2002/07/29全英シニアオープン

全英シニアオープン観戦記(後編)

。しかし、2001年の大会はアーノルド・パーマー、ゲーリー・プレイヤー、そしてジャック・ニクラスがそろい踏みし、青木プロも参加して大いに盛り上がった。アメリカのシニアPGAツアーのメジャーの一つであるザ
2019/09/22日本シニアオープンゴルフ選手権競技

谷口徹が完全優勝 シニア3戦目でメジャータイトル獲得

を主戦場にしており、シニアツアーは今大会がキャリアで3試合目。2位に終わった前年大会から雪辱した。日本ゴルフ協会主催の「日本オープン」と「日本シニアオープン」を制した選手は青木、中嶋常幸に続く3人目
2002/03/16

世界で活躍する日本選手たち

は 今年2勝目、シニアツアー通算34勝目。 優勝スコアーは67‐64‐65の17アンダーパーで2位のアレン・ドイルに5打差をつける。 青木は 72‐72‐69、通算イーブンパー、49位で競技を終了
2011/11/16GDOEYE

青木功が松山英樹のアマチュア続行にエール

テレビ解説を担当する青木が「ダンロップフェニックストーナメント」の会場に現れ、練習場で選手たちのプレーを見守った。しばらく、眺めるように選手たちを見ていた青木だったが、松山の姿を見つけると真っ直ぐ
2013/06/27トップアマのコース攻略

Vol.09 セントラルゴルフクラブ 西コース ダイナミックな印象とホールにメリハリが効いていてプレーヤーを飽きさせません

健夫優勝)、関東オープン(昭和61年・青木優勝)も開催。西コースでは平成9年に日本プロ(丸山茂樹優勝)も行っている歴史と伝統のあるコースです。西コースはフェアウェイが広く、ダイナミックな印象を受けます
2003/01/30

世界で活躍する日本選手たち

シーズン:31試合中の1試合目 昨年の記録/トム・カイトが初日に63を記録、そのまま6打差の逃げ切り優勝。 参加する日本人/青木 コメント/シニアツアーは、チャンピオンズツアーと名称を変えて2003年
2002/01/31

世界で活躍する日本選手たち

、昨年の大会で青木が2位に入ったが、今年はまたストロークプレー形式に戻された。 注目はシニアルーキー3人衆、ベン・クレンショー、ファジー・ゼラー、トム・パーツアー。 青木は参加する。 …
2002/11/21

世界で活躍する日本選手たち

チームはゲーリー・プレーヤー(キャプテン)、青木、海老原清治、ロジャー・デービス、スチュワート・ジン(豪)、ニック・ファルド、バリー・レーン、デニス・ダーニアン(イングランド)、サム・トーレンス
2015/07/01佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑163>ケビン・キスナー

個ずつが入っているような筋肉の盛り上がりで、TPCのプレーオフの際、米国の中継内で「ファウラーはボックのふくらはぎに負けそう!?」と言われたほど注目を集めていた。青木選手のPGAツアー全盛期、試合中