2020/10/20PGAツアーオリジナル

ウッズのバッグの中身は?

ドライバーのヘッドとパターグリップ。昨年「ZOZOチャンピオンシップ」でタイガー・ウッズが史上最多記録に並ぶ82勝目を挙げて以降、変わったのはそれだけである。 タイガーのバッグは、歴史上誰のもの
2020/10/20

ゴルフきょうは何の日<10月20日>

生まれの逸材が集結する最終プロテストを控えていたが、この優勝により免除。プロ転向を表明し、「賞金女王になるのが夢。不動裕理さんが(2000年から)6年連続で賞金女王になったことが印象に残っていて、すごい記録だなと思っていた。それを抜かしたい」…
2020/10/18富士通レディース 2020

西村優菜 今季3度目のトップ10は自己ベスト4位

。でも、グリーンからは初めてです」とうまく1mにつけてパーセーブした。 「日本女子プロ選手権」では最終日最終組をプレーしたが、「76」と崩れて7位に終わった。今週は優勝争いには届かなかったが一歩前進。「どの試合も目標はトップ10」という中で、今季3度目のトップ…
2020/10/17日本オープン

河本力 目標失念で2位もアマチュア大記録へ決戦の最終日

。1927年の第1回大会を制した赤星六郎以来のアマチュア優勝という大記録が懸かる。「一日3アンダーを目指して、それをクリアして優勝できなかったら仕方がない」。今度こそブレない目標を達成するのみだ。(千葉
2020/10/15富士通レディース 2020

「半年くらいの気分」アマチュア優勝から1年の古江彩佳

」という30、40、50ydといった短い距離に時間を割き、「その距離に来たときにチャンスにつかないともったいない」と練習ラウンドでもアプローチを多くこなした。今季は65ホール連続ノーボギーも記録して
2020/10/13後世に残したいゴルフ記録

ツアー初期の「最少パット」を巡る混乱/残したいゴルフ記録

国内男子ゴルフのツアー制度が始まった1973年より前の記録は、公式にほとんど残されていません。本連載では、ゴルフジャーナリストの武藤一彦氏が取材メモや文献により男子ツアーの前史をたどり、後世に残し
2020/10/12

ゴルフきょうは何の日<10月12日>

飾った。地元・群馬出身で開催コース所属の茂木宏美と李知姫(韓国)に3打リードつけての勝利となった。 20歳125日で優勝を果たした若林は、当時日本女子ツアー史上6番目となる年少記録を樹立。ツアー本格
2020/10/10スタンレーレディス

初優勝のチャンスは? 最多の首位7人で最終日へ

さらに色濃くなった。最終ラウンドを前に首位で並ぶ人数・7人は、記録の残る1990年以降で最多。そのうちの宮田成華(なるは)、新海美優、山下美夢有、濱田茉優はツアー未勝利の選手たちだ。 22歳の宮田は今
2020/10/09スタンレーレディス

原英莉花は「久しぶりに4パット」 モヤッと出遅れ46位

最大瞬間風速10.4mを記録し、気温は15℃ほど。ウエアの下に“ヒートテック”を着込んだが、「めっちゃ寒かった。グリーンは軟らかくなったけれど、それ以上に過酷な状況でした」と、最後まで身に応える寒さ
2020/10/08

ゴルフきょうは何の日<10月8日>

。日本ゴルフツアー機構(JGTO)によれば記録が残る1985年以降でノーボギー優勝は初。 2打差の単独トップで出た最終日は3バーディ、ボギーなしの「68」。「途中からボギーを打たないようにしている自分
2020/10/07ヨーロピアンツアー公式

パトリック・リードが再び「BMW PGA選手権」に降臨

ウェントワースクラブでのデビューを果たした米国人選手は、この大会で4位タイに入り、2019年のヨーロピアンツアーで7度記録したトップ20入りのうちの一つを果たした。 彼は有名なウエストコースで週末に