最近のニュース 新着一覧≫


2019/07/15優勝セッティング

三菱ケミカルの最新シャフトで初優勝 S.ランクンの14本

G400 マックス ドライバー(9度)。シャフトは9月上旬に発売が予定されている三菱ケミカルのディアマナZF(50グラム台、46インチ、硬さS)を使用した。 <最終日の使用ギア一覧> ドライバー<…
2019/09/21クラブ試打 三者三様

G410 LST ドライバー/ヘッドスピード別試打

新旧“低スピン”対決 G410vsG400の結果は? ピン「G410 プラス ドライバー」「G410 SFT ドライバー」に約3カ月遅れて発売された低スピンモデル「G410 LST ドライバー
2019/03/16クラブ試打 三者三様

G410 プラス ドライバー/ヘッドスピード別試打

部分です。実際に少し軽くなっている(総重量:約293g、『G400』は約294g)のですが、よりアベレージ向けとされる兄弟モデル『G400 マックス ドライバー(以下マックス
2019/08/30中古ギア情報

慣性モーメントに着目、曲がらないドライバー探し

マックス ドライバー」が、慣性モーメント約5400g・cm2と、かなり大きめになるだろう。ティショットが命運を握ると言われる6月の「日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ」で、片山晋呉が使用したことでも話題
2019/04/20クラブ試打 三者三様

G410 SFT ドライバー/ヘッドスピード別試打

」 ―寛容性は? 「かなり高いです。スイートスポットが、かなり広いのだと思います。例えるなら、ヘッド形状が平たくない『G400 マックス ドライバー』といったところでしょうか(笑)」 ■筒康博(46) 変幻
2019/01/06ツアーギアトレンド

ぶっ飛びルーキー C.チャンプのこだわりは“4分の1インチ”

結んでおり、現在はG400 マックス ドライバーを使う。実はコレにもストーリーがある。ツアー初勝利を飾った昨年、その大会最終日の朝に練習場でヘッドが割れてしまい、スペアで持っていたモデルを急きょ握った
2019/08/17クラブ試打 三者三様

RS RED ドライバー/ヘッドスピード別試打

上がりやすそうです。構えただけで安心感が湧いてきます」 ―ヘッドは大きすぎない? 「大きすぎることはないです。これまで試打したドライバーで大きすぎると感じたのは、ピンG400 マックス
2019/04/09クラブ試打 三者三様

「スライサー向け」ドライバー 万振りマンが選ぶベスト3

、ありがたいクラブです。 3位:ピン G400マックス ヘッドが大きめで重たいドライバーですが、しっかりつかまります。構えた瞬間はヘッドが大きく感じると思いますが、スライサーにとっては、そ…