2017/03/14ヨーロピアンツアー公式

知っ得!SSP.チャウラシアの勝利が意味する事実

ツアー史上初のインド人選手による連覇 SSP.チャウラシア(インド)が、ヒーローインディアンオープンで後続に7打差をつけて大会連覇を達成したことによる32の事実を紹介しよう。 ○ヨーロピアンツアー
2021/04/17オーストリアオープン

川村昌弘60位で予選通過 カニサレスが首位を維持

としてその座を守った。 1打差でマルティン・カイマー(ドイツ)とジョン・キャトリン(米国)、通算5アンダー4位でジャスティン・ウォルターズ(南アフリカ)が追う。 ツアー4勝のSSP.チャウラシア(インド
2015/02/22ヨーロピアンツアー公式

チョウラシアが引き続き大会をリード

「ヒーローインディアンオープン」での見事なノーボギーのラウンドは途絶えたものの、大会3日目を終えシブ・シャンカラ・プラサド・チョウラシア母国でのヨーロピアンツアー3勝目へ向けて順調に首位を快走して
2016/03/21ヨーロピアンツアー公式

デリーで歓喜のチャウラシア

「ヒーローインディアンオープン」は、最終日を1アンダーの「71」でラウンドする胆力を見せたSSP.チャウラシアが、アニルバン・ラヒリとワン・ジュングンの追撃をかわして制覇した。 地元人気の
2015/02/20ヨーロピアンツアー公式

コースを熟知するチョウラシアがニューデリーで輝きを放つ

「ヒーローインディアンオープン」初日は、母国での欧州ツアー3勝目を狙うインドのシブ・シャンカラ・プラサド・チョウラシア首位タイにつける理想的なスタートを切る展開となった。 2008年の「インド
2017/03/13ヨーロピアンツアー公式

チョウラシアがニューデリーでタイトル防衛

フィールドを圧倒したSSP.チャウラシアが「ヒーローインディアンオープン」のタイトル防衛に成功し、ヨーロピアンツアー史の新たな1ページにその名を刻んだ。 天候による遅延のため、日曜の朝にずれ込んだ第
2017/03/11ヨーロピアンツアー公式

母国タイトル連覇へ前進 チョウラシアが定位置に浮上

荒天により遅延の発生した「ヒーローインドオープン」2日目は、ディフェンディングチャンピオンのSSPチョウラシア一気にスコアを伸ばしてクラブハウスターゲットを定める展開となった。 地元人気の
2015/02/21ヨーロピアンツアー公式

地元の英雄チョウラシアが再び観衆を魅了

「ヒーロー・インドオープン」2日目は、またしてもデリーGCで素晴らしいパフォーマンスを発揮したシブ・シャンカラ・プラサド・チョウラシア首位の座をキープ。このコースのスペシャリストであるシディクール
2016/03/20ヨーロピアンツアー公式

チャウラシアがデリーでハットトリックへ邁進

「ヒーローインディアンオープン」3日目をノーボギーの「68」でラウンドした地元人気のSSPチャウラシアが、デリーGCでのキャリア3勝目へ向け絶好の位置に立った。 同じく全長6983ヤードの木々の
2015/10/23ヨーロピアンツアー公式

A.パバンと呂偉智が首位発進 J.ローズが1打差で肉薄

この大会でのシード権確保を狙うシブ・シャンカラ・プラサド・チョウラシアオリバー・フィッシャー、そしてケビン・フィーランがつけている。 チョウラシア「レース・トゥ・ドバイ」の順位を111…
2016/01/16ヨーロピアンツアー公式

マレーシアで優位に立った欧州チーム

・アフィバーンラトとシブ・シャンカラ・プラサド・チョウラシア2&1で退け、欧州チームの実り多き一日を締めくくった。 欧州チームのキャプテン、クラークは華々しいスタートに胸を躍らせている。「欧州にとってすばらしい
2016/12/22ヨーロピアンツアー公式

2016年ヨーロピアンツアーで学んだ10のコト(前編)

勢による優勝を果たした。特にストーンは、2016年にナショナルオープンを制した6人の地元選手の先鋒となった。 SSP.チャウラシアは、引き続きインドでの無類の強さを発揮し、「ヒーロー
2018/03/07ヨーロピアンツアー公式

インドで注目の3人

フィールドに厳しい試練が待ち受けている。データの達人は、諸々のデータを鑑み、次の3人を注目選手に挙げた。 本命: SSP.チャウラシア 数字は嘘をつかない。インドの首都で4勝を挙げているSSP
2013/03/13ヨーロピアンツアー公式

インドで欧州のスター軍団がアジアの精鋭たちと対戦

出身であるS.S.P.チャウラシア足跡を追っている。チャウラシア、2011年のアバンサマスターズで、最終日に「67」のスコアを記録し、首位に立っていたロバート・コールズを逆転して1打差…
2015/02/23ヨーロピアンツアー公式

インドオープンを制し母国の英雄となったラヒリ

「ヒーロー・インドオープン」は、僅か2週間前にヨーロピアンツアー初優勝を飾ったアニルバン・ラヒリが同胞のS.S.Pチャウラシアプレーオフの末に退け、ツアー2勝目を感動的な地元での優勝で達成する結末
2015/08/19ヨーロピアンツアー公式

デンマークで注目の5人

進めたいと熱望している。スウェーデン出身のカールベリは昨年この大会で良いプレーを見せており、最終日を「69」でラウンドしてトップ10入りを果たした。 ■S.S.P.チョウラシア S.S.P
2016/10/31ヨーロピアンツアー公式

松山英樹の勝利が意味する事実

果たしてきたが、今回これに日本が加わった ・2016年の欧州ツアーでのアジア人選手による優勝はこれが9回目であり、単一シーズンでの最多記録となった。今季は、SSP.チャウラシア(ヒーロー