2017/10/13日本オープン

池田勇太が首位浮上 石川遼は予選落ち

、小田孔明、稲森佑貴、秋吉翔太、重永亜斗夢ら8人が続いた。 61位からスタートした石川遼は2バーディ、7ボギー1ダブルボギーの「77」と崩れ、通算9オーバーの97位。国内ツアーの今季初戦は、下位で予選
2019/05/04中日クラウンズ

日本ツアールーキーのカーミスが首位 1打差2位に宮本勝昌

(韓国)。通算6アンダーの5位に重永亜斗夢とブラッド・ケネディ(オーストラリア)が続いた。 アマチュアの金谷拓実(東北福祉大3年)は首位に2打差の8位からスタートし、2バーディ、3ボギーの「71」でプレー。出水田大二郎、今平…
2019/07/06日本プロ

石川遼ら3人が首位 最終日は2009年以来の36ホール

重永亜斗夢が、前週優勝の星野陸也、時松隆光、松原大輔と並んで通算8アンダー5位とした。 前年覇者の51歳・谷口徹は「65」をマークし、通算5アンダーで前日96位から17位に浮上した。賞金ランキング
2016/07/29ネスレマッチプレーレクサス杯

ホスト片山晋呉が1回戦敗退 初出場の時松隆光は金星

連続でベスト4に入り、今年からネスレ日本の正社員として臨んだ近藤共弘は、一昨年の大回大会優勝の松村道央に2&1(1ホールを残して2UP)で敗退。藤田寛之は初出場の小林伸太郎に4&3、谷口徹は重永亜斗夢
2018/06/01日本ツアー選手権森ビル杯

復活かける近藤智弘が首位に浮上 石川遼は2戦連続予選落ち

ない。この日はわずか21パット。「あすからもパッティング勝負でいけるようにしたい」と微笑した。 キム・ヒョンソン(韓国)と時松隆光が1打差の2位タイ。首位タイから出た重永亜斗夢は「69」にとどまり
2018/09/28トップ杯東海C

片山晋呉が首位キープ 4打差3位に池田勇太

週連続優勝を目指す池田勇太が4バーディ、ノーボギーの「68」でプレーし、ウォンジョン・リー(オーストラリア)とともに通算8アンダー3位。大槻智春、重永亜斗夢、竹内廉、ソン・ヨンハン(韓国)、リュー
2017/08/24KBCオーガスタ

バン・ドファンが首位発進 地元・藤田寛之が1差2位

邦裕、出水田大二郎、ハン・リー(アメリカ)、ムン・キョンジュン(韓国)の6人。さらに1打差の10位タイに、池田勇太、片山晋呉、重永亜斗夢、キム・キョンテ(韓国)ら9人が続いた。 前週のツアー外競技
2017/05/11日本プロ日清カップ

5年ぶりVへ 49歳の谷口徹が首位発進!

「64」で谷口徹が首位発進。1打差となる7アンダー2位に韓国の任成宰。5アンダーの3位に重永亜斗夢が続いた。 ツアー通算19勝を誇る谷口だが、直近の勝利は2012年。その年に、今大会を含む2勝を挙げた
2014/04/26つるやオープンゴルフトーナメント

選手コメント集/つるやオープンゴルフトーナメント3日目

2打差)半年ぶりの優勝争いとしてはちょうどいい。今日悪いのが全部出たので、明日は思いっきり行けるんじゃない?(同組の重永亜斗夢は)QTトップで上がってきて、思い切りがいいね。有望?何を持って有望とは
2017/10/21ブリヂストンオープン

時松隆光が首位浮上 石川遼は2戦連続予選落ち

た。 イ・サンヒ(韓国)が通算7アンダーの2位。今平周吾、岩田寛、重永亜斗夢は通算6アンダーの3位に続いた。 首位タイで出た21歳の星野陸也は通算5アンダーの6位として宮里優作、秋吉翔太、リュー
2018/12/26ツアーギアトレンド

年間勝利数が最も多かったシャフトは?/国内男子

セイシリーズ6勝(同) 出水田大二郎、星野陸也、池田勇太ら 藤倉ゴム工業 スピーダーシリーズ6勝(+3) 秋吉翔太、稲森佑貴ら グラファイトデザイン ツアーADシリーズ5勝(-9) 重永亜斗夢、谷口徹
2018/04/17パナソニックオープン

石川遼はマークセン&山下と予選同組 池田と片岡が国内初戦

なフィールド。日本ツアーからはディフェンディングチャンピオンの久保谷健一、前週の「東建ホームメイトカップ」で初優勝を飾った重永亜斗夢、2位で惜敗した石川遼らがエントリーした。 年始から海外転戦を続けて
2018/04/19パナソニックオープン

痛々しくても4位発進 久保谷健一と市原弘大

とは口にできない。前週途中に発症した腰痛でカップから球を拾うのもひと苦労。それでも、久保谷健一は初日に5アンダー4位と周囲もあ然の好発進を決めた。 同組で回った前週優勝の重永亜斗夢もあきれ顔だ。「痛い
2016/05/31日本ツアー選手権森ビル杯

今年もツアー初優勝者が誕生か 国内メジャー初戦

待望の初タイトルを狙う存在だ。今平は谷原秀人とP.マークセン、永野は池田勇太と重永亜斗夢とのペアリングで、いずれも予選ラウンドの注目組に入った。、 ツアーは今季ここまで7試合を消化し、キム・キョンテ
2015/10/03トップ杯東海クラシック

池田勇太が首位浮上 石川遼、片山晋呉が1打差追走

龍一、高山忠洋、キム・ヒョンソン(韓国)の3選手。通算5アンダーのプラヤド・マークセン(タイ)を挟み、片岡大育、重永亜斗夢が通算4アンダーの10位で続いている。
2018/04/20パナソニックオープン

星野陸也が単独トップで決勝へ 石川遼は11位に浮上

」で回り、通算5アンダーの11位タイに浮上した。 前年覇者で初日4位の久保谷健一は通算4アンダーの15位。前週「東建ホームメイトカップ」でツアー初優勝した重永亜斗夢は通算2オーバーの83位で予選落ちした。