2016/06/22佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑204>ウィリアム・マクガート

プレーし、ジョンカラン(29)とのプレーオフを制した。ニクラスからトロフィを授与され感無量。同試合は強フィールドで、優勝者には通常より1年長い3年のシード権のほかに、マスターズやビッグトーナメントへ
2015/11/04佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑177>エミリアーノ・グリージョ(後編)

昨季からあった。2015年3月プエルトリコオープンでアレックス・チェイカ、ティム・ペトロビック、サム・サウンダース、ジョンカラン5人によるプレーオフを経験。最初のホールでチェイカにバーディを決められ
2014/10/14PGAコラム

PGA“今週の注目ランク”2位に松山英樹、6位に石川遼

ウェブドットコムツアーチャンピオンシップを制した後も好調のファソワー。シルバラードでは決勝ランドを「68-69」で回り、12位タイに。パーオン率では9位タイだった。 10位:ジョンカラン 下部ツアーのルーキーはシルバラー…
2014/10/13フライズドットコムオープン

ひやひやさせた最終日 ベ・サンムンが今季初戦で優勝

、ハドソン・スワッフォード、ジョンカラン、ロバート・アレンビーと並び8位タイ。 週末を「69-67」としたリー・ウェストウッドは、12位タイだった。 急性骨髄性白血病を克服し、2012年以来のPGA
2014/04/06シェル ヒューストンオープン

キーガン・ブラッドリーのルーム・メイトが大躍進

、マサチューセッツ州出身の27歳ジョンカラン。3週間前、ウェブドットコムツアーの「ブラジル選手権presented by HSBC」で優勝して、現在同ツアーの賞金ランキング3位につけるカランは、昨年は
2015/05/31AT&T バイロン・ネルソン選手権

ボーディッチが首位 D.ジョンソンが「62」で2位浮上

選手権」で最終日に逆転勝利を収めているジョンソン。この日7バーディノーボギーの「62」をマークして26位から大きく順位を上げ、スコット・ピンクニー、ジョナサン・ランドルフ、ジョンカランジミー
2016/06/05ザ・メモリアルトーナメント

クーチャーら3選手が首位に並ぶ 岩田寛は58位

、アダム・ハドウィン(カナダ)、ダスティン・ジョンソン、ジョンカラン、グリージョの4選手。以降も、首位と3打差以内に15人がひしめく混戦模様だ。 3戦連続で予選通過を果たした岩田寛は、6バーディ
2016/03/22プエルトリコオープン

岩田寛はプエルトリコへ 今年も初優勝者が誕生か?

が、その争いは熾烈だった。通算7アンダーで並んだエミリアーノ・グリージョ(アルゼンチン)、ジョンカラン、ティム・ペトロビッチ、サム・サンダースとの計5人でプレーオフを戦い、1ホール目でただひとり
2013/03/08プエルトリコオープン

石川遼は42位タイ発進 首位にA.ロメロとC.パーシー

・パーシー(オーストラリア)。ともに「65」をマークし、7アンダーで首位の座を分け合っている。1打差の3位タイにブレイン・バーバーとジョンカラン。5アンダーの5位タイに、ピーター・ユーライン、地元
2015/03/09プエルトリコオープン

チェイカが5人のプレーオフを制し米初勝利 石川遼は73位

たエミリアーノ・グリージョ(アルゼンチン)とジョンカラン。ティム・ペトロビッチと、アーノルド・パーマーの実孫であるサム・ソーンダースも、初勝利にあと一歩届かなかった。 プレーオフ進出に1打及ばなかっ
2015/05/30AT&T バイロン・ネルソン選手権

スピースが首位と3差11位に浮上 33人ホールアウトできず

時間半遅れでスタートした大会2日目は日没サスペンデッドとなり、153選手中33人が未消化ホールを残した。既にホールアウトしているジョンカランジミー・ウォーカー、スティーブン・ボーディッチの3選手が
2015/03/08プエルトリコオープン

首位から3打差以内に19人 石川遼は後退で優勝争い遠く

前に首位の座を分け合った。 1打差の2位にジョンカラン、エミリアーノ・グリージョ(アルゼンチン)の2人。さらに1打差の通算4アンダー5位タイにブレンドン・デ・ヨング(ジンバブエ)、アダム・ハドウィン
2015/11/23ザ・RSMクラシック

キスナーが独走で初優勝 岩田寛は44位

位にケビン・チャッペル。通算15アンダーの3位に2週連続優勝がかかっていたグレーム・マクドウェル(北アイルランド)。通算13アンダーの4位にジョンカランが続いた。 34位からスタートした岩田寛は1バーディ、1ボギー「70」…
2017/05/30ザ・メモリアルトーナメント

帝王ジャックがホスト役 松山英樹、池田勇太、石川遼が参戦

ジョンカランを下して、ツアー13年目でうれしい初優勝を成し遂げた。大会は3年連続のプレーオフ決着となり、2014年の松山英樹、15年のデービッド・リングマース(スウェーデン)に続いて、3年連続でツアー初
2014/01/18GDOEYE

5月のベビー誕生へ着々 首位リードの究極ツアー計画

昨年(2013年)、松山英樹と石川遼が揃って出場した米ツアーのレギュラーシーズン最終戦「ウィンダム選手権」で、ジョーダン・スピースとのプレーオフを制してツアー初優勝を飾ったパトリック・リード。今週