2019/11/12優勝セッティング

世界の壁もなんなく突破 鈴木愛の優勝ギア

によって入れ替えている。今週の初日と2日目は3番、5番の構成。最終日はピンポジションや風を考慮して、5番を抜いて7番を入れた。ときには、フェアウェイウッドを3本入れて、ウェッジを1本抜くなど、臨機
2019/11/06優勝セッティング

鈴木愛は前回Vと同じセッティングで今季5勝目

ピン G400 ハイブリッド(4番22度、5番26度) アイアン:ピン i210 アイアン(6番~W) ウェッジピン グライド 2.0 ウェッジ(50度、54度、58度) パター:ピン G Le2 ECHO ボール:タイトリスト プロV1Xボール
2019/11/05優勝セッティング

ピン契約2年目で4季ぶり勝利 ハン・ジュンゴンの14本

:本間ゴルフ ツアーワールド TW717 ユーティリティ(18度) アイアン:ピン i200 アイアン(3番~W) ウェッジピン グライド フォージド ウェッジ(52度、58度) パター:ピン ヴォルト2.0 パイパーC ステルス パター ボール:タイトリスト プロV1Xボール
2019/10/21優勝セッティング

6817ydをドライバーで制圧 チャン・キムの勝利の14本

(3番) アイアン:ピン ブループリントアイアン(3番~W) ウェッジピン グラインド フォージド ウェッジ(52度)、タイトリスト ボーケイ SM7 ウェッジ(56度)、タイトリスト ボーケイ ツアープロト(60度) パター:ピン シグマ2 ヴァラー パター ボール:タイトリスト プロV1Xボール
2019/10/15優勝セッティング

偶然出合ったパター 黄アルムの優勝ギア

:グローブライド オノフ フォージドアイアン KURO(5番~PW) ウェッジ:グローブライド オノフ フォージドウェッジ(48度)、タイトリスト ボーケイデザイン フォージド ウェッジ(52度、58度) パター:ピン シグマ2 アーナ パター ボール:タイトリスト プロV1ボール
2019/10/08優勝セッティング

国内メジャー2連勝を達成した畑岡奈紗の優勝セッティング

スリクソン Z785 アイアン(5番~PW) ウェッジ:クリーブランド 588 RTX 2.0 プレシジョン フォージド ウェッジ(50度、54度、58度) パター:ピン スコッツデールTR パター PIPER C ボール:ダンロップ スリクソン Zスター ボール
2019/10/01優勝セッティング

ウッドを5本投入 キャロウェイ契約・柏原明日架の優勝ギア

フェアウェイウッドにはすごく助けられた」と語った。 特に4番は、初日の最終18番(パー5)、245ydからの第2打で使用。ピン付近に止めるイーグル締めで、週末へとつながる2位発進の要因になった。 <最終日の
2019/09/29topics

パターは「平成」30年間でどう進化したのか?

性能が変わったのかを検証する。今回はドライバー編、アイアン編、ウェッジ編に続き、パターの進化を検証した。 平成元年モデルは、打ち出しが低い & スキッドが短い モデルはブレード、マレット、L字の形状の
2019/09/16優勝セッティング

高精度のショットで独走V 畑岡奈紗の優勝ギア

ウェッジ:クリーブランド 588 RTX 2.0 プレシジョン フォージド ウェッジ(50度、54度、58度) パター:ピン スコッツデールTR パター PIPER C ボール:ダンロップ スリクソン Zスター ボール
2019/09/02優勝セッティング

ブリヂストン契約の比嘉一貴 26アンダーの圧勝支えた14本

は78.57%と日を追うごとに確実にフェアウェイをとらえた。「2日目までの方がスコアはいいけどストレスのたまるゴルフだった。3日目からはショットのストレスはなく、最終日はピン位置も厳しくなりましたけど
2019/08/27優勝セッティング

小柄な体で飛ばして初V 浅井咲希の優勝ギア

:藤倉コンポジット スピーダー エボリューション 6(硬さS、45インチ) フェアウェイウッド:ピン G410 フェアウェイウッド(3番15度、5番18度) ユーティリティ:ダンロップ スリクソン Z