2018/09/11佐藤信人の視点~勝者と敗者~

新興国から一大勢力へ タイ勢の強さの秘密

「ISPSハンダマッチプレー選手権」は、タイのタンヤゴーンクロンパ選手が決勝戦で賞金ランキング1位の今平周吾選手を下し、日本ツアー初優勝を挙げました。 クロンパ選手は、2014年から日本ツアーに
2018/09/09ISPSハンダマッチプレー

クロンパが今平周吾を破りツアー初勝利

◇国内男子◇ISPSハンダマッチプレー選手権(3回戦~決勝戦)決勝(9日)◇鳩山カントリークラブ(埼玉)◇7115yd(パー72) 決勝が行われ、タイのタンヤゴーンクロンパが2&1(1ホールを残し
2018/12/26佐藤信人の視点~勝者と敗者~

同じ土俵の上で 海外選手の受け入れ方

弘大選手、木下裕太選手、額賀辰徳選手ら中堅組。秋吉翔太選手、出水田大二郎選手、星野陸也選手、稲森佑貴選手ら若手陣。例年になく新たな顔ぶれがそろった一年でした。 そのなかでタンヤゴーンクロンパ選手
2018/11/27日本シリーズJTカップ

今平周吾とノリスの賞金王争い決着 宮里優作は連覇に挑む

佑貴、市原弘大、池田勇太、ブレンダン・ジョーンズ、星野陸也、時松隆光、チェ・ホソン、タンヤゴーンクロンパ、Y.E.ヤン、秋吉翔太、重永亜斗夢、木下裕太、ハン・ジュンゴン、ブラッド・ケネディ、藤本佳則
2018/11/25カシオワールド

最後の1枠「30人目」に滑り込み 石川遼が2年ぶり最終戦出場

。(高知県芸西村/桂川洋一) 【日本シリーズJTカップ出場者】 今平周吾、ショーン・ノリス、稲森佑貴、市原弘大、池田勇太、ブレンダン・ジョーンズ、星野陸也、時松隆光、チェ・ホソン、タンヤゴーンクロンパ
2018/11/08VISA太平洋マスターズ

秋吉翔太が首位発進 松山英樹17位、石川遼は出遅れ

タンヤゴーンクロンパ(タイ)ら6人が続いた。 賞金ランキングトップを走る今平周吾は2アンダー「68」とし、2週前に初優勝を飾った木下裕太、時松隆光、近藤智弘らと並ぶ9位発進とした。 大会2勝で国内ツアー今季
2018/09/07ISPSハンダマッチプレー

8アップ圧勝の今平周吾、池田勇太らが準決勝進出

勇太、ラタノン・ワナスリチャンとタンヤゴーンクロンパのタイ勢が準決勝に進んだ。準決勝は今平と池田、ワナスリチャンとクロンパの対戦となる。 今平は正岡竜二と対戦した。2アップで迎えた7番から6連続で
2018/09/14中古ギア情報

中古でしか買えない、やさしい実力派アイアン

前週「ISPSハンダマッチプレー選手権」でタイのタンヤゴーンクロンパがツアー初優勝を飾った。2014年から日本ツアーに加わった28歳だが、クラブセッティングがなかなか興味深い。 ドライバーは
2018/09/09ISPSハンダマッチプレー

今平周吾はグリーン上で苦戦 バーディパットを14回外して敗退

は決勝戦でタンヤゴーンクロンパ(タイ)と対戦し、前半から続く劣勢を跳ね返せず2&1(クロンパが1ホールを残して2アップ)で敗退。「ラインと芽を気にしすぎてタッチが合わず、パターがぜんぜん入らなかった
2018/09/20ダイヤモンドカップ

初優勝者の流れに乗って 稲森佑貴が1Wを変えたワケ

、2週前の「ISPSハンダマッチプレー選手権」でタンヤゴーンクロンパ(タイ)が初優勝を挙げると、記事で使用クラブがダンロップ スリクソン Z785 ドライバーであることを確認した。 「最近スリクソン
2018/09/18優勝セッティング

香妻琴乃も続いた!「Z785」投入プロが再び初優勝

なった」という。 前週の国内男子ツアー「ISPSハンダマッチプレー選手権」を制したタンヤゴーンクロンパ(タイ)に続いて、2週連続で同モデルの1Wを使用した初優勝者が誕生。偶然にも、ともに投入から3試合
2018/09/08ISPSハンダマッチプレー

今平周吾が池田勇太を破り決勝へ

ギリギリで勝ててうれしい」と振り返った。 タンヤゴーンクロンパ(タイ)は2&1でラタノン・ワナスリチャン(タイ)を破って決勝に進んだ。
2018/09/25トップ杯東海C

小平智が前年覇者として登場 “魔の16番”を攻略せよ

なった。シーズン終盤に向けた挽回が期待される。 小平智、秋吉翔太、池田勇太、石川遼、出水田大二郎、市原弘大、今平周吾、岩田寛、尾崎将司、片岡大育、片山晋呉、上井邦裕、川村昌弘、タンヤゴーンクロンパ、谷口徹、時松隆光、藤田寛之、星野陸也、Y.E.ヤン
2018/09/11世界ランキング

ジャスティン・ローズが初の世界1位に 松山英樹は20位

浮上した。松山英樹は2ランク下がり、20位になった。タイガー・ウッズは5ランクアップの21位。 国内ツアー「ISPSハンダマッチプレー」で優勝したタンヤゴーンクロンパ(タイ)は、697位から343位に
2018/09/07ISPSハンダマッチプレー

爽やかな笑顔がトレードマーク タイの新鋭が4強入り

が、日本では無名に近い23歳のラタノン・ワナスリチャン。準決勝では同郷のタンヤゴーンクロンパとの対戦が決まり、「仲がすごく良いので一緒に戦いたくないけれど、しょうがないですね。あしたも普段通りに
2018/09/05ISPSハンダマッチプレー

繰り上がり出場の伏兵 藤島征次が片山晋呉から金星

。「全勝してこっちに来ることができた」と納得の調整をこなし、まずは最高の結果を引き寄せてみせた。 あすの相手は、3回戦で堀川未来夢を破ったタイのタンヤゴーンクロンパ。「誰と当たっても強いことには変わら
2018/06/27クイーンズカップ

タイでの大会 長谷川祥平と新木豊が出場

(マレーシア)がツアー初優勝を遂げた。 日本からは長谷川祥平と新木豊が出場する。日本ツアーで戦う地元タイのタンヤゴーンクロンパも参戦。連覇を目指すファンのほか、シディクール・ラーマン(バングラデシュ)、ガガンジート・ブラー(インド)、タワン・ウィラチャン(タイ)らアジアの強豪が集結する。