2019/06/10優勝セッティング

変更ウェッジでチップイン 上田桃子の優勝ギア

.5度) シャフト:グラファイトデザイン ツアーAD TP(45インチ、硬さSR) フェアウェイウッド:キャロウェイ X HOT フェアウェイウッド(3番15度、5番19度) ユーティリティ
2018/10/22優勝セッティング

2本のウェッジがこだわり 今平周吾の14本

> ドライバー:ヤマハ RMX 116 ドライバー(10.5度) シャフト:グラファイトデザイン ツアーAD TP6(44.75インチ、S) フェアウェイウッド:キャロウェイ GBB エピック
2017/04/18マーク金井の試打インプレッション

ミズノ MP TYPE-2ドライバー

が扱いやすいと思う。 純正の「ツアーAD J-D1」は手元がしっかりしたシャフト。純正Sシャフトのストライクゾーンは44~47m/sぐらいだ。シャフトは純正以外にもカスタム対応で、グラファイトデザイン
2018/04/03ツアーギアトレンド

リンドベリは女性向けモデルの1Wでメジャー初制覇

噂には聞いていたが…」と“想定外”の優勝に喜ぶ一方で、驚きも隠せない状況だという。 シャフトはグラファイトデザイン ツアーAD TP(5R-1、45.25インチ)を選択。G Leドライバーは11.5度
2017/04/25マーク金井の試打インプレッション

ミズノ MP TYPE-1 ドライバー

いい。 純正シャフト「ツアーAD J-D1」Sフレックスのストライクゾーンは44~47m/sぐらいだ。 シャフトは純正の他にカスタム対応で、グラファイトデザインツアーAD TP-6S、7…
2016/10/18マーク金井の試打インプレッション

ブリヂストン TOUR B XD-5 ドライバー

が43~47m/sくらいだ。 シャフトはアフターマーケット用もラインアップされており、グラファイトデザインツアーAD TP-6S、フジクラのSpeeder Evolution III 661S
2013/04/22ツアーギアトレンド

「RBCヘリテージ」使用ギア トピックス集

を試す意向を示している。 石川は14.5度(正確なロフト角度は13.9度)のドライバーヘッドでシェル・ヒューストンオープンに挑んだ。彼のシャフトは43インチのグラファイトデザイン ツアー AD GT
2017/01/10マーク金井の試打インプレッション

ブリヂストン TOUR B XD-3 ドライバー

ヘッドスピードが43~47m/sくらいだ。 シャフトはアフターマーケット用もラインアップされており、グラファイトデザインのTour AD TP-6S、フジクラのSpeeder Evolution III
2017/10/21シャフトでこんなに変わるんだ!

たまに出る引っかけをなくすためのシャフト

高く、つかまりすぎを抑えたモデル。 1.グラファイトデザイン ツアーAD TP 6 S 中間からやや手元寄りにしなりのポイントがあり、先端が硬めで粘りのある挙動が特徴。つかまりを抑え、強い弾道が打ち
2016/08/29優勝セッティング

「RIZAP KBCオーガスタ」石川遼の優勝セッティング

比較すると、体への負担を減らす狙いが見える変更点も目立った。 1Wのシャフトは、グラファイトデザイン社製で70g台の『ツアーAD DI-7 X』から、60g台の『ツアーAD TP-6 X』…
2016/09/20マーク金井の試打インプレッション

テーラーメイド グローレ F2 ドライバー

40~43m/sくらいだ。 シャフトはアフターマーケット用もラインアップされており、グラファイトデザインツアーAD TP-5S、フジクラのスピーダーエボリューションIII 569Sを選べる。ヘッド