2003/03/28ザ・プレーヤーズ選手権

タイガーは36位、日本勢は大きく出遅れた!

:45am/S.フレッシュ/R.ガメス/S.ケンドール 7:10/11:55/D.ハート/S.シンク/K.トリプレット 7:20/12:05/G.デイ/S.エイムス/J.シンデラー 7:30/12:15
2002/10/20ウォルトディズニーワールドリゾート・ゴルフクラシック

C.ディマルコが20アンダーで首位キープ。田中はトップと4打差の6位タイ

バーディパットを外すなど、優勝へのプレッシャーがプレーに出始めたディマルコは、やや不満そうにコメントを残した。 2打差の2位にはスキップ・ケンドール、ボブ・バーンズ、スコット・ホークの3人がつけている
2004/12/28

2004年を振りかえる/フィル・ミケルソン編

記念すべきミケルソンの2004年シーズンの快進撃は、1月に行われた「ボブホープ・クライスラークラシック」が序奏曲となった。最終日、スキップ・ケンドールとのプレーオフ1ホール目、18番パー5の3打目を
2004/07/22USバンク選手権 in ミルウォーキーオープン

「ミルウォーキーオープン」は地元出身者が優勝狙う!

、スケジュール上メジャーの翌週ということもあって、ビッグネームは不在。しかしウィスコンシン州出身のスキップケンドールやジェリー・ケリーにとってはまるでメジャーが2週続くかのような大事な大会だという
2004/01/23ボブホープ・クライスラークラシック

世界のレフティ、ミケルソンが2位に浮上

バーデイを量産。通算13アンダーまで伸ばし、29位から2位へ急浮上した。 ミケルソンと並び、通算13アンダーの2位につけたのは、スキップケンドールとカーク・トリプレットの2人。トップでスタートしたケン
2004/01/26ボブホープ・クライスラークラシック

プレーオフの末、ミケルソンが復活優勝

、徐々にリズムが狂い始める。 そんな中、初日PGAウェストのパーマーコースをラウンドし、スコア“63”をマークしたスキップ・ケンドールが猛チャージ。トップと3打差でスタートしたケンドールは、2番で幸先の
2009/07/17USバンク選手権

首位タイにG.チャルマースとJ.クラウク!

クラウクと並び、首位で初日を終えている。 首位と2ストローク差の4アンダー、2位タイには、ジェイソン・ゴア、タグ・ライディングス、フランク・リックライターⅡ、スキップケンドールの4人。いずれも今季は
2003/10/22フナイクラシック at ザ・ウォルトディズニーWリゾート

「ディズニー」でも注目はワールドシリーズ!?

?」 スキップ・ケンドール 「フロリダ・マーリンズは今までにないほど調子がいいからね。すごくリラックスしてプレーできているし、楽しみながらやってるよね。プレッシャーはヤンキースの方にかかっているから
2003/03/29ザ・プレーヤーズ選手権

丸山が2日目65を記録!

優勝者クレイグ・パークス、さらにツアー未勝利のスキップ・ケンドールが並んでいる。 注目のタイガー・ウッズはトータル2アンダーで暫定29位タイ。何とか予選通過の記録を101に伸ばすことができそうだ。ウッズ
2004/01/22ボブホープ・クライスラークラシック

今年も好スコア続出!アンダーパーが94人

好スコアを出す選手が続出することでも知られるが、今年も初日から9アンダーが2人、アンダーパーでラウンドしたのは94人も現れた。 初日首位に立ったのはスキップ・ケンドールとマーク・ヘンズビーの2人だ
2004/10/19フナイクラシック at ザ・ウォルトディズニーWリゾート

タイガー、エルス不在もディズニーは大はしゃぎ!?

ているよ。最高のもてなしをしてくれる大会だ」 スキップ・ケンドール 「宿泊先からクラブハウスの駐車場までたったの8分!大会ではトップ10入りの戦歴もあるし、全体的に楽しい雰囲気で、参戦できて嬉しいよ
2002/10/15ウォルトディズニーワールドリゾート・ゴルフクラシック

タイガー参戦「ディズニー・ゴルフ・クラシック」プレビュー

初めてなんだ。水曜日はプロアマだから、2つのコースを月曜と火曜で一度ずつしか回れない」 スキップ・ケンドール 「先週のラスベガスで予選落ちしちゃったからね。土曜日には自宅に居たよ。でも1日余裕ができたし
2003/06/22ビュイッククラシック

丸山、タイガー1つ落とし、最終日の長丁場に挑む!

2位にはスキップ・ケンドール、3打差にトム・ギリスとジョイ・シンデラーが続く。 単独2位でスタートしたレティーフ・グーセンは、2番ボギーのあと3番ではダブルボギーを叩き7アンダー7位まで後退してしまっ
2004/07/17全英オープン

エルス、ミケルソン、シンなどの強豪が上位に!

スコットランドのロイヤルトゥルーンGCで開催中の第133回「全英オープン」2日目。この日のベストスコアとなる「66」でラウンドした米国のスキップ・ケンドールがトータル7アンダーでトップに立った
2004/07/17全英オープン

エルス、ミケルソン、シンなどの強豪が上位に!

スコットランドのロイヤルトゥルーンGCで開催中の第133回「全英オープン」2日目。この日のベストスコアとなる「66」でラウンドした米国のスキップ・ケンドールがトータル7アンダーでトップに立った
2014/09/29ネイチャーバレー・ファーストティオープン

クックが逃げ切り今季初勝利 ツアー通算10勝目

位に入った。 同じく2位からスタートしたスキップケンドールと、この日「65」とチャージをかけたロジャー・チャップマン(イングランド)が通算9アンダーとして3位。 5位に通算8アンダーのウッディ