2021/11/15GDOEYE

間もなく43歳 “兄貴分”谷原秀人からのメッセージ

いう。 最後は金谷拓実に競り勝ち、若手の壁となった今大会。賞金王争いをリードし、近い将来海外へ羽ばたいていくであろうスーパールーキーと最終日最終組でぶつかり合い、気になったことがある。 「金谷は気持ちも…
2021/11/14VISA太平洋マスターズ

「最終的には金谷が来る」5年ぶりV導いた谷原秀人の勝負勘

いなかった。1打差を追う金谷拓実もバーディチャンス。「絶対に金谷が入れてくると思っていた。僕が入れないと、プレーオフになる。プレーオフになったら負ける」。上って下る、6mのスライスライン。「30~40…
2021/11/14VISA太平洋マスターズ

42歳谷原秀人が5年ぶり通算15勝目 2位金谷は賞金トップに

金谷拓実に並ばれたが、終盤の15番で抜け出して辛くも逃げ切った。 金谷は1打差の2位で、賞金ランキングトップに浮上した。 4位スタートした比嘉一貴が通算4アンダー3位に入った。金谷とともに2位から出た幡
2021/11/12VISA太平洋マスターズ

ドバイか日本か 悩み抜いた杉原大河と米澤蓮の“アマ最終戦”

ヘッドのウェートを替えて10gほど重くしたことが奏功した。 「いいプレーをしていければ、まだ分からない位置にいる。悔いのないプレーができれば」。松山英樹、金谷拓実と東北福祉大勢がアマチュア優勝を飾ってきた舞台。アマとして有終の美を飾るべく意気込む後輩が続いても、不思議ではない。(静岡県御殿場市/亀山泰宏)
2021/11/12VISA太平洋マスターズ

11月1日に結婚 幡地隆寛が指輪に誓う米挑戦

、もっと上のステージで戦う姿を(妻に)見せてあげたい」と力を込める。 大きなチャレンジを予定する新たな一年を前に訪れた、初Vのチャンス。トップで金谷拓実と並び、1打差3位には谷原秀人と比嘉一貴。周りを
2021/11/11VISA太平洋マスターズ

高山忠洋と幡地隆寛らが首位発進 1打差に金谷、片山ら

、(下部)AbemaTVツアーも推薦をいただいて出ることができた。感謝しかない。感謝の気持ちを込めて、1打1打プレーしたい」と決意をにじませた。 2アンダー4位に片山晋呉、金谷拓実、比嘉一貴、稲森佑貴、片岡
2021/11/09VISA太平洋マスターズ

初V続く御殿場決戦 賞金ランク1位・木下稜介のリベンジは

辰徳、19年は当時アマチュアの金谷拓実、昨年の香妻陣一朗と毎年初優勝のドラマが生まれてきた。1年前、最終18番(パー5)のイーグルで劇的な逆転Vを決めた香妻の陰で1打届かず涙をのんだのが木下稜介。賞金…
2021/11/08世界ランキング

浅地洋佑が447位→267位 ホブランはトップ10返り咲き

)、2位コリン・モリカワ、3位ダスティン・ジョンソンを含むトップ5に変動はなかった。 日本勢は松山英樹が12位から14位に後退。金谷拓実が67位(3ランクアップ)、木下稜介が87位(7ランクダウン)、稲森佑貴が110位(1ランクアップ)と続いた。