2020/11/20ダンロップフェニックス

Zoom越しに観戦・交流 男子ゴルフで「リモートギャラリー」

務め、ティグラウンドにやってきた金谷拓実や米澤蓮(アマチュア)、市原弘大を紹介する場面も。選手たちも、画面越しにギャラリーとの久しぶりの交流を楽しんでいた。 Zoomに参加する一般ギャラリーも、お手製
2020/11/20ダンロップフェニックス

石坂友宏が首位浮上 金谷拓実1打差 今平周吾28位

」でプレー。通算9アンダーとし、3位から単独首位に浮上した。 金谷拓実も「66」で回り、ガン・チャルングン(タイ)と並んで通算8アンダー2位。大槻智春、市原弘大、木下稜介が通算7アンダー4位につけた
2020/11/15VISA太平洋マスターズ

バーディ数は1位 中島啓太は史上5人目のアマ優勝ならず

の大浴場に行ってまで鎮めようとした緊張感の高ぶりは、スタート前には治まった。首位と1打差から出た中島啓太(日体大2年)は「70」と伸ばせず通算6アンダー。前年の金谷拓実に続く史上5人目のアマチュア優勝
2020/11/13VISA太平洋マスターズ

「63」の木下稜介ら3人首位 金谷拓実10位 石川遼も決勝へ

・キム、小斉平優和が通算5アンダーの首位に並んで大会を折り返した。 首位で出た大槻智春、香妻陣一朗が4アンダーで続いた。 前年大会でツアー史上4人目のアマチュア優勝を遂げた金谷拓実は3バーディ、3ボギー
2020/11/12VISA太平洋マスターズ

大槻智春が首位発進 金谷拓実8位 石川遼は出遅れ

アンダーで単独首位発進を決めた。 木下裕太が1打差の2位。宮本勝昌、秋吉翔太ら5人が2アンダー3位で続いた。 前年大会で史上7人目のアマチュア優勝を遂げた金谷拓実は、プロとして国内2戦目。3バーディ
2020/11/11VISA太平洋マスターズ

もう不思議じゃない 10年で3回目のアマチュアVなるか

。それから8年後の昨年、金谷拓実が史上4人目の快挙を達成した。10月の「日本オープン」での活躍を見れば、ことし再び同じ現象が起こっても決して不思議ではない。フィールドの学生トップアマ4人がそれぞれ注目さ