2018/10/12うどん県レディース

蛭田みな美が単独首位/ステップアップツアー初日

アンダー5位には、下部ツアー賞金ランキングトップの河本結、山田成美、廣田真優、鈴木麻綾、森井菖ら9人が並んだ。 大会は3日間54ホールで実施。賞金総額2000万円(優勝賞金360万円)を懸けて争われる。
2018/05/23ダイクレレディース

23歳の照山亜寿美が首位/ステップ初日

首位発進を決め「雨が降った割にはショットが良かった。パットも4~6mが良く入ってくれた」と振り返った。プロ3年目の23歳は2年ぶり2度目のステップアップツアー優勝を目指す。 1打差2位に大谷奈千代、山戸未夢、永井奈都、林菜乃子の4人。イーブンパーの6位に工藤遥加、鈴木麻綾、小川陽子が続いた。
2018/05/11静ヒルズレディース 森ビルカップ

安田彩乃が初優勝/女子ステップ最終日

ファイナルQTは48位で、今季前半はレギュラーツアーをメインにプレーを続けている。 通算2アンダーの2位に丹萌乃。通算1アンダーの3位に鈴木麻綾。単独首位から出た大和笑莉奈は「78」と崩れ、通算5オーバーの19位に終わった。
2018/05/10静ヒルズレディース 森ビルカップ

大和笑莉奈が39位から首位に浮上/ステップ2日目

、ノーボギーの「67」。通算1アンダーで単独首位に浮上した。1打差の通算イーブンパーに福田裕子、鈴木麻綾、新田彩乃、大田沙羅(アマチュア)が続いた。 通算1オーバーの6位に安田彩乃。前週「九州みらい建設グループ
2017/05/19ツインフィールズレディース

永田あおいが首位 鈴木麻綾が1差/女子ステップ2日目

。2013年以来となる同ツアー4勝目に前進して最終日を迎える。 通算2アンダーの2位に15年プロテスト合格の鈴木麻綾。通算1アンダーの3位に福山恵梨と佐藤靖子。通算イーブンパーの5位に、「69」でジャンプ
2017/09/15山陽新聞レディースカップ

新垣比菜が1差2位発進、勝みなみは29位/ステップアップ初日

比菜は6バーディ、1ボギーの「67」で回って5アンダーの2位で発進した。 鈴木麻綾、安田彩乃が新垣と並んで2位。小祝さくらは2アンダーの21位、今季ツアー1勝の勝みなみは1アンダーの29位。大会は3日競技で争われる。
2017/07/07ECCレディス

石川明日香が完全優勝 下部ツアー2勝目

『痩せますように』の(どっちを)書くか迷ったけど、『痩せますように』って書かんで良かった」と笑顔を見せた。 2打差の通算2アンダー2位に鈴木麻綾、竹山佳林、佐久間綾女の3人。鬼澤信子、中山三奈、篠原まりあら7人が通算1アンダーの5位に並んだ。