最近のニュース 新着一覧≫


2021/12/07進藤大典ヤーデージブック

【進藤コラム番外編】ジュニア大会を初開催 ステーブルフォード方式で学ぶ、攻める気持ちとゴルフの楽しさ

思ってくれたりしたら、本当に素敵なことだと夢見ています。ゴルフの腕前が優れているだけでなく、人から愛されるゴルファーになってくれるような、最高の思い出と環境をつくる手助けをこれからもできればと思います。(進藤大典
2022/01/11進藤大典ヤーデージブック

“グリーンブック”禁止 未知のコースこそ腕の見せどころ?

を返せば、今後未知のコースで効率的に情報を拾い上げ、どれだけ選手のサポートに役立てられるかはキャディの腕の見せどころかもしれません。キャディ仲間の仕事ぶりの変化なども取材してお伝えしていけたらと思っています。(解説・進藤大典
2021/11/16進藤大典ヤーデージブック

「オレが優勝させてやる」 谷原秀人とつかんだ初Vの記憶

ガッツポーズを見て、僕も目頭が熱くなりました。 敗れた金谷拓実選手も悔しいけど、どこか清々しいような表情をしていたのが印象的。スポーツマンシップにあふれる気持ちのいい戦いを見せてくれた2人に拍手を送りたいです。(解説・進藤大典)…
2022/01/18進藤大典ヤーデージブック

PGA初タッグで予選落ちから9年 松山英樹が積み上げてきたモノ

、応援に回っていました。5打ビハインドで迎えたサンデーバックナイン。“ここから見とけよ”とでも言わんばかりの大逆転劇は、偉大な先輩から将来のスター候補へ強烈なメッセージとなったのではないでしょうか。(解説・進藤大典
2021/11/02進藤大典ヤーデージブック

公傷クリアへ残り2戦 うれしいダニー・リーの復活

フェデックスカップポイント44ptが必要な状況。今週「ワールドワイドテクノロジー選手権atマヤコバ」にもエントリー。優勝500ptの試合ですから、単独20位で45ptを獲得できます。頑張れ、ダニー!(解説・進藤大典
2021/10/19進藤大典ヤーデージブック

マキロイの“横綱相撲”とファウラー復活の予感

。 最終日「62」をたたき出してマキロイと1打差2位でフィニッシュしたコリン・モリカワを含め、上り調子で日本開催の「ZOZOチャンピオンシップ」に来てくれることが楽しみです。(解説・進藤大典
2021/06/16進藤大典ヤーデージブック

【進藤大典キャディ解説】全米オープンっぽくない? 開幕直前のトーリーパインズを歩いてみた

。 特に今年に入ってからのメジャーは「マスターズ」での松山選手、「全米プロ」でのミケルソンとドラマの連続。今週はどんな名シーンが生まれるのか。直前に現地で味わうワクワク感は、やっぱりたまらないものがあります。(解説・進藤大典
2021/10/12進藤大典ヤーデージブック

昨季498バーディは史上最多 “若き鉄人”イム・ソンジェ

は非常に寒い一方、晴れた昼間は気圧の関係もあって普段の飛距離に比べて3~5%ほど飛びます。そういった状況へのアジャストも難なくクリアしました。日本、米国と海外ツアー出場は150試合を優に超える23歳。若くして蓄積した経験値が、さらにキャリアを豊かにしていくかもしれません。(解説・進藤大典
2021/09/21進藤大典ヤーデージブック

“中1週”でリスタート 長丁場を戦い抜くPGAツアーの猛者たち

終えたばかりでも、「優勝争いを増やす」という明確なテーマを持ってリスタート。しっかりトップ10に入って上々の滑り出しとなりました。新たな一年でどんなプレーを見せてくれるのか、期待が膨らみます。(解説・進藤大典
2021/09/08進藤大典ヤーデージブック

【進藤キャディ解説】強靭メンタルでつかんだ16億円 カントレーが乗り越えてきたモノ

。 キャディとしてはしっかり選手をリードするタイプですが、基本的には物静かでクレバーという点でカントレーにも通ずるところがあるミニスターさん。新型コロナウイルス陽性となった影響でプレーオフシリーズ第2戦からバッグを担いで2連勝。非常に強力なコンビだったことも見逃せません。(解説・進藤大典
2021/08/03進藤大典ヤーデージブック

【進藤キャディ解説】シャウフェレ、松山英樹、マキロイ…大物のメダル争いが高める五輪ゴルフの価値

として堂々と戦った松山選手はもちろん、シャウフェレ、マキロイ、コリン・モリカワといったビッグネームが繰り広げたハイレベルなメダル争い。これを続けていくことができれば、おのずと価値は高まっていくはずです。(解説・進藤大典
2021/07/20進藤大典ヤーデージブック

コリン・モリカワが“神パット”を連発できたワケ

ショット力を持ちつつ、今大会のようにパッティングが研ぎ澄まされれば“鬼に金棒”。まだ24歳。これからどんなキャリアを築いていくのか、楽しみで仕方ありません。(解説・進藤大典