2021/09/11日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯

西郷真央が単独首位で最終日へ 稲見&大山が1打差 渋野21位

「66」でプレーし、通算12アンダーとして単独首位に立った。今年2位が3度の“シルバーコレクター”がメジャーでのツアー初勝利へ向け、後続に1打差で最終日に臨む。優勝すれば2014年の鈴木の20歳128
2021/06/04ヨネックスレディス

笠りつ子が単独首位発進 2打差に山路晶、高橋彩華ら4人

決めた。 2打差の4アンダー2位に7番のパー3でエースを達成した山城奈々のほか、高橋彩華、山路晶、三ヶ島かな。3アンダー6位で2017年、19年の賞金女王・鈴木と若林舞衣子が続いた。 5月の大会を
2021/10/09スタンレーレディス

アマ佐藤心結が小祝さくら、工藤遥加と首位で最終日へ

最終日を迎える。 首位発進した臼井麗香は「74」とスコアを落として、通算4アンダー12位に後退した。 今大会のホステスプロの金田久美子は通算4オーバー83位、昨季賞金女王の鈴木は5オーバー88位、原英莉花は6オーバー95位…
2021/10/28樋口久子 三菱電機レディス

3週連続Vへ古江彩佳 プロ初戦の地「思い出はすごくある」

3人目(全美貞/2007年、鈴木/2019年)以来の快挙となるが、「頭には入っていますけど、そんなに意識しないでこの試合に集中したい」とマイペースを強調した。 前週の優勝後は自宅に戻り、録画されて
2021/07/30楽天スーパーレディース

高橋彩華が単独首位 吉田優利、西郷真央が追走

位の小祝さくらは原英莉花、勝みなみ、鈴木らとともに7アンダー16位。 渋野日向子はボギーなしの3バーディ「69」でトータル6アンダー。次週「東京五輪」に出場するホステスプロ稲見萌寧らと同じ22位で最終日を迎える。
2021/06/19ユピテル・静岡新聞SBSレディース

倉田珠里亜が初優勝へ5打差独走/ステップアップツアー

通算9アンダーまで伸ばし、後続との差を5ストロークに広げて単独首位をキープした。ここまで36ホールでボギーはこの日の後半15番だけ。鈴木、成田美寿々らとプロテスト同期でトップ合格した27歳が下部ツアー
2021/06/11宮里藍サントリーレディス

稲見萌寧が2打差の首位浮上 アマ岩井姉妹は予選通過

続いた。 前週優勝の笠りつ子、小祝さくら、原英莉花ら9人が通算6アンダー9位に並んだ。 アマチュアの岩井姉妹は妹の岩井千怜が通算3アンダー34位、姉の岩井明が2アンダー40位でともに決勝ラウンドに進んだ。 前回の2019年大会覇者の
2021/09/12日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯

稲見萌寧が4打差圧勝 メジャー初制覇で賞金ランクトップ浮上

12アンダー5位。「66」でプレーした鈴木と「65」と伸ばした西村優菜が10アンダー6位に入った。 海外メジャーからの国内ツアー復帰戦となった渋野日向子は3バーディ、3ボギーの「72」と伸ばせず、通算3アンダー25位で終え…
2020/01/03東京五輪

畑岡奈紗 渋野日向子 鈴木愛 東京五輪へそれぞれの思い

リード。渋野日向子が11位、鈴木が15位につける。基本は1つの国・地域の上位2人に切符が与えられるが、世界ランク15位以内に3人以上が入れば、最大4人までが出場できる。それぞれが、自国では初開催となる
2021/07/04資生堂レディス

稲見萌寧は2週連続予選落ち 67人が18ホールの決勝へ

できずにいた45人の競技が完了した。トップを走るのは7アンダーの全美貞(韓国)。 4ホールを残していた西郷真央が最終9番で、バーディを奪取。勝みなみ、鈴木らと並んで6アンダー2位につけた。 東京五輪
2021/10/02日本女子オープン

3週連続Vかかる西村優菜が「特別な大会」で首位浮上

には、史上3人目(2007年全美貞&2019年鈴木)の3試合連続優勝がかかる。記録が頭によぎれば「欲」も出てくるところだが、「今週は難しいコース。なので『もうちょっといけるんじゃないか』とかはあまり