2019/04/06ヤマハレディース葛城

アン・ソンジュ単独首位で最終日へ 金澤志奈が3打差2位

穴井詩、「69」で23位からジャンプアップした成田美寿々、大山志保、アルムとペ・ソンウ(ともに韓国)の5人が続く。 3位から出た鈴木愛は「77」と崩れ、通算4オーバーの15位に後退した。
2012/09/02ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメント

アン・ソンジュが逆転で2週連続V! 有村は3位

◇国内女子◇ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメント 最終日◇みずなみCC(岐阜)◇6,537ヤード(パー72) 2位タイからスタートしたアン・ソンジュ(韓国)が6つ伸ばし、通算15アンダーで逆転勝利。連日のバーディ合戦を制し、今シーズン3勝目を先週の「ニトリレ…
2018/08/01北海道meijiカップ

原英莉花らがプロデビュー 小祝さくらは地元で初優勝なるか

花、三ヶ島かな、エイミー・コガら前週のプロテストに合格した新人だ。原は川岸史果、葭葉ルミと、三ヶ島は吉田弓美子、キム・ハヌル(韓国)と初日同組。トップ通過のコガは2週連続優勝を目指すアルム(同)、申
2018/08/11NEC軽井沢72

木戸愛がパー4の同一ホールで2R連続イーグル 史上初

の189ydを沈めていた。 「すごいですね。自分でもびっくりです。まさか入るとは思わなかった」。キャディや同組のアルム(韓国)ともハイタッチをかわして喜びを表現した。 この日は1イーグル1バーディ
2019/03/15ヨコハマタイヤPRGRレディス

葭葉ルミが首位発進 上田桃子ら1打差2位

首位で滑り出した。 4アンダー2位に大城さつき、上田桃子、ぺ・ソンウ(韓国)の3人が並んだ。鈴木愛、香妻琴乃、勝みなみ、イ・ミニョン、アルム(ともに韓国)、テレサ・ルー(台湾)の6人が3アンダー5位
2019/03/23Tポイント×ENEOSゴルフ

申ジエ単独首位 小祝さくら、上田桃子が1打差2位

前進した。 小祝さくら、上田桃子、ツアー参戦1年目のS.ランクン(タイ)が1打差の4アンダー2位につけた。 昨年プロテスト合格の稲見萌寧、アルム(韓国)が通算3アンダーの5位タイ。2週連続優勝と大会
2017/07/14サマンサタバサレディース

岩橋里衣が首位発進 5戦目のアン・シネ41位

滑り出した。 1打差の3アンダー2位にツアー1勝のアルム(韓国)。2アンダー3位に濱田茉優が続いた。アマチュアの勝みなみ、永井花奈、若林舞衣子、堀琴音、上田桃子ら8人が1アンダーの4位グループを形成
2017/08/18CATレディース

イ・ボミが連覇へ1年2カ月ぶり首位発進 比嘉真美子1打差

を決めた。イの初日首位は昨年6月の「アース・モンダミンカップ」(優勝)以来。8季ぶりの勝利を目指すアルム(韓国)が並ぶ。 前週の「NEC軽井沢72」で4季ぶりツアー通算3勝目をあげた比嘉真美子は6
2018/11/22ツアー選手権

ペ・ヒギョンが首位発進 3打差3位に比嘉真美子

・チェヨン、アルム(いずれも韓国)、成田美寿々、上田桃子、岡山絵里の6人が並んだ。 前週「大王製紙エリエールレディス」でプロ初優勝をあげた勝みなみは1アンダー12位。前年覇者のテレサ・ルー(台湾)は1オーバー20位と出遅れ…
2009/11/25宮里藍が描く挑戦の足跡

藍、大会初日はぶっつけ本番!

ランキングは自己最高位の3位で、獲得賞金は148万ドルを超えるなど、実りある1年となった宮里。日本ツアーでも3年ぶりの優勝を果たし、本最終戦の出場権を獲得した。 大会初日は9時23分にアルムと共に
2014/09/13日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯

鈴木愛が貯金で首位堅守 上田桃子、大江香織が1打差を追う

美寿々、申智愛、アルムの3選手が並んだ。単独2位から出た穴井詩は通算1アンダーの7位に後退した。 なお、昨年覇者のイ・ボミ(韓国)は、一身上の都合により10ホールを終えた時点で途中棄権した。
2014/06/06ヨネックスレディス

大山志保が首位タイ発進 成田美寿々、原江里菜らが1打差

打差、3アンダーの8位に大江香織、諸見里しのぶ、申ジエ、アルム(ともに韓国)のほか前週の「リゾートトラストレディス」を制したテレサ・ルー(台湾)がつけた。 昨年大会を制し、前週3位フィニッシュを決め
2018/10/07スタンレーレディス

ささきしょうこが今季初優勝 新垣比菜は1打差2位

ダブルボギーの「70」として、全美貞(韓国)と並び通算9アンダーの2位。初優勝を挙げた4月「サイバーエージェント レディス」に続く今季2勝目を逃した。 通算8アンダーの4位にアルム(いずれも韓国)、岡山
2018/08/23ニトリレディス

三ヶ島かなが首位発進 1差2位に青木瀬令奈

首位発進を決めた。 青木瀬令奈が1打差の2位に続いた。7月の「サマンサタバサレディース」で6季ぶりに優勝した有村智恵、武尾咲希、宮田成華、今季2勝のアルム(韓国)が3アンダーの3位で追う。 前年覇者の
2018/10/06スタンレーレディス

新垣比菜と全美貞が首位を並走 ささきしょうこ1打差

から出たささきしょうこ。7バーディ、ノーボギーでこの日のベスト「65」をマークし、首位と1打差に迫った。 通算5アンダーの4位にアルム(韓国)。通算4アンダーの5位に辻梨恵と岡山絵里。通算3アンダー