2021/11/29

2021年1勝の原英莉花は師匠“ジャンボ邸”に報告へ

青木瀬令奈らと和気あいあいとしたムードに浸った。 例年オフシーズンは海外で合宿する選手も多く、原もその一人だったが、昨年に続いて今年もコロナ禍の影響を危惧して日本で過ごす予定。「隔離になってしまうと
2021/11/29

稲見萌寧 オフの目標は「10ヤード飛距離アップ」

2020-21年シーズン賞金女王に輝いた稲見萌寧が29日、宮崎市内で行われた年末に放映されるテレビマッチの収録に参加した。青木瀬令奈、原英莉花、勝みなみ、笠りつ子、小祝さくららと笑顔で過ごしたあと
2021/09/07日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯

賞金女王争いを占う女子プロ日本一決定戦 「全英組」も復帰

女子オープン(全英女子)」に出場していた渋野日向子、原英莉花、古江彩佳、青木瀬令奈は今週が復帰戦となる。2週間の隔離明けだが、得意の大舞台での勝負強さに期待したい。 ディフェンディングチャンピオンは
2021/08/21AIG女子オープン(全英女子)

笹生優花5位 渋野日向子12位で決勝へ 畑岡&古江も予選通過

アンダー23位、古江彩佳はイーブンパー45位で決勝ラウンドに進んだ。 青木瀬令奈は4オーバー93位、原英莉花は5オーバー102位、アマチュアの梶谷翼(兵庫・滝川第二高)は7オーバー120位で予選落ちした。
2021/08/20AIG女子オープン(全英女子)

笹生優花が1打差4位 渋野日向子&畑岡奈紗11位発進

覇者の渋野日向子は1イーグル3バーディ、3ボギーの「69」でプレーし、2アンダーの11位で畑岡奈紗、朴仁妃(韓国)らと並んだ。 ほかの日本勢は古江彩佳が2オーバー90位、原英莉花と青木瀬令奈が3オーバー100位、アマチュアの梶谷翼(兵庫・滝川二高)が4オーバー118位と出遅れた。
2021/08/18CATレディース

前週優勝の小祝さくらは浅井咲希、西村優菜と同組 全英出場組は不在

大里、山下美夢有と同組でティオフする。 同週はスコットランドで海外メジャー「AIG女子オープン(全英女子)」が開催されるため、渋野日向子、青木瀬令奈、原英莉花、古江彩佳が不在となる。出場順位を組み替えるリシャッフル制度を実施するまで対象試合は今大会含め残り6試合とカウントダウンが始まる。
2021/08/10AIG女子オープン(全英女子)

青木瀬令奈 自身初の海外メジャー「全英女子」挑戦の理由

国内女子ツアー2勝の青木瀬令奈が8月19日開幕の「AIG女子オープン(全英女子)」(スコットランド・カーヌスティGL)に挑戦する。6月の「宮里藍サントリーレディスオープン」を制して出場権を獲得してい…