2018/11/10クラブ試打 三者三様

スリクソン Z585 ドライバー/ヘッドスピード別試打

“新スリ”はどこがどう変わった? 前作と比べて「つかまり倍増」「安定して飛ぶ」といった口コミが多く、上々の評判を得ている ダンロップ スリクソンZシリーズ。今回試打するのは新モデル2機種の中でも
2018/12/08クラブ試打 三者三様

スリクソン Z585 アイアン/ヘッドスピード別試打

Z585 vs Z565、新旧スリクソンを打ち比べ 顔、打感、操作性など総合的に評価が高く、多くのツアープロやトップアマから絶大な信頼を得ているアイアン、住友ゴム工業スリクソン Z」シリーズ
2019/07/22優勝セッティング

ショットメーカー小祝さくらの初優勝を支えた14本

スリクソンZ585。課題としていたパットは「27.33」で全体2位だった。テーラーメイド スパイダーXを使い、次々とスコアを作っていった。 <最終日の使用ギア一覧> ドライバーダンロップ スリクソン
2018/06/18ツアーギアトレンド

「スリクソンZ」の新クラブがお目見え 若手が実戦投入も

◇国内男子◇ダンロップスリクソン福島オープン 事前情報(18日)◇グランディ那須白河ゴルフクラブ (福島)◇6961d(パー72) 住友ゴム工業が展開するスリクソンブランドの新しいギアが、今週開催
2019/04/30topics

平成30年で1Wはどう変化したのか?試打検証

おなじみミヤGが試打したところ、平成初頭発売の「マックスフライDP-911」では打ち出し角が8.9度、平成最後の「スリクソン Z585 ドライバー」では15.2度と倍近い差が開く結果に。バックスピン量は
2018/12/15クラブ試打 三者三様

スリクソン Z785 アイアン/ヘッドスピード別試打

Z785 vs Z765、7シリーズも新旧打ち比べ 多くのツアープロやトップアマが使用する住友ゴム工業スリクソン Z」シリーズ。「スリクソン Z585 アイアン」のレビューに続き、今回はより精悍で
2018/08/27優勝セッティング

ロングアイアンは最新モデル 出水田大二郎の優勝クラブ

ユーティリティ)へと続く。3Iから5Iは「ボールが上がりやすい」と、この秋発売のキャビティタイプ(ダンロップ スリクソン Z585 アイアン)にスイッチしてから間もない。 初勝利を引き寄せたのは
2019/07/26中古ギア情報

アマチュアにおススメ 「全英」勝者のクラブ選び

ドライバーは「スリクソン Z585」を使用。投影面積が大きく安心感があり、重心深度が深いのでつかまりがよく、ボールが上がりやすい。発売から1年弱が経過して、中古ショップでは3万円くらいから探すことができる
2019/07/02優勝セッティング

ランの出にくいコースで新1W投入 星野陸也の優勝ギア

スリクソン Z745 ドライバー(10.5度)を前戦まで使っていたが、「ランの出にくいコースだから、キャリーで飛ばしていけるようなドライバーが合うと思った」と、ダンロップ スリクソン Z785
2019/08/27優勝セッティング

小柄な体で飛ばして初V 浅井咲希の優勝ギア

リップにしました」と右手を添えるような握り方に変え、3日間の平均パット数を29.33とした。 <最終日使用ギア一覧> ドライバーダンロップ スリクソン Z785 ドライバー(10.5度) シャフト
2019/08/02中古ギア情報

国内女子ツアーで強いドライバー・トップ3

今年の国内ツアーはこれまで、21試合を消化した。初優勝者6人を含め、15人の優勝選手たちが使用しているドライバーを調べたので、勝利数の多いトップ3を紹介しよう。(8月1日時点) 第3位は「ダンロップ
2019/04/14クラブ試打 三者三様

「操作性の高い」ドライバー 筒康博が選ぶベスト3

、自分のゴルフを作っていく中で、ど真ん中に位置するクラブだと思います。 3位:ダンロップ スリクソン Z585 スリクソンZ585は海外ブランド、日本ブランド両方の長所を取り入れたドライバーになってい