最近のニュース 新着一覧≫


2019/02/09クラブ試打 三者三様

ツアーB X-CB アイアン/ヘッドスピード別試打

クラブフィッター・筒康博、50台のYouTuber・万振りマンの3人。番手は7番(ロフト角:32度)で、シャフトは西川が「NSプロ 950GH」のフレックスR、筒と万振りマンが「NSプロ モーダス3
2018/12/25マーク金井の試打インプレッション

飛んでやさしい硬派アイアン「ブリヂストン ツアーB X-CBP」

クイッと小さくしなる。軽量スチールだが、同社の「NSプロ 950GH」に比べると手元のしなり感を感じやすいシャフトである。 まずは9番アイアンから打ってみた。インパクトではフェースの弾き感が手に伝わり
2018/03/06マーク金井の試打インプレッション

心地いい打感と高い操作性「タイトリスト 718 CB アイアン」

950GH」がラインアップされる。ミドルアイアンで適度な重さを求める人は「NSプロ モーダス3 ツアー120」、軽めのシャフトを求める人は「NSプロ 950GH」を選ぶといいだろう。(※下記の弾道計測データは、ヘッドスピード37.5m/sで計測した数値)
2018/01/23マーク金井の試打インプレッション

高弾道キャリーで安定の飛距離「タイトリスト 818 H1 ハイブリッド」

プロ 950GH」(98g)、「AMT TOUR WHITE」(104~113g)も標準装着シャフトとしてラインアップしている。「MCI 70」のSフレックスのストライクゾーンは42~46m/sぐらいか。 (※下記の弾道計測データは、ヘッドスピード41m/sで計測した数値)
2018/03/14新製品レポート

飛び系でも高弾道で止められる ピン G700 アイアン

、シャフト:日本シャフト NSプロ 950GH、フレックスS) ツルさん:ブリヂストン ツアーB X-CB アイアン(番手:7番、ロフト角:32度、シャフト:日本シャフト NSプロ モーダス3 ツアー105、フレックス:S)