2019/12/17マーク金井の試打インプレッション

大型ヘッドでやさしい軟鉄鍛造「ミズノプロ 920 アイアン」

られる「920 アイアン」。どんな弾道が打ちやすいのか?軟鉄鍛造の打感はどうなのか?じっくりとテストしてみたい。 試打クラブに装着されるのは、軽量スチールシャフトの「日本シャフト NSプロ ゼロス7」、硬
2019/05/04クラブ試打 三者三様

NSプロ レジオ フォーミュラ M+/ヘッドスピード別試打

レジオ新作の赤いほう「M+」はどう違う!? 日本シャフト「NSプロ レジオ フォーミュラ」の新作シリーズ、「NSプロ レジオ フォーミュラ +(プラス)」の青色「B+」のレビューに続き、兄弟モデルで
2020/03/19クラブ試打 三者三様

RMX 220 アイアンを筒康博が試打「RMX版『UD+2』」

スチールとカーボンで長さが異なるため(※スチール NSプロRMX95:7Iで37インチ、 カーボン TMX-520i:7Iで37.25インチ)、打ち込みたい人は短めのスチール、払い打ちたい人は長めのカーボン
2019/04/16マーク金井の試打インプレッション

シャープでやさしく、心地良い打感「ピン G410 アイアン」

大きい部類である。 7番アイアンを計測すると、長さは37インチ。「NSプロ モーダス3 ツアー105」Sを装着したクラブの総重量は約410グラムで、バランスはD1(メーカー公称値)。 ライ角は7番で62度
2019/12/14クラブ試打 三者三様

タイトリスト T100 アイアン/ヘッドスピード別試打

3人。使用番手は7番(ロフト角:33度)。シャフトは純正の「AMT ツアー ホワイト」と「NSプロ モーダス3 ツアー105」で、硬さは3人ともSを使用。ボールは「ロッテ葛西ゴルフ」の専用レンジボール
2014/01/07マーク金井の試打インプレッション

日本シャフト N.S.PRO ZELOS 7

日本シャフトから、世界最軽量70g台のスチールシャフトが登場。発売以来、女子ツアーでもZEROS 7愛用者が増え続けている。話題の最新スチールシャフトを、クラブアナリストのマーク金井が徹底的に分析し
2019/12/28クラブ試打 三者三様

タイトリスト T300 アイアン/ヘッドスピード別試打

。 試打者はドライバーのHS30m/s台の女子プロ・西川みさと、40m/s台のクラブフィッター・筒康博、50m/s台のYouTuber・万振りマンの3人。使用番手は7番(ロフト角:29度)。シャフトは純正
2018/12/25マーク金井の試打インプレッション

飛んでやさしい硬派アイアン「ブリヂストン ツアーB X-CBP」

?飛距離性能はどうなのか?じっくりテストしてみたい。 試打クラブに装着されるシャフトは、軽量スチールの「日本シャフト NSプロ モーダス3 ツアー105」、硬さはSフレックス。 ワッグルすると、手元が
2018/09/25マーク金井の試打インプレッション

シャープなブレード形状のぶっ飛び系「ピン i500 アイアン」

、じっくりテストしてみたい。 試打クラブに装着されるシャフトは、日本シャフトの「NSプロ ゼロス7」のSフレックス。ワッグルしてみると、シャフトのしなりが大きめだ。加えてシャフトの先端側はしなりを感じやすい