2012/05/15マーク金井の試打インプレッション

テーラーメイド ロケットボールズ ドライバー

には左のミスが気にならないドライバーだ。 ボール初速は出るタイプだ。効果もあって、打ち出し直後の弾道は力強い。ただし重心が少し高めなんだろう。フェース中央で捕えるとスピンがやや多めで、吹き上がり…
2010/10/14ギアニュース

キャロウェイ、新ブランド「レイザー」を発表

距離を追求したヘッド機能を持ったドライバーとのこと。また、新素材を採用した「スピード メタリックス」は、の課題であったシャフトの戻りにくさを解消したシャフトだ。 ボールに関しても新しくなり、最先端の…
2015/12/08マーク金井の試打インプレッション

グラファイトデザイン ツアーAD GP

。今回は60g台をテストするため、さは45.5インチで試打クラブを組み上げた(※さは60度法計測)。 シャフト試打で使うヘッドは、テーラーメイド グローレF ドライバー。体積はルール最大級の460cc…
2011/10/17ギアニュース

7代目「ゼクシオセブン」は打ちやすく飛ばせる

クラブに仕上がっている。 ■ボールスピードをアップさせる「ゼクシオ セブン ウッドクラブ」 「打ちやすく、ボールスピードアップ」をテーマにクラブ開発が行われた。昨今のシャフトブームの中、振りやすさ…
2013/02/19マーク金井の試打インプレッション

グローブライド オノフドライバー タイプD 赤(2013年モデル)

、バランスはD1。45インチ換算にすると300グラム前後だ。40~65歳ぐらいで、体力が平均的な男性、ドライバーよりも普通のさを好むゴルファーと相性がいいスペックだ。 リアルロフトが多めなので…
2011/04/19マーク金井の試打インプレッション

ブリヂストン ツアーステージ PHYZ ドライバー

さを感じさせないようなチューニングだ。Sだがヘッドスピード40m/s出ていれば、十分使いこなせるだろう。 印象に残ったのがヘッド重量。一般的な男性用ドライバーと比べると、軽さを感じる。ハード…
2013/03/01ツアーギアトレンド

【WORLD】ミケルソンに学ぶ パターのロフトの重要性

)、よりレベルにストロークするようになったため、そこまでロフトが必要なくなったというわけだ。 要するに、パターはドライバーと一緒で適正な打ち出し角を得るためには、適正なロフトが必要になる。実際のところ…
2010/07/27マーク金井の試打インプレッション

キャロウェイゴルフ DIABLO EDGE ドライバー Black

。30~55歳ぐらいで、体力が平均的な男性、ドライバーよりも普通のさを好むゴルファーと相性がいいスペックだ。 兄弟モデルの「レッド」は初・中級者、練習量が少ないエンジョイゴルファーを意識した…
2011/12/13マーク金井の試打インプレッション

グローブライド オノフドライバー タイプD 赤(2012年モデル)

。40~65歳ぐらいで、体力が平均的な男性、ドライバーよりも普通のさを好むゴルファーと相性がいいスペックだ。 リアルロフトがかなり多めなので、ロフト選びには注意が必要。ボールが上がりやすい人や…
2013/08/06フィッティングでゴルフは変わる

飛距離と安定感、どっちも欲しい!

ですか?」 平井「はい。46インチは市場では“”と呼ばれるさです。ミート率も考慮して、標準的な45インチくらいを提案いたします」 スイング半径に対応!JPX825ドライバー 柳田さんに、平井氏が…
2009/09/08マーク金井の試打インプレッション

PING G15 ドライバー

。クラブのさは気になることはなく、45インチドライバーを手にしたような安心感を持ち合わせている。カラーリングを除けば、見た目の印象は「G10」と大きな変更点は感じられない。見えない所で、どこをどう…
2013/08/26ギアニュース

遂に出た、500cm3の高反発モデル

今年後半、大きな話題を呼びそうなドライバーが発表された。それがイオンスポーツから9月14日に発売される『フェアライン500』ドライバーだ。このモデルは、ヘッド体積500cm3、高反発、、そして5…
2017/01/31マーク金井の試打インプレッション

三菱レイヨン FUBUKI V

を強くアピールしているシャフトではないので、今回も45.5インチで試打クラブを組み上げた。(※さは60度法計測) シャフト試打で使うヘッドはテーラーメイドのM2。ヘッド体積はルール最大級の460…
2010/08/24マーク金井の試打インプレッション

テーラーメイド バーナー スーパーファスト TP ドライバー

優れた飛距離性能と、コストパフォーマンスでゴルファーから人気のある「テーラーメイド バーナー」シリーズ。今年発表されたアスリート向けモデル「TP」を検証すべく、マーク金井が立ち上がった。 ・で飛…
2008/02/19マーク金井の試打インプレッション

キャロウェイゴルフ LEGACY ドライバー

シップブランドとして新登場した「LEGACY」。同社が培ってきた技術ノウハウをすべて注ぎ込んだという触れ込みだが、見た目はかなりシンプル。今どきのドライバーにしてはソール形状はオーソドックスだし、ロゴも…
2013/07/22プレーヤーズラウンジ

<プライドを捨てて芹澤信雄が手にした長尺パター>

男子プロの試合を初めて現地で見る人が必ずびっくりするのは、その圧倒的な飛距離だろう。しかし、昔から“ドライバー・イズ・ショー”“パット・イズ・マネー”とはよく言ったもので、どんなに遠くへ飛ばしても…
2016/10/11マーク金井の試打インプレッション

フジクラ Speeder Evolution III

に過敏な動きを抑制し、安定感のあるモデルに仕上がっているとメーカー側はコメントしている。 をアピールしているシャフトではないので、今回は45.5インチで試打クラブを組み上げた。(※さは60度法…