最近のニュース 新着一覧≫


2010/04/22中井学のゴルフマネジメント

第3話 バランスで考えるショットメーキング

バランスに神経が行き届いていますか? 残り距離の確認よし!番手のチョイスよし!さあ、いよいよショットです・・・。でも、ちょっと待ってください。アドレスのバランスはどうですか?漫然と構えていませんか
2020/09/01“あるあるレッスン”に潜む罠

「ウェッジは重いシャフトを選ぶ」の罠

スクール「ゴルフテック」の三田貴史コーチが、失敗をしないクラブの選び方について解説します。 「アイアンとのバランスを考えて選ぶ」 ウェッジ選びにおいて、重さがあるスチールシャフトを好んで使用している
2009/08/19上達ヒントの宝箱

バランスボールで正しいバックスイングを体感

バランスボールで正しいバックスイングを体感 バランスボールを使ったドリルをご紹介します。「ボールに座ってスイング」や、「フォロースルー方向に投げる」といってものは過去にもありましたが、今回は「バック
2018/08/19女子プロレスキュー!

つま先下がりは“ひざ曲げ”対応 金澤志奈

「つま先下がり」をレスキュー♪ 【アマチュアゴルファーTさんの悩み】 「つま先下がりは体のバランスを優先させると振りにくく、逆に振りやすさを重視するとフィニッシュが取りにくいです。どうすれば良いの
2018/04/01女子プロレスキュー!

逆打ち素振りで飛距離アップ 岡村優

は、バランスの良いフィニッシュを取ることも大切な要素です。アドレスからテークバックを取らず、フィニッシュまでの動きを素振りで再現してください。バランスを崩す要素がなくなり、ブレないフィニッシュを体感
2020/02/20プラス1

食の工夫で快適ラウンド 第1回:「冷え」に効く食材とは

、「冷え」はこれらのバランスが乱れることによって起こるとされています。具体的には、身体のエネルギーの元となる気が不足している「気虚(ききょ)」、血の流れが滞る「淤血(おけつ)」、水が溜まっている「水毒(すい
2020/11/05プラス1

いつまでもゴルフを楽しむために…老化防止トレーニング

、平衡感覚が衰えます。 今回は、いつまでも楽しくゴルフをプレーするために実践したい、老化防止トレーニングをご紹介します。 老化・介護予防のトレーニング 介護が必要になる方の多くは、「筋力」「バランス
2015/09/07すぐできる!簡単ドリル

飛距離と方向性をアップする変速ドリル

3段階のヘッドスピードでバランスを鍛える インパクトで、つい力が入ってしまい、思ったほど飛ばなかったり、あらぬ方向へボールが飛んでしまったりすることがありますよね。今回は、3段階のヘッドスピードで
2016/04/04江澤亜弥のストレッチ先生

[PR] vol.1 朝イチでミスしないためのストレッチ

ナイスショットなストレッチ! 朝イチは体が回りにくくなっているだけではありませんよ。足のバランス感覚も寝ぼけているものです。だから、体が深く回るようにしながら、バランス感覚も目覚めさせてくれるような
2018/04/14ゴルフと筋肉

<ゴルフと筋肉>内もものストレッチ

少ない筋肉なので、怪我を起こしやすい箇所でもあります。痛めてしまうと歩行などの基本的な動きに影響するので、日常的なケアを心掛けましょう。 股関節を動かす、バランスを取って立つ 短内転筋と長内転筋は股関節を
2020/08/19女子プロレスキュー!

アイアンの引っかけを防ぐ板乗りドリル 吉川桃

です。上半身と下半身のバランスをとり、板の上に乗った状態をキープすること。着地せずフィニッシュがとれるようになれば、引っかけを防ぐことができますよ♪ 【今回のまとめ】板乗りドリルで調子もノリノリ♪ ・アイアンの引っかけは、体の突っ込みが原因。…
2020/04/08女子プロレスキュー!

飛距離を伸ばす“逆回転”の意識とは? 熊谷かほ

思っています。 1. 上半身の力を抜く まず切り返しの動きに入る前に、上半身の力を抜くことが肝心です。飛ばそうという意識が強いと、腕に余分な力が入り、全身のバランスを崩してしまいます。振り遅れやヘッドを
2020/03/18女子プロレスキュー!

パッティングで右手が強すぎる人の対処法 宮田成華

挿して、そこに当たらないようにボールを打つドリルです。ティに当たらないようにヘッドをレベル(平ら)に動かせれば、左右両方の手がバランスよく動いている証拠。練習時にはぜひ試してみてください♪ 【今回の
2020/02/12女子プロレスキュー!

アドレスの基本 骨盤を立てるって何!? 宮田成華

】 飛距離を伸ばすためには、強振してもバランス良く立ちつづけることが求められます。今回は体の軸をブレにくくするアドレスのつくり方で、押さえるべき3つのポイントをご紹介します。 1. スタンスは肩幅より