2014/11/19シャフトでこんなに変わるんだ!

“キックポイント”で何が変わる?

■おすすめシャフト4本の特長 手元側がしなりシャフトが自然とタメを作ってくれるタイプ 1 USTマミヤ アッタス 5GoGo 7S キックポイントは中調子だが、やや手元寄りがしなる。クセのない挙動、打つ
2016/09/21シャフトでこんなに変わるんだ!

「ウッド」と「アイアン」、特性を合わせるべき!?

ドライバーが飛ばない」 ビフォー・アフター 弾道測定値をチェック! ビフォー(USTマミヤ アッタス サンジョウ):曲がり幅は少ないが飛距離が出ていない アフター(フジクラ スピーダーエボリューション
2013/07/05ギアニュース

ATTAS5代目、先行発売決定!

』は、斬新なカラーリングの蛍光グリーンだったが、今回のカラーリングには蛍光オレンジを使用。『ATTAS 5GoGo』のネーミングの由来について、同社USTマミヤ事業部植木達朗氏は次のようにコメント
2015/07/28マーク金井の試打インプレッション

ロイヤルコレクション SFD X7 ドライバー

手元がしっかりしていて、中間部分がしなる。純正なのにATTASのロゴが入っているのは、USTマミヤと共同開発したシャフトだからだ。硬さの目安となる振動数は245cpmで、市販ドライバーのSフレックスの
2016/03/16シャフトでこんなに変わるんだ!

「非力な人」こそ飛ばせるシャフトがある!

(ガーゴイル) 43 LITE (手元がしなるタイプ) 手元側から中間にかけて適度なしなやかさを持つ中調子。しなりを感じながらも剛性感の高い張りのある振り味が特徴 2 USTマミヤ AUGA 4R2
2014/05/31ツアーギアトレンド

癖のないロックスター?アッタス6代目

初代の登場以来、遊び心の効いたネーミングと鮮やかなカラーリングでも注目を集めてきたUSTマミヤのカーボンシャフト「ATTAS(アッタス)」シリーズ。2014年春、6代目のお目見えだ。 5月末の
2013/07/16マーク金井の試打インプレッション

ロイヤルコレクション SFD ドライバー(2013年モデル)

。アッタスのロゴが入っているが、USTマミヤとロイコレが共同開発したシャフトが装着されている。振動数は247cpm、市販ドライバーのフレックスSの中では中ぐらいの硬さ。長さは45.5インチ(ヒール
2014/02/18マーク金井の試打インプレッション

コブラ BiO CELL+ ドライバー

可変式ドライバー。シャフトの装着角度を変えることでロフト角を8~11度の間で5段階、フェース角を2段階に調整できる。シャフトはUSTマミヤのアッタス 5GoGoが標準装着。カラーリングはコブラオリジナル
2011/10/14新製品レポート

「分厚いインパクトで飛ばせる!」USTマミヤ ATTAS 3

【ミーやん】USTマミヤの新シャフトは、カナリアイエローとブラックの派手なツートンカラー。阪神ファンには、こりゃたまらんコスメです。マーク金井さんも気に入っていて、現在ドライバーとフェアウェイウッド
2009/11/17マーク金井の試打インプレッション

キャロウェイゴルフ LEGACY TOUR ドライバー

増やした方がいい。純正Sシャフトはツアーと名乗っているだけあって硬めのセッティング。トルク感も少ないので振動数よりも少し硬く感じる。ヘッドスピードが43~47m/sぐらいの人に扱いやすそうだ。USTマミヤ
2019/11/02topics

最新シャフト4本を打ち比べてみた ~2019年版~

ツアーAD、スピーダー、ディアマナ、アッタス 大手4社徹底比較 グラファイトデザイン、藤倉コンポジット、三菱ケミカル、USTマミヤ。シャフトメーカー大手4社の最新モデルが出そろった。すでに特徴や対象
2009/09/24マーク金井の試打インプレッション

PING i15 ドライバー

.5度の「USTマミヤ ATTAS」の6Sシャフト。純正Rシャフトは日本向けの軟らかめの設定。ワッグルするとシャフト手元から先端側が大きめにしなる。振動数は225cpm。これは「G15」の純正Rシャフト
2020/05/24topics

ドライバー買い取りはピンの高値続く ゼクシオに安定感

』、三菱ケミカル『ディアマナ』、藤倉コンポジット『スピーダー』、USTマミヤ『ATTAS』の4シリーズは同じ水準で査定され、発売年度により買い取り額が決まる。近年のモデルだと、2018年発売の藤倉コンポジット
2018/07/03ギアニュース

10代目は「ジ・アッタス」 7月27日発売

株式会社シャフトラボ(埼玉県戸田市)は2日、USTマミヤ アッタスシリーズから新シャフト「The ATTAS(ジ・アッタス)」を7月27日に発売すると発表した。 シリーズ10代目の節目となる今作は
2016/09/28新製品レポート

「しなりを感じやすい手元調子」USTマミヤ ATTAS PUNCH

【ミーやん】アッタスのシリーズは、早くもこれで八代目になります。その名も「PUNCH(パンチ)」。数字の「8」にちなんでパンチと命名しているようです。鮮やかなイエローのカラーリングが目を引くシャフトですね。 【ツルさん】「アッタス パンチ」は、「アッタス3(サ…
2014/07/31新製品レポート

「しなやかに、しなって飛ばす!」UST マミヤ ATTAS ロックスター

【ミーやん】来ましたよ。次は「6☆」で「ロックスター」ですって! 【ツルさん】アッタスのシャフトは、これまでずっと語呂合わせのネーミング。次は何だろうかと思っていたら、6代目で「ロックスター」ときたもんだ。基調カラーになっているマットのスカイブルーが鮮やかでキ…