2007/06/08

室田が連覇に向け首位タイスタート!中嶋は1打差

室田の最大のライバル、中嶋常幸が1打差の4アンダー4位タイにつけている。 中嶋と同じ4アンダーグループには、シニアツアー界でも人気の尾崎健夫、高橋勝成など、人気実力ともに兼ね備えた選手が名を連ねている
2007/05/26全米シニアプロ選手権

尾崎直道が単独2位をキープし、ビッグタイトルへ前進!

高橋勝成は残念ながら予選通過は果たせなかった。 注目選手では、ベン・クレンショーが通算イーブンパーの7位タイに浮上。またギル・モーガンも通算2オーバーの14位タイに浮上し、大会を盛り上げている。
2007/05/25全米シニアプロ選手権

尾崎直道単独2位!倉本昌弘4位タイと、日本勢好調!!

オーバーの29位タイとまずまずのスタート。また飯合肇は友利勝良と並んで4オーバーの56位タイ、中嶋常幸は5オーバーの68位タイ、青木功は7オーバーの99位タイ、高橋勝成は10オーバーの129位タイ
2006/12/083TOURS CHAMPIONSHIP 2006 IMPACT!

横峯さくらが大活躍! 初日を終えてLPGAチームが首位に!

では、昨年最下位に終わったLPGAチームの奮闘が目立った。辛ヒョンジュと魏ユンジェがトップでホールアウトしてそれぞれ3ポイントを、横峯さくらはJGTOチームの高橋勝成とトップを分け合い2.5ポイントを
2006/12/08宮里藍が描く挑戦の足跡

2ポイントの宮里、「藍が頑張れば!」と優勝に意欲

を行い、第2ステージの9ホールをプレーした宮里は、1アンダーをマーク。谷口徹、高橋勝成の男子プロに一歩も引けをとらないプレーで2位となり、2ポイントを獲得した。 10番からの9ホールを回った宮里は
2006/12/073TOURS CHAMPIONSHIP 2006 IMPACT!

国内3大ツアーを代表するトッププレーヤーの競演!

ポイントを付与。全ステージ終了後の累計獲得ポイントにより順位を決定する。 PGAからは、会長推薦枠で尾崎健夫と青木 功、今季シニアツアー賞金王の室田淳、同2位の中嶋常幸、同3位の高橋勝成が参戦。JGTO
2006/10/26

日本シニアオープン初日/ビッグネームが上位を占める

バーディ、ノーボギーと堅実なゴルフで初日を終えた。 そして、6アンダー首位で並んだのはこの大会に過去3勝している高橋勝成と尾崎と同じく米国チャンピオンズツアーで戦う飯合肇。飯合は11番から3連続バーディを奪うなど、インコース…
2005/01/11

2005年度ジャパンゴルフツアー選手会(JGTPC)発表

局で開票作業を行い、外国人担当理事にデービッド・イシイ(49)、ディネッシュ・チャンド(32)が選出され、監事には高橋勝成(54)となっている。 理事会役職一覧 ◆理事職(計22名) 会長 横田真一
2004/10/02

日本プロシニア最終日/福沢孝秋が大会最小記録で優勝!

フィニッシュ。2位に3打差、4日間の大会最小記録を塗り替えての見事な優勝を飾った。 そのほか2位スタートの陳志明は、この日3つスコアを伸ばすも首位の座を奪うことができず通算15アンダーの2位に終わった。そしてこの日のベストスコア「65」をたたき出した高…