2020/06/13クラブ試打 三者三様

G710アイアンを万振りマンが試打「アイアンNo.1かも」

くすんで見えず意識しやすい。ヘッド軌道が意識できるので、ボールに対してヒットさせやすいと思いました。ややグースが入っていたので、その部分で好き嫌いは分かれると思いますが、どちらにしても結果は付いてくる
2020/06/11クラブ試打 三者三様

G710アイアンを筒康博が試打「G700より打ち応えアリ」

。『G700』は打ちにいくというよりボールをクラブが運んでくれる感覚が強い。同じシリーズでこれほどフィーリングに差があるという点に、びっくりしました」 ―それほど違います…? 「『G700』『G710』は
2020/06/09クラブ試打 三者三様

G710アイアンを西川みさとが試打「飛び系だけど球が上がる」

ボールの上から打ち込む感じで打っているのですが、最初の1、2球でボールが上がっていく感じがあったので、打ち込めませんでした。その分、少し自分の動きで打ちに行って、引っかけてしまったのだと思われます
2020/06/06ギアニュース

11代目「マジェスティ プレステジオ」 7月10日発売

性能とインパクト時の爽快感を向上させたという。 ウッドのフェースには、波紋状の曲面設計「3Dウェイブフェイス」を新採用。ドライバーではインパクト効率が3.6%アップし、ボール初速の向上に成功した。また
2020/06/06クラブ試打 三者三様

本間TR20を万振りマンが試打「もっと個性が欲しい」

、つかまりが良かったと思います」 ―『440』との違いはそこ? 「はい。『440』は開閉するクラブ、『460』は開閉してはいけないクラブだと言えます。『460』はスイング中、常にフェースをボールへ向けた
2020/06/04クラブ試打 三者三様

本間TR20を筒康博が試打「440と460が同じ性能」

を使っているような操作性と打感の良さを感じました。クラブにこだわりを求める人が好みそうな要素が詰まったモデルだと思います。特に中音の心地良い打音と、やわらかくボールを押し出していく打感が秀逸でした
2020/06/02クラブ試打 三者三様

本間TR20を西川みさとが試打「球筋を打ち分けたい人向け」

せ、ボールをつかまえていくタイプ。スイートスポットでしっかりボールをとらえ、フェースを閉じ込めていかないと、十分な飛距離性能を発揮できないと感じました」 ―『440』と比べてどう? 「『440』と