ!

。今大会には10名の初シード選手が出場。中でも上位で戦い大会を盛り上げたのは、最終日にベストスコアの「65」をマークし3位タイに入った池田勇太。池田には追いつかなかったが8位タイに食い込んだ前田雄大
2006/06/24~全英への道~ミズノオープン

上位3人が外国勢になる中、S.K.ホが単独トップに立つ!

2人。この日は、上位3人が外国勢という展開となった。 日本人選手では、通算9アンダーの4位タイに前田雄大、真板潔の2人が並び、通算8アンダーの6位タイに市原建彦、谷口拓也がつけている。明日は午後から雨になるという予報もあり、…
2010/11/28カシオワールドオープンゴルフトーナメント

2011年のシード獲得者が決定! 田中秀道、深堀らは届かず

、今野康晴、プラヤド・マークセン、井戸木鴻樹、桑原克典、室田淳、塚田好宣、ウェイン・パースキー、前田雄大、スティーブン・コンラン、津曲泰弦、額賀辰徳、星野英正
2010/11/26カシオワールドオープンゴルフトーナメント

予選ラウンドを終え、まだまだ予断を許さないシード争い

井戸木鴻樹(イーブンパー45位タイ)、88位の塚田好宣(イーブンパー45位タイ)、89位の前田雄大(4アンダー13位タイ)、91位の冨山聡(2アンダー31位タイ)、96位の額賀辰徳(1オーバー58位タイ
2005/09/08サントリーオープンゴルフトーナメント

合田、今野が首位!15歳の伊藤は1アンダーの好発進!

アンダーをマークして3位タイの前田雄大、野仲茂、宮里聖志に1打差をつけた。 この日の合田は、出だしの1番からいきなり連続バーディでリズムに乗り、3アンダーで前半を終了。後半に入っても13番、17番と2つ
2008/12/01カシオワールドオープンゴルフトーナメント

賞金シード争いの明暗!初シード獲得は石川遼含め13人

道央、貞方章男、山下和宏、金庚泰、上井邦浩、池田勇太、前田雄大、エディ・リー、ハン・リー、中島雅生、津曲泰弦の13人。この中で何人の選手が09年度もシードを確保できるのだろうか。シード権を保持するだけでもタフな戦いが強いられ…
2007/07/13長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント

谷口徹が首位タイを守る! アマ伊藤涼太は予選落ち

立て直し、連続バーディを含む4つのバーディを奪取。通算4アンダーまでスコアを伸ばして、パースキーと並んで首位タイを守っている。 3位タイには、前田雄大、小田孔明、中田慶史郎の3選手が、通算2アンダーで
2006/09/30コカ・コーラ東海クラシック

河井博大が単独首位に!片山晋呉も5位タイに浮上

いる。 追う2位タイには、手嶋多一、前田雄大らが通算イーブンパー。続く5位タイに、この日4バーディ、1ボギーと3つスコアを伸ばした片山晋呉が、通算1オーバーとして、宮本勝昌と共に猛追を見せている
2009/11/20ダンロップフェニックストーナメント

久保谷ら3人が首位に! 石川は20位、池田は辛くも予選突破

となった。 通算7アンダーの首位に並んだのは、平塚哲二、前田雄大、久保谷の3人。伸び悩んだ久保谷を尻目に、平塚が「66」、前田が「65」と猛チャージ。前田は生命線である安定したショットが冴…
2009/11/20ダンロップフェニックストーナメント

久保谷ら3人が首位に! 石川は20位、池田は辛くも予選突破

となった。 通算7アンダーの首位に並んだのは、平塚哲二、前田雄大、久保谷の3人。伸び悩んだ久保谷を尻目に、平塚が「66」、前田が「65」と猛チャージ。前田は生命線である安定したショットが冴…