2009/04/19ライフカードレディスゴルフトーナメント

李知姫、最終ホールで横峯を振り切って今季初V

折り返すと、2位に2打差をつけてバック9に突入した。 伸び悩む上位に追いすがるように、地元出身の青山加織、不動裕理がイーブンパーでホールアウト。さらに、原江里菜、三塚優子が1アンダーで試合を終える
2011/11/13伊藤園レディスゴルフトーナメント

岡本門下生対決は仲良く5位タイに終わる

「伊藤園レディスゴルフトーナメント」の最終日を、通算6アンダーの首位タイで迎えたのは服部真夕と青山加織の2人。共に岡本綾子の門下生ということで、直接対決に本人同士も「ラウンドし易い」と話していた
2009/09/20マンシングウェアレディース東海クラシック

横峯さくらが辛くも逃げ切り、今季4勝目!

、バーディパットを外して緊張の糸が切れたのか、そこからまさかの3パット。2オン4パットのダブルボギーとし、通算14アンダーの単独3位としている。通算13アンダーの4位タイに、青山加織と有村智恵。3週連続優勝がかかっていた諸見…
2013/08/11meijiカップ

一ノ瀬の猛追及ばず・・・ナ・ダエが日本初優勝!

・スーヨン(韓国)とテレサ・ルー(台湾)が入り、日本勢では青山加織と大谷奈千代が申智愛(韓国)、イ・ボミ(韓国)と並んで通算7アンダーの6位に入った。 <ナ・ダエ 決着をつける17番のロングパットに
2013/08/10meijiカップ

選手コメント集/meijiカップ 2日目

。(最終日に向けて)全体的にショットもパターも良いですし、最終日はメンタル的なものが必要だと思います。順位とかは気にせずに、昨日、今日みたいに楽しくやりたいと思います」 ■青山加織 4バーディ、2ボギー
2010/06/12サントリーレディスオープンゴルフトーナメント

森田理香子が6位浮上「藍さんだけじゃない!」

。「自分なりに少ない知識の中で、考えてやりました」と森田。同じ岡本門下生の服部真夕、青山加織の活躍にも刺激を受けている。 もちろん、ホステスプロとしての責任も感じている。「今年は藍さんも来られてないし、藍
2011/09/17マンシングウェアレディース東海クラシック

大山が3年ぶりの勝利に王手!服部が1打差で追う

服部真夕が浮上。通算5アンダーの単独3位に福田裕子、通算4アンダーの4位タイに横峯さくら、金田久美子、佐伯三貴、青山加織が続いている。首位タイからスタートした有村智恵は通算3アンダーの8位タイ、廣瀬友美
2011/05/22中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン

青山は2時間の中断が奏功、パットが蘇り単独2位

たのは、4位タイからスタートした青山加織だった。 前半は「もう少しで入るバーディパットが入らず、イライラする部分もあった」と1バーディ、1ボギー。そのまま後半に入り、11番ではグリーン奥のカラーから約
2010/03/30

藍は賞金ランクトップ、世界ランク3位をキープ!

/宮里美香/変動なし 59位/北田瑠衣/変動なし 62位/馬場ゆかり/変動なし 70位/服部真夕/変動なし 71位/上原彩子/変動なし 73位/佐伯三貴/1ランクダウン 82位/青山加織/3ランク
2016/05/06ワールドレディスサロンパス杯

選手コメント集/ワールドレディスサロンパス杯 2日目

てしまった。深いラフで、ピンが手前で、キャディさんは『載せればいいよ』って言っていたけど、競り合っているのもあって、ちょっと欲をかいてしまったかなと思う」 ■青山加織 4バーディ、5ボギー「73
2011/06/18GDOEYE

2005年以来、6年ぶりの優勝を目指す表純子

、最高順位は「ヨネックスレディス」での17位タイだった。その表が2日間通算4アンダーの5位タイでラウンドしている影には、師匠岡本綾子の存在があった。 岡本は表を含め服部真夕や森田理香子、青山加織など若手
2011/10/15富士通レディース

服部真夕が単独首位で最終日へ! 藤田が急浮上

急浮上した藤田幸希、木村敏美、向山唯、大会連覇を狙うアン・ソンジュ(韓国)。通算4アンダーの6位タイに、青山加織、井芹美保子、首位タイから陥落した上原彩子が続く。古閑美保は通算1アンダーの17位タイ
2005/04/22フジサンケイレディスクラシック

実力者の不動、福嶋が首位発進!注目の宮里、横峯は・・・

したショットでスコアを伸ばし、4バーディ2ボギーの内容で初日を終えた。また、福嶋晃子も16番から3連続バーディを奪って不動と並んだ。 また、1アンダーの3位タイには、藤井かすみ、アマチュアの青山加織
2012/06/09サントリーレディスオープンゴルフトーナメント

若林舞衣子、自らの誕生日にナイスプレー!

教えてって頼まれたんです(笑)」。若林は結果的に催促したような感じだと笑い出す。 そして、この日は同門で普段から行動を共にする服部真夕、森田理香子、さらに先輩にあたる青山加織などが誕生日会を開いてくれる