2019/09/25topics

京都美女とゴルフデート/最終話【方言2サム漫遊記】

:櫻井有希、高島早百合、永井奈都、中村香織、園田絵里子 厳選!ゴルフの別れ際に役立つ京都府の方言 【おぶ】 お茶。「お茶漬け」のことは「おぶ漬け」と呼ぶ。 例)「渋滞してるので、おぶでも飲んで帰り
2016/08/06meijiカップ

96+86=182…女子ツアー予選落ちのワースト記録

北海道の札幌国際CC島松Cで開催されている国内女子ツアー「meijiカップ」。初日に「96」をたたいた高島早百合は、2日目も「86」とし、通算38オーバーで予選落ちした。パー72のコースでの36
2016/08/06meijiカップ

イ・ボミと鈴木愛が首位浮上 岡山絵里3位

イーブンパーの33位で決勝ラウンドに進んだ。 なお、初日に「96」を叩いて最下位とした高島早百合は、2日目を「86」でホールアウト。国内女子ツアーのプロによるこれまでの36ホール最多ストロークを1打上回る計「182」ストロークをたたいた。
2016/08/05GDOEYE

それでも『100』は打たない 6年目プロの必死の意地

スコアカードにとがった角が並ぶ…。国内女子ツアー「meijiカップ」が、北海道の札幌国際CC島松Cで開幕。初日、主催者推薦で出場している高島早百合が9ボギー3ダブルボギー3トリプルボギーの『96
2015/12/01ギアニュース

ビームスゴルフ、2016SSで5年目に突入

なブランドとのコラボアイテムも豊富に取り揃える。同社によれば、売上も前年に比べ3~5%増で順調に推移。ただ、メンズに比べ、レディスが伸び悩んでいるため、今後は、契約の女子プロ3名(高島早百合、吉野茜
2014/08/20女子プロレスキュー!

“思わぬ逆球が出てしまう原因は?” 高島早百合

高島早百合(たかしま・さゆり) 1992年9月3日生まれ、京都府京都市出身。中学入学直前に父の勧めでゴルフをはじめ、ゴルフの名門・東北高校へ進学。2010年に東北ジュニアゴルフ選手権を制し、東北女子
2014/08/06女子プロレスキュー!

“左足下がり・上がりを攻略!” 高島早百合

やすく、ミスしやすいんです。今回は、この2つの傾斜の攻略法をお話ししたいと思います。 高島早百合(たかしま・さゆり) 1992年9月3日生まれ、京都府京都市出身。中学入学直前に父の勧めでゴルフをはじめ
2014/07/09女子プロレスキュー!

“アイアン上手は構えから!” 高島早百合

アイアンの打ち方を徹底レッスン! 今回から全6回にわたり、京都出身でシード入りが期待されるプロ4年目の高島早百合プロのレッスンがスタートする。テーマはグリーンを狙うアイアンショットだ。アイアンは番手
2013/09/26中国新聞ちゅーピーレディースカップ

鈴木愛が単独首位の好発進/中国新聞ちゅーピーレディース初日

て最終日に挑む。 首位と1打差、1アンダーの2位には田中美弥子。さらにイーブンパーの3位タイには、今季「ANA PRINCESS CUP」で優勝を飾った香妻琴乃ほか、青木瀬令奈ら8選手。さらに1オーバーの11位タイには天沼知恵子、甲田良美、高島早百合ら10選手が続いている。
2013/07/10プロのこだわり5箇条

~プロのこだわり5箇条~ <第38回> 高島早百合

こなすことができます。 <5>髪は染めない、ピアスの穴も開けない 黒髪は、日本人ならではの美しさだと思っています、勝手に(笑)。ピアスの穴も、高島家家訓ではないですが、『大切に産んでもらった体に、穴を開けない』という母の教えを守っていますね。
2013/05/01中日クラウンズ

池田勇太はジャンボとの同組に「自ずと気合が」

たい。 懸念材料はエースキャディの福田央氏が左足を負傷し、初日の帯同が微妙な状況であること。開幕2日前の練習ラウンド、この日のプロアマ戦は親交のある女子プロ、高島早百合が緊急登板した。代替のプロキャディも呼んでおり、福田氏との“2人体制”を敷いてティオフを迎える。(愛知県東郷町/桂川洋一)
2013/04/05ギアニュース

「BEAMS GOLF」初のプロ契約

女子ツアーでは、一昨年プロ転向した20歳の注目ゴルファー、高島早百合プロと契約を結んだ。高島プロは次のようにコメント。 「学生時代からあこがれのブランドで、まさか自分がゴルフウエア契約させてもらうことに
2013/04/01

プロ3年目の高島早百合がサン・クロレラと契約

2011年のプロテストを13位タイで合格した高島早百合が4月1日(月)、株式会社サン・クロレラとスポンサー契約を締結した。高島は同社のロゴ入りウェア、キャップおよびサンバイザーを着用。今季の高島
2013/03/29GDOEYE

森田理香子も落胆?新世代の飛ばし屋たち

うなずけないセリフだったが、とにかく“最近の若手は飛ばす”ということは事実のようだ。 その時に出た名前は、城間絵梨や渡邉彩香、辻梨恵と言った名前。その他にも高島早百合など、“飛ばす”という評判の若手は多い