2002/09/26

世界で活躍する日本人選手たち

147位7ダウン 近藤智弘153位11ダウン 今野康晴163位7ダウン 藤田寛之170位37アップ 尾崎直道184位10ダウン 室田 淳196位11ダウン 鈴木 205位6ダウン 宮瀬博文208位
2018/10/07日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ

米山剛がシニアプロ日本一 鈴木亨は2年連続の2位

とタワン・ウィラチャン(タイ)。鈴木は2位スタートから「68」と伸ばしたが、2年連続の2位に終わった。 今季5勝を挙げるなど賞金レースを独走するプラヤド・マークセン(タイ)は、通算13アンダーの5位で4日間を終えた。
2004/10/08コカ・コーラ東海クラシック

優作などリタイヤが続出する波乱の展開!暫定首位は今井克宗

アンダーの暫定2位には、この日2つスコアを伸ばした沖野克文。3アンダーの暫定3位タイには、ホールアウトした鈴木、細川和彦、そして4ホール残している三橋達也がつけている。 そのほか、安定したプレーを
2008/12/01カシオワールドオープンゴルフトーナメント

小田が逃げ切り初優勝!石川遼は1億円超え達成

には甲斐慎太郎、鈴木、宮瀬博文の3人。甲斐は持ち前の爆発力で中盤8アンダーまで伸ばしたが、終盤失速してしまった。 この大会で年間獲得賞金1億円突破を目指した石川遼は、この日1バーディ、2ボギーと
2004/05/21マンシングウェアオープンKSBカップ

首位に立ったのは横田真一とJ.M.シン

量産し、最終18番でもバーディを奪って横田に追いついた。 2打差の単独3位には鈴木がいる。この日4つスコアを伸ばし絶好の位置から決勝ラウンドを迎える。今年は2月にオーストラリアで行われた欧州ツアー
2019/10/09日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ

シニアプロ日本一決定戦 米山剛が連覇&今季初V狙う

大会最少スコアに並ぶ通算21アンダーで優勝。初の日本タイトルを獲得し、ツアー通算3勝目を挙げた。 2位タイの鈴木はその後にツアー3勝を挙げるなど好転へのきっかけとなった大会で今季初勝利を目指す。また
2002/04/25

世界で活躍する日本選手たち

要 149位 変わらず 中嶋 常幸 153位 変わらず 佐藤 信人 172位 5ダウン 尾崎 直道 185位 9ダウン 鈴木 195位 2アップ 宮瀬 博文 196位 変わらず 藤田 寛之 211
1999/04/15つるやオープンゴルフトーナメント

直道リードを奪う

初日のリードを奪ったのは、日本ツアー第1戦になる尾崎直道。9つバーディを放り込み、7アンダーとした。飯合肇と鈴木が1打差で追いかけている。4位に5アンダーで横尾要、佐藤信人、手嶋多一。 尾崎が
2012/11/29

額賀、甲斐らが好スタート/男子ファイナルQT初日

金額25位以内の資格で1年間戦ったが、シード復活を逃した鈴木も63位タイ。また、シニアツアーでも活躍する室田淳が1アンダー107位タイ、来季プロツアーデビューを狙う伊藤誠道は、1オーバー162位と出遅れてしまった。
2003/05/15

世界で活躍する日本選手たち

宮本勝昌180位↓4 桑原克則193位↓7 平塚哲司202位↑30 久保谷健一211位↓5 尾崎直道220位↓9 近藤智弘226位↑2 鈴木256位↓8 星野英正261位↓10 室田淳272位↓1
2014/05/31~全英への道~ミズノオープン

初勝利をかけた日韓比の戦い 岩田寛は3位後退から逆転期す

・手嶋多一のほか、増田伸洋、近藤共弘、I.H.ホ(韓国)マイケル・ヘンドリー(ニュージーランド)がつけた。手嶋と同じホストプロの上田諭尉は5アンダーの9位、鈴木は4アンダー11位で3日目を終えた。
2004/10/01アコムインターナショナル

外国勢が猛威を奮う中、ジャンボが4位に浮上!

同じくベストスコアをマークした鈴木、宮本勝昌、手嶋多一などがつけている。また、3アンダーの13位タイに谷原秀人、宮里優作など若手の有力候補が続いている。 108+11そのほか秋の日本ツアーから積極的に
2010/11/20ダンロップフェニックストーナメント

池田が首位キープ!石川遼は微速前進

ではグリーン奥からのアプローチを寄せきれずにボギーを叩いてしまった。それでも最終18番をバーディで締めくくった。 3打差の通算7アンダー2位には鈴木とジェイ・チョイ(米国)の2人。さらに1打差の通算
2003/02/20

世界で活躍する日本選手たち

桑原克則169位↓1 久保谷健一170位↓4 近藤智弘197位―― 尾崎直道198位↓2 宮瀬博文217位↓5 室田淳224位↓3 鈴木238位↓3 宮里聖志250位↓6 平塚哲司254位↓2
2008/05/04中日クラウンズ

近藤智弘がプレーオフを制す! 地元で勝利を飾る

鈴木のベテラン勢が入った。他、ディフェンディングチャンピオンの宮瀬博文は通算3アンダーの12位タイ。17歳の海外招待選手、タッド・フジカワは、通算4オーバーの48位タイで終えた。
2002/12/05

世界で活躍する選手たち

圭一郎 218位 ↓3 宮瀬博文 221位 ↓12 宮里聖志 228位 ―― 鈴木 231位 ↓2 飯合肇 243位 ↑14 細川和彦 256位 ↑3 平塚哲司 262位 ↓4 横田真一 264位
2006/05/28三菱ダイヤモンドカップゴルフ

横尾要が3年半ぶりのツアー5勝目を達成!

埼玉県の狭山ゴルフクラブで行なわれている、国内男子ツアー第7戦「三菱ダイヤモンドカップゴルフ」の最終日。横尾要と片山晋呉、日本大学の同級による最終組対決。さらに40歳の誕生日を迎えた鈴木との三つ巴