2021/08/13中古ギア情報

男子メダリストたちのドライバー&シャフトを中古で探す

、中古価格は落ち着いてきている。純正シャフトで4万円台前半から見つけることができた。装着シャフトは藤倉コンポジット「ベンタス レッド」で、日本では展開されていないモデルだ。 中古で手に入れにくい
2020/09/02ギアニュース

キャロウェイ新作「BIG BERTHA」 限定モデルとして10月9日発売

「トライアクシャル・カーボンクラウン」により、重量配分の最適化も実現している。 ロフト角は10.5度のみ。ヘッド体積460cc、ライ角60度。長さは45.5インチで、シャフトは藤倉コンポジット共同開発の「スピーダー
2021/09/11クラブ試打 三者三様

300 ミニドライバーを万振りマンが試打「460cc不要の完成度」

、シャフトが戻ってこない。ややヘッドが開いたまま当たってしまうので、藤倉コンポジット『ダイヤモンド スピーダー』のような、もう少ししなり戻りのスピードが感じられて自動的につかまえてくれるモデルと組み合わせ
2021/08/05クラブ試打 三者三様

OT ironを筒康博が試打「絶対ラフに強い」

で、スムーズなしなり戻りをスイング中に感じとることができました」 ―藤倉コンポジット『MCI』との違いは? 「アイアンのカーボンシャフトとして、国内メーカーの代表的モデルの対抗馬は確かに『MCI』に
2021/06/28新製品レポート

全番手が打ちやすい新コンセプト プロギア 05 アイアン

フジクラ製のオリジナルシャフトも好印象です。当てやすさに貢献していますね。 【ミヤG】 たしかプロギアの「LS」シリーズで展開されているフェアウェイウッドとユーティリティも、それぞれが同じ長さ設定になってい
2019/06/11マーク金井の試打インプレッション

短尺化でミート率と直進性がUP「フジクラ スピーダー SLK」

スピーダーらしい振り心地はそのままに、短尺化でミート率と直進性がUPすると話題の「藤倉コンポジット スピーダー SLK」をマーク金井が徹底試打。はたして短尺シャフトがゴルファーのスコアップにつながる
2016/10/11マーク金井の試打インプレッション

フジクラ Speeder Evolution III

藤倉ゴム工業の名作『Speeder』シリーズは、日本のゴルファーに『リシャフト』という言葉を根付かせた名シャフトだった。2014年に『Speeder Evolution』(以下エボ)として復活、名作