2015/11/22ダンロップフェニックストーナメント

選手コメント集/ダンロップフェニックストーナメント 最終日

ことができなかったと思います」 ■近藤共弘 6バーディ、3ボギー「68」 通算11アンダー4位タイ 「ちょっとパターがイマイチで決められなかった。前半で流れを止めてしまった。いいスタートを切って、息を
2014/05/13ザ・プレーヤーズ選手権

松山英樹が25位に浮上 優勝のカイマーは33ランク上昇

/1ランクアップ 220位/小林正則/出場せず/4ランクダウン 242位/薗田峻輔/出場せず/3ランクアップ 245位/近藤共弘/出場せず/1ランクアップ 251位/山下和宏/出場せず/1ランクダウン
2011/08/28VanaH杯KBCオーガスタゴルフトーナメント

日本初優勝のベ・サンムンは米ツアー参戦へ照準

トップを守り続けた25歳が、最終日「67」と5つスコアを伸ばし、通算22アンダーで逃げ切った。 優勝シーンは少しの驚きを呼んだ。近藤共弘に1打差をつけて迎えた最終18番。べはバーディパットをわずかに外すと
2013/11/17三井住友VISA太平洋マスターズ

谷原秀人、復活の10勝目 満を持してW杯へ!

トーナメント」以来となる3シーズンぶりの勝利を飾った。1バーディ2ボギーの「73」とスコアを落としたが、2位の石川遼、近藤共弘、川村昌弘を1打差で振り切り、通算10勝目をマークした。 突き上げられても
2017/12/03

深堀圭一郎、近藤共弘ら決勝へ/男子最終QT 4日目

2アンダー、74位タイまでの90人が2日間の決勝ラウンドに駒を進め、横田真一、平塚哲二、伊澤利光、中島マサオらは進出を逃した。 スタートを前にカットライン上(90位タイまで)だったツアー通算6勝の近藤
2012/10/09

池田勇太は世界ランキング2桁台に復帰

/95位(2ランクアップ) 武藤俊憲/キヤノンオープン11位/119位(5ランクダウン) 小田孔明/キヤノンオープン棄権/123位(7ランクアップ) 近藤共弘/キヤノンオープン41位/152位(3
2011/09/18ANAオープンゴルフトーナメント

K.バーンズがツアー初勝利! 伊藤誠道は高校生Vならず

」。通算10アンダーの単独6位に後退し、石川遼に次ぐ2人目の高校生優勝は叶わなかった。通算12アンダーの2位タイには片山晋呉、小田孔明、近藤共弘。通算11アンダーの単独5位にH.T.キム(韓国)。前年大会
2013/12/05ゴルフ日本シリーズJTカップ

初優勝への姿勢 宮里優作&山下和宏が好発進

国内男子ツアー「日本シリーズJTカップ」が5日(木)、東京都の東京よみうりカントリークラブで開幕。ツアー初勝利が待たれる宮里優作が、藤本佳則、近藤共弘とともに4アンダーの首位タイで滑り出した。 年間
2012/06/22~全英への道~ミズノオープン

上田が単独首位! 藤本が2位タイ浮上、アマ伊藤と松山は決勝へ

龍一、デービッド・オー(アメリカ)、キム・ヒョンソン、張棟圭(ともに韓国)が続く。通算5アンダーの9位タイに、片山晋呉、近藤共弘ら7人。アマチュア勢では、伊藤誠道が通算4アンダーの16位タイ、松山英樹が
2014/05/03GDOEYE

半世紀前と変わらない「中日クラウンズ」の魅力

記録した。今年もここ3日間で28,195人が訪れ、昨年を2,490人上回るペースで推移している。 リーダーボードを見てみると、石川遼、近藤共弘、I.J.ジャン、今野康晴、松村道央といった歴代チャンピオン
2012/09/14ANAオープンゴルフトーナメント

選手コメント集/ANAオープンゴルフトーナメント 2日目

近藤共弘 4バーディ、ノーボギー「68」、通算8アンダー3位タイ 「(ボギーピンチの続いた)4番までをしのげたので、5番からは良い流れになった。今週は上りのパットが(グリーンが重いため)きついので
2015/10/11GDOEYE

“見えざる大混戦” 最終組の勝敗を分けたのは?

バーディを集中させる7バーディ、3ボギー「67」(パー71)をマークし、通算16アンダーで鮮やかな逆転優勝を収めた。 同じ最終組で2打差リードの単独首位から出た近藤共弘、イと同じ2位から追った宮里優作は
2009/07/07

タイガーが米ツアー賞金ランク首位に浮上!

) 谷原秀人/JGTOオープンウィーク/132位(6ランクダウン) 甲斐慎太郎/JGTOオープンウィーク/140位(変動なし) 手嶋多一/JGTOオープンウィーク/146位(3ランクダウン) 近藤共弘
2017/12/01

近藤共弘、増田伸洋は上位遠く/男子最終QT 2日目

並んだ。 2009年「全米プロ」覇者のY.E.ヤン(韓国)は通算1アンダーの56位。シード喪失の近藤共弘、増田伸洋は2オーバーの122位と下位から抜け出せていない。 競技は6日間108ホールで実施。4日