2020/12/07ヨーロピアンツアー公式

2020年「ゴルフ in ドバイ選手権」を振り返る

。すると土曜に、この24歳は今大会で最もエースに近づいた選手となった。パー3の11番では、同組でプレーしていたスウェーデンのヨアキムラガーグレンとスコットランドのマーク・ウォーレンが揃ってOKパット
2015/03/22ヨーロピアンツアー公式

ハンセンが首位のまま短期決戦へ

アンダーの「68」はこの日、何度も首位から陥落の危機に晒された。1時間13分のプレーが可能となった午前中のラウンドでは、フィンランドのヤッコ・マキタロとスウェーデンのヨアキムラガーグレンに並ばれたの
2015/03/18ヨーロピアンツアー公式

マデイラで注目すべき5人の男

を果たしている。直近の成績では、前週「ツワネオープン」の予選2日間を「66」と「68」でラウンドし、トップ10圏内につけていたが、週末は後退している。 ヨアキムラガーグレン マデイラ島はスウェーデン
2016/12/21ヨーロピアンツアー公式

体格差をなくしたらどうなる? 飛ばし屋ランキング

プレーすることに慣れてきたんだ」と加えた。 ■3位:ヨアキムラガーグレン 2016年の平均飛距離: 291.7ヤード 体重: 65kg パウンド・フォー・パウンド:4.49ヤード/キログラム 彼の
2016/08/29ヨーロピアンツアー公式

デンマークで完勝のピータース

ヨアキムラガーグレンが入り、その2打差には「ライダーカップ」出場に望みをつなげたドイツのマルティン・カイマーと南アフリカのジャコ・バンザイルが入った。 荒天が予想されたため、ティタイムが早められた
2016/08/28ヨーロピアンツアー公式

ドレッジが僅差の首位で最終日へ

へ向け好位置につけた。一方、オタエギは「68」でラウンドして2位タイに浮上した。 通算10アンダーにはヨアキムラガーグレンがつけており、その2打後方にはマルティン・カイマー、ポール・ダン、そして
2016/08/27ヨーロピアンツアー公式

デンマークで主導権を握ったドレッジ

展開となった。 2014年は2位、そして昨年は6位と、ファルソで好結果を残してきたウェールズのドレッジ。その傾向は相変わらずのようで、通算13アンダーとしてヨアキムラガーグレンを抜いて単独首位に立った
2016/08/26ヨーロピアンツアー公式

「メイド・イン・デンマーク」で歴史に名を刻み損ねたルイス

・ピータースとヨアキムラガーグレンがヒンメルランドゴルフアンドスパリゾートのコースレコードに並ぶ「62」を叩き出し、このままこの2人が首位タイで2日目を迎えるかに見えた。 しかし、その後、ルイスが13
2015/10/04ヨーロピアンツアー公式

躍動のオルセンが一気に奪首

ラウンドを完遂したスウェーデンの若手選手であるヨアキムラガーグレンらがつけている。 一方、首位タイで大会を折り返したジミー・マレンはカーヌスティを2オーバーの「74」で回るのが精一杯で、通算9アンダーまで…
2015/02/23ヨーロピアンツアー公式

インドオープンを制し母国の英雄となったラヒリ

このホールをバーディとして勝負は決した。 スウェーデンのヨアキムラガーグレン、タイのプラヤド・マークセン、スリランカのミスン・ペレラ、そして豪州のマーカス・フレイザーはプレーオフに1打及ばない通算6
2015/02/20ヨーロピアンツアー公式

コースを熟知するチョウラシアがニューデリーで輝きを放つ

チャプチャイ・ニラト、バングラデシュのシディクール・ラーマン、スウェーデンのヨアキムラガーグレンと並んでリーダーボードのトップに立った。 バックナインからスタートしたチョウラシアは12番、17番、18番で
2016/10/22ヨーロピアンツアー公式

サリバンがポルトガルで首位タイに急浮上

サイモン・ダイソン、クリス・ペイズリー、そしてカラム・シンクウィンのイングランド人トリオ、ラムゼイとポール・ローリーのスコットランド人コンビ、スペインのナチョ・エルビラ、スウェーデンのヨアキムラガー
2016/11/16ヨーロピアンツアー公式

DPワールドツアー選手権の知っておくべきアラカルト

・ジョンストン、ヨアキムラガーグレン、イ・スミン、李昊桐、レナート・パラトーレ、マシュー・サウスゲート、ブランドン・ストーン、そしてワン・ジョンフンの12人。尚、43歳で大会デビューとなったリチャード・ブ…
2018/04/23ヨーロピアンツアー公式

五つ星のレビがモロッコで戴冠

連続バーディを奪い、アレクサンダー・ビョークとヨアキムラガーグレンのスウェーデン人コンビ、フィンランドのミッコ・イロネン、そしてイタリアのアンドレア・パバンを抜いて単独2位となった。 レビによる勝利は
2015/10/05ヨーロピアンツアー公式

オルセンがスコットランドでツアー3勝目を達成

「65」で最終日をラウンドしたイングランドのクリス・ウッド、ベンジャミン・エベール、ベルント・ウィスベルガー、ヨアキムラガーグレン、そしてキラデク・アフィバーンラトが入った。 後続に3打差をつけて最終
2017/06/24BMWインターナショナルオープン

混戦模様のリーダーボード ステンソンはV3へ前進

ヨアキムラガーグレンとジョエル・スタルターが首位タイで「BMWインターナショナルオープン」を折り返すも、ミュンヘンアイヒリードGCのリーダーボードは混戦模様となっており、メジャー王者のセルヒオ