2016/06/24ヨーロピアンツアー公式

久々の首位発進に破顔のジャクリン

」王者のダニー・ウィレットはダブルボギーを2度叩くなど、「74」と出遅れた。 初日を1アンダーとしたスコットランドのリッチーラムジーは183ヤード、パー3の16番でホールインワンを達成し、大会スポンサーであるBMWから車を進呈された。
2016/04/15ヨーロピアンツアー公式

復調のレビーがスペインで初日トップ

マルティン・カイマー、スウェーデンのヨアキム・ラガーグレン、そしてスコットランドのリッチーラムジーがつけている。 大会初日をアンダーパーでラウンドした選手が僅か15名にとどまるなか、グレゴリー
2015/09/09ヨーロピアンツアー公式

オランダで注目の5人

出身の若い彼の来歴に唯一欠けているのは勝利である。今週こそ彼の週となるのだろうか。 ■リッチー・ラムゼイ リッチー・ラムゼイは欧州ツアー随一のストレートで安定したボールストライカーとして知られている
2015/07/22ヨーロピアンツアー公式

「オメガ・ヨーロピアン・マスターズ」で注目の5人

優勝している)、‘JD’も今週は自身に若干の利があると感じていることだろう。 ■リッチー・ラムゼイ リッチー・ラムゼイは2012年に山々の王として君臨した一人である。3年前、彼は同胞のポール・ローリー
2015/07/28ヨーロピアンツアー公式

地元での栄冠を狙うローリー

にとってスコットランドの同胞であるマーク・ウォーレン、そして同じくアバディーン出身のリッチーラムジーも雄大なマーカーリンクスに顔を揃えることになる。 先週の「オメガヨーロピアンマスターズ」で10位タイ
2015/03/29ヨーロピアンツアー公式

終盤のチャージでワッテルが優勝戦線に

模様となっており、タイトルの門戸は広く開かれている状況だ。 フランスのワッテルは3日目を「67」でラウンドし、スコットランドのアンドリュー・マッカーサー、前日首位タイで3日目を「71」で回ったリッチー
2014/09/05ヨーロピアンツアー公式

モリナリとラムジーが首位発進

絶景のクランスシュルシエレGCで開催されている「オメガ・ヨーロピアン・マスターズ」の初日は、猛烈なスタートを切ったリッチーラムジーが首位に立ち、その後、エドアルド・モリナリが追いついて並ぶ展開と
2015/03/28ヨーロピアンツアー公式

2日目「66」のラムジーら4人が首位で並ぶ混戦に

ハッサンIIゴルフトロフィーは2日目を終え、この日のベストスコアとなる「66」で2日目をラウンドしたスコットランドのリッチーラムジーら4人が首位で並んで大会を折り返す格好となった。 6バーディ
2014/08/31ヨーロピアンツアー公式

イタリアでの2勝目へ向け首位をひた走るオット

繋がる形となった。 オットはスコットランドのリッチーラムジーに2打差をつけて首位に立っており、後者は同胞のギャラハーの「ライダーカップ」行きを阻止する存在になりたくないとは思いながらも、先ずは自らの
2014/04/07ヨーロピアンツアー公式

クレスピが歓喜の初優勝

アンダーまでスコアを伸ばし、スペインのジョルディ・ガルシア・ピントとスコットランドのリッチーラムジーに2打差をつけての戴冠となった。 前半を4アンダーの「32」で折り返したクレスピはこの時点でリードを
2014/08/29ヨーロピアンツアー公式

母国で輝きを見せたモリナリ

・メイビン、スコットランドのリッチーラムジー、イングランドのリチャード・ブランド、そして南アフリカのヘイニー・オットに1打差をつけており、更にその1打後方には17歳のイタリア人アマチュア選手
2014/08/30イタリアオープン

「62」のオットが単独首位 開催国イタリア勢は失速

グループに、リッチーラムジー(スコットランド)、デビッド・リプスキー(アメリカ)ら5人が続く。 母国タイトルを狙うイタリア勢は精彩を欠いた。首位タイからスタートしたフランチェスコ・モリナリはこの日
2014/10/06ヨーロピアンツアー公式

輝きを取り戻したウィルソンが初優勝

まで待たねばならず、丁度その頃、スコットランドのリッチーラムジー、イングランドのトミー・フリートウッド、そして世界ナンバーワンのロリー・マキロイがタイトルを狙ってバトルを繰り広げていた。 11番で
2014/09/02ヨーロピアンツアー公式

クラン・モンタナでの3勝目を狙うビヨーン

過去に2勝を挙げ、2位も2回記録しているビヨーンに加え、リッチーラムジー(2012年)、ミゲル・アンヘル・ヒメネス(2010年)、ジャン・フランソワ・ルクイン(2008年)、ブレット・ラムフォード
2014/05/18ヨーロピアンツアー公式

ジローナでリードを広げたピータース

ナショナルオープンでの優勝は未達成だ。「勝てたら素晴らしいな。もちろん『スペインオープン』優勝を果たしたいと思っているが、まあ明日をご覧いただこうではないか」と語った。 スコットランドのリッチーラムジー
2014/11/21ヨーロピアンツアー公式

威風堂々 マキロイがローリーと共に首位発進

、バーディも沢山奪っており、今日もその通りのプレーができたね」 スコットランドのリッチー・ラムゼイとデンマークのトービヨン・オルセンが首位から1打差の5アンダーにつけており、その1打後方には
2014/10/04ヨーロピアンツアー公式

ジャクリンが単独首位で大会を折り返す

ゼロからの出発とはなるけれどね」。 「自分のゴルフには良い手応えを感じているから、達成できると信じているよ」。 リッチーラムジーとクリス・ドークのスコットランド人コンビが首位から2打差の通算7