2019/11/29中古ギア情報

中古で探す賞金王候補のクラブセッティング

) では、今平のセッティングを中古ショップ的に見てみよう。1Wは「ヤマハ RMX 116 ドライバー(10.5度)」。体積445cc、美しい洋ナシ型のヘッド形状で、飛距離性能とコントロール性に優れている
2019/04/14クラブ試打 三者三様

「操作性の高い」ドライバー 筒康博が選ぶベスト3

た「操作性の高い」ドライバーのベスト3。 基準となるニュートラルなタイプ 1位:テーラーメイド M5 「操作性」で選ぶポイントは、意図的にドローやフェードを打てるかです。M5はアドレスでフェースを
2019/04/12クラブ試打 三者三様

「飛距離特化」ドライバー 万振りマンが選ぶベスト3

。普及してきたことが示すのは、誰もが同じように感じていて、使ってみたくなるドライバーだということです。飛距離に必要なものをすべて兼ね備えていると言えます。 2位:テーラーメイド M5 M5は反発係数を
2019/07/19中古ギア情報

自分に合う中古シャフトで飛距離アップを狙う

「テーラーメイド M5 ドライバー」を使い始めてから、シャフトを「グラファイトデザイン ツアーAD GP」に変更した。 「DI」と「GP」は、どちらも手元にしなり感があるシャフトだが、「GP」の方が
2019/11/30クラブ試打 三者三様

ツアーAD XC/ヘッドスピード別試打

モデル-S ドライバー』や、ブリヂストン『ツアーB JGR ドライバー』が該当すると思います。海外ブランドですが、テーラーメイドの『M5 ドライバー』とも合いそうです」 ―前作「ツアーA…
2019/11/02topics

最新シャフト4本を打ち比べてみた ~2019年版~

。 「XC」は重心がそれほど深くないブリヂストン「ツアーB JGR ドライバー」、ミズノ「ミズノプロ モデル-E ドライバー」、テーラーメイド「M5 ドライバー」。「エボ6」は慣性モーメン…
2019/04/17topics

初代M1からM6まで歴代Mシリーズを一気試打

MからMへ ドライバー乗り換えに落とし穴? 2015年に発売された「初代M1」以降、常に注目を集めてきたテーラーメイドのMシリーズ。超人気シリーズだけに、アマチュアゴルファーの中でもシリーズ内で
2019/04/11ツアーギアトレンド

松山英樹 8度目の「マスターズ」を戦う14本が見えてきた

に、ウッド系を模索している。 1Wは3月中旬から使用してきたテーラーメイド M5ドライバー、3Wは昨年から握っているテーラーメイド M4 フェアウェイウッドで落ち着いた様子。3番目に飛距離の出るクラブ
2019/11/23クラブ試打 三者三様

アッタス 11/ヘッドスピード別試打

ます。ヘッド単体の特長を邪魔しない分、ヘッドの良さを十分発揮できるように感じます」 ―例えばどのようなモデル? 「テーラーメイド『M5 ドライバー』、タイトリスト『TS3 ドライバー』、キャロウェイ