2016/04/23フジサンケイレディス

ミセス初V狙う若林舞衣子が2打差の好位置

青山加織が熊本地震の影響で今週の大会を欠場した。自宅の復旧だけでなく支援物資運搬などに時間を割くことを選択した仲間に、「何かしたい気持ちはあるけど、実際に行動に移すのはなかなかできないこと。すごいなと
2016/05/06ワールドレディスサロンパス杯

選手コメント集/ワールドレディスサロンパス杯 2日目

てしまった。深いラフで、ピンが手前で、キャディさんは『載せればいいよ』って言っていたけど、競り合っているのもあって、ちょっと欲をかいてしまったかなと思う」 ■青山加織 4バーディ、5ボギー「73
2016/07/22センチュリー21レディス

濃霧による進行遅れでサスペンデット 木戸愛が暫定首位

舞衣子、O.サタヤ(タイ)の3選手が続いた。前週優勝の全美貞(韓国)ほか、福田裕子、青山加織は2アンダーで暫定5位につけた。 1アンダー暫定8位にはプレー中の香妻琴乃、菊地絵理香、笠りつ子、飯島茜ら7選手
2015/05/21日医工女子オープン

青山加織がステップアップ第2戦で首位タイ発進

国内女子ステップアップツアーの第2戦「日医工女子オープン」が21日(木)、富山県富山市の八尾CCで開幕。過去に同ツアー3勝の青山加織と、ウェイティングから繰り上げ出場がかなった新坂上ゆう子が、3
2016/06/24アース・モンダミンカップ

若林舞衣子と東浩子 好調2人の共通点

た若林。「久しぶりに気持ち良く、伸び伸びとプレーができた」と笑顔を見せたが、きっかけはいくつかあった。 先週、師匠である岡本綾子や、同門の表純子、青山加織らから「スイングが縮こまって思い切り振れてい
2015/10/21京都レディースオープン

ステップアップツアー最終戦 19歳のささきしょうこが首位発進

美優の4選手が並んだ。 今季プロ転向の森美穂は3オーバーで17位。今季ステップ2勝の中村香織と前週の『うどん県レディース 金陵杯』で優勝した青山加織は4オーバーの27位につけた。大会は2日間競技で行われ、あす22日に最終日を迎える。
2015/09/30フンドーキンレディース

初優勝を狙う25歳の澤井瞳が首位発進

新海美優、青山加織、小林咲里奈、ベイブ・リュウ(台湾)の4選手が続いた。 大会は2日間競技で行われ、10月1日に最終日の競技が行われる。
2015/05/22日医工女子オープン

小竹莉乃がステップツアー初優勝/日医工女子オープン最終日

いい教訓になった」。11番のバーディでリーダーボードのトップに立つも、動じることなく、最後まで堅実にパーを重ねて逃げ切った。 通算1アンダーの2位に北村響と古屋京子、通算イーブンパーの4位に初日首位の青山加織と岸部桃子の2選手が並んだ。
2015/04/14KKT杯バンテリンレディスオープン

最年少優勝の勝みなみが凱旋 アマ連覇なら初?

ツアーを主戦場とする有村智恵が地元熊本で、前週に続き日本ツアーに参戦。今季1勝を挙げている笠りつ子のほか、上田桃子、一ノ瀬優希、青山加織ら名だたる熊本勢が、郷里での勝利を競う。 今季惜しい戦いが続いている藤田光里、菊地絵理香らも初優勝をかけて臨む。
2013/06/22ニチレイレディス

青山加織、ダボ発進にも奮起の6位

だ。 「ニチレイレディス」2日目、首位と2打差の5位タイからスタートした青山加織は振り返る。「今日の朝、岡本さんに“今週は優勝ね”って言われたんです。今までそんなことをはっきり言われたこと無かったので
2014/11/23大王製紙エリエールレディスオープン

諸見里しのぶ、金田久美子らがシード喪失

・ユンジェ(台湾)、福田裕子、諸見里しのぶ、三塚優子、青山加織、櫻井有希の10人がシード権を喪失し、来季ツアーに出場するためにファイナルQTを受けることになる。 今年は鈴木愛(20歳)、渡邉彩香(20