2018/04/18ヨーロピアンツアー公式

「ハッサンIIトロフィー」で知っておくべき5つのこと

最多勝記録となっている。1998年にトムパーニスJr.を退けて大会初制覇を遂げたルナは、その後、2002年と2003年にも優勝して連覇を果たした。勝利を挙げた2002年の前には2位に入ったこともあり
2015/07/293M選手権

ランガー、昨年の雪辱なるか

ツアー通算7勝目を手にした。ベルンハルト・ランガー(ドイツ)は最終日、猛追を見せたが1打届かず2位となった。 前週の海外シニアメジャー「全英シニアオープン」を制したマルコ・ドーソンをはじめ、昨年の雪辱を狙う3年連続賞金王のランガー、トム・ワトソンなど豪華な顔ぶれが出場する。
2015/03/23ツーソン コンキスタドーレスクラシック

ドーソンが逃げ切り初優勝

回り、通算13アンダーとして逃げ切りで、ツアー初優勝を飾った。 2打差の11アンダーで、バート・ブライアントが続いた。3位には、10アンダーのマーク・オメーラが入った。 トムパーニスJR.、ウェス
2015/04/19グレーターグインネット選手権

オリン・ブラウンが首位!ランガーが1打差に迫る

(スウェーデン)、スティーブン・エイムズ(カナダ)、マーク・オメーラ、トムパーニスJR.の4選手がつけている。 ディフェンディングチャンピオンのミゲル・アンヘル・ヒメネス(スペイン)は通算5アンダーの10位タイ。首位を7打差で追っている。
2015/03/29ミシシッピガルフリゾートクラシック

首位にサザーランド レーマンが2差2位に浮上

マークし、通算9アンダーの単独トップに浮上。ツアー2年目で初勝利のチャンスを掴んだ。 2打差の2位にトム・レーマン。通算6アンダーの3位タイにデビッド・フロスト(南アフリカ)、トムパーニスJR.が
2015/01/20三菱電機選手権

王者ランガーが4年連続賞金王に向けスタートダッシュを狙う

ランキング上位選手が勢ぞろいする。ジェイ・ハース、トムパーニスJR.、ケニー・ペリー、カーク・トリプレット、マイケル・アレンといった米国出身選手は、開幕戦からどのような戦いを見せるのだろうか。 昨年15試合
2015/02/10ACEグループクラシック

フロリダシリーズ第2戦 王者ランガーが昨年の雪辱を狙う

、トリプレットが2mのパーパットを沈めツアー通算3勝目を手にした。 大会連覇を狙うトリプレットをはじめ、前週「アリアンツ選手権」を制したポール・ゴイドス、さらに昨年1打差で敗れたランガー、ブラウンも出場を
2015/06/07プリンシパルチャリティクラシック

カルカベッキアが首位で最終日へ

の覇者トムパーニスJr.は2バーディ、2ボギー、1ダブルボギーの「74」と崩れ、通算3アンダーの24位に後退した。
2015/06/03プリンシパルチャリティクラシック

デービス・ラブIIIが今季シニア2戦目に挑む

米国シニアツアー「プリンシパルチャリティクラシック」が5日(金)からの3日間、アイオワ州のワコンダクラブで開催される。 昨年はトムパーニスJr.がプレーオフを制し、優勝した。 2016年の
2015/06/08プリンシパルチャリティクラシック

カルカベッキアが逃げ切り今季初優勝

・デュラント。通算10アンダーの4位にロッド・スピットル(カナダ)、さらに1打差の5位に前年覇者のトムパーニスJr.ほか、デービス・ラブIII、ポール・ゴイドス、ジョン・クックら5人が続いた。
2015/06/06プリンシパルチャリティクラシック

コセレスとアンドレードが首位発進

・コセレス(アルゼンチン)とビリー・アンドレードの2人。後続に1打差のリードをつけて首位に並ぶ好スタートを切った。 5アンダーの3位に、大会連覇を狙うディフェンディングチャンピオンのトムパーニスJr
2015/02/07アリアンツ選手権

首位に3選手が並ぶ混戦の幕開け ランガー1差で追走

開幕。初日、ポール・ゴイドス、トムパーニスJr.、バート・ブライアントの3選手が、6アンダーで首位に並ぶ混戦でスタートした。 昨季賞金王のベルンハルト・ランガー(ドイツ)が1打差5アンダーの4位につけ
2015/02/09アリアンツ選手権

ゴイドスが抜け出しツアー2勝目

、通算12アンダーとしてツアー2勝目を挙げた。 ほかの3人はいずれもスコアを崩し、ロッド・スピットル(カナダ)とバート・ブライアントは通算8アンダーの9位、トムパーニスJr.は通算7アンダーの11位に
2015/02/08アリアンツ選手権

混戦に拍車!4人が首位で最終日へ ランガーは2打差5位

◇米国シニア◇アリアンツ選手権 2日目◇ブロークンサウンド・オールドコース(フロリダ州)◇6807yd(パー72) 初日に6アンダーをマークして首位に並んだポール・ゴイドス、トムパーニスJr
2014/11/03チャールズ・シュワブ・カップ選手権

パーニスJr.が今季2勝目 ランガーが年間王者に

首位タイでホールアウトしたトムパーニスJr.とジェイ・ハースのプレーオフへ。4ホールに渡る熱戦を制したパーニスJr.が今季2勝目を飾り、有終のフィニッシュを遂げた。 そのパーニスJr.に1打差2位で
2014/11/01チャールズ・シュワブ・カップ選手権

J.ハースが首位 ランガーは7位に後退

」でまわり通算12アンダーとし、後続に4打差リードをつけてトーナメントを折り返した。 通算8アンダーの2位にはトムパーニスJr.、通算6アンダーの3位にはケニー・ペリー、通算5アンダーの4位タイには
2014/10/31チャールズ・シュワブ・カップ選手権

T.パーニスJr.が首位 王者ランガーは1差2位発進

)に開幕。6バーディ1ボギーの「65」をマークしたトムパーニスJr.が、5アンダーの単独首位で飛び出した。 この最終戦を前に、前週時点で賞金王と年間王者の2冠を決めたベルンハルト・ランガー(ドイツ
2014/11/02チャールズ・シュワブ・カップ選手権

K.ペリーとT.パーニスJr.が首位浮上 ハースは3位に後退

ムービングデー、3位タイから出たケニー・ペリーが「68」で回り、通算12アンダーとして、この日イーブンパーで回ったトムパーニスJr.と並んで首位に立った。 前日12アンダーまで伸ばし後続に4打差をつける首位に