2021/12/16Turf Life Balance

腰痛が心配なら64歳ランガ-のスイングを参考に

抵抗があるかもしれません。 しかし、日本のシニアツアーで4年連続賞金王になった高橋勝成選手や、米女子ツアーで8度の賞金女王に輝いたアニカ・ソレンスタム選手(スウェーデン)など、スイングの常識を逸脱
2021/11/27

国内シニアツアー 歴代賞金王

2005 三好隆 2442万円 3 8 2004 横島由一 2274万3000円 1 5 2003 高橋勝成 3542万5000円 3 6 2002 高橋勝成 1932万1500円 1 6 2001…
2021/09/19日本シニアオープン

手嶋多一がシニア日本一 8打差圧勝で史上4人目の2冠

の大会最高順位(9位タイ)と最少ストローク(287)を更新した。 前年覇者の寺西明は3アンダー10位だった。 1アンダー21位で終えた71歳の高橋勝成は5バーディ、4ボギーでプレー。2日目から「69」「70」「70」と並べて3日連続のエージシュートを達成した。
2021/07/08ISPS HANDA 楽しく面白いシニアトーナメント

清水洋一と久保勝美が首位発進 高橋勝成「67」のエージシュート

「65」でプレーし、7アンダー首位発進を決めた。清水はツアー初優勝、久保は6年ぶりの優勝を目指す。1打差3位に飯島宏明と大会ホストの加藤仁が並んだ。 70歳の高橋勝成は6バーディ、1ボギーのエージシュート
2019/11/20ISPS・ハンダカップ・フィランスロピーシニアトーナメント

ソク・ジョンユルが最終戦優勝 ウィラチャンが賞金王に

たタワン・ウィラチャンは「67」をマークして通算5アンダーの5位タイで終え、プラヤド・マークセン(ともにタイ)を抜いて初の賞金王に輝いた。マークセンの連続賞金王は3年で途絶え、高橋勝成が達成した4年
2019/05/31すまいーだカップ シニアゴルフトーナメント

デビッド・イシイが首位浮上 倉本昌弘は1打差2位で最終日へ

「64」としたプラヤド・マークセン(タイ)、秋葉真一、キム・ジョンドク(韓国)、「66」でエージシュートを達成した68歳の高橋勝成の4人が並んだ。 首位スタートの川岸良兼は「75」と落とし、通算3
2018/11/02富士フイルム シニア チャンピオンシップ

シニアツアーのエージシュートはどれくらい珍しい?

◇国内シニア◇富士フイルム選手権 2日目(2日)◇江戸崎カントリー倶楽部(茨城)◇6991yd(パー71) 68歳の高橋勝成が、最終18番(パー5)で残したピン奥2mのバーディパット。自身シニア…
2018/10/14トラストグループカップ 佐世保シニアオープンゴルフトーナメント

「ドリブルするように」金鍾徳がツアー4勝目

史果の父・川岸良兼は首位から出たものの4バーディ、4ボギー1ダブルボギーの「74」とスコアを落とし、通算4アンダー7位とした。 昨年覇者の高橋勝成は通算2アンダー14位で大会を終えた。
2018/10/13トラストグループカップ 佐世保シニアオープンゴルフトーナメント

「神様ありがとうございます」川岸良兼が首位発進

に原田三夫。4アンダー4位に金鍾徳、盧建順、清水洋一の3人が並んだ。昨年覇者の高橋勝成は1アンダー13位とした。大会は2日間競技として行われる。
2018/10/12トラストグループカップ 佐世保シニアオープンゴルフトーナメント

賞金ランクトップのマークセン不在 米山剛、倉本昌弘らが出場

大会で争われる。 昨年大会の最終日は悪天候の影響で最終ラウンドが中断し、天候の回復が見込めず競技は18ホールに短縮。第1ラウンドを4アンダーの単独首位で終えていた高橋勝成が、2007年の「アデランス…
2018/10/05日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ

P.マークセンと米山剛が首位浮上

が「66」でプレーし、通算9アンダーとして首位に並んだ。 1打差の3位に柳沢伸祐。鈴木亨、リチャード・バックウェル(オーストラリア)の2人が通算6アンダーの4位で続いた。 初日首位の廣田恭司のほか、川岸良兼、高橋勝成、清水洋一、フランキー・ミノザ(フィリピン)、飯塚信太郎が5アンダーの6位につけた。
2017/10/15トラストグループカップ 佐世保シニアオープンゴルフトーナメント

最終ラウンドは悪天候で中止 高橋勝成がシニア最年長V

分に競技中断。天候回復が見込めず最終ラウンドはキャンセルとなり、18ホール短縮で競技成立となった。第1ラウンドを4アンダー「68」の単独首位で終えていた67歳の高橋勝成が、2007年の「アデランス
2017/10/14トラストグループカップ 佐世保シニアオープンゴルフトーナメント

高橋勝成が単独首位 倉本昌弘が4位

ツアー14勝でシニアツアー今季初優勝を目指す高橋勝成が1イーグル3バーディ、1ボギーの「68」で回り、4アンダーとして首位発進を決めた。 1打差の3アンダー2位に、15番(パー3)でホールインワンを