2012/07/22GDOEYE

辞退者が続出・・・今年の「全英」争いに何が?

意思を確認できているのは同14位の若林舞衣子のみ。今年の状況では選手たちの決断も仕方がないとはいえ、ちょっぴり寂しさを感じる「全英」争いの結末はいかに・・・。(茨城県稲敷郡/塚田達也) ■7月22日時点
2015/11/14伊藤園レディス

選手コメント集/伊藤園レディス 2日目

あって3番以降の良いゴルフにつながったと思う。シードが決まって、あとは優勝だけという気持ちが強い。(イ・ボミとの最終組)崩れる相手ではない。気持ちで負けないようにプレーしたい」 ■若林舞衣子 6
2012/06/12

フォンが5位浮上 美香は7ランクアップ/女子ランキング

位/藤本麻子/3ランクダウン 79位/北田瑠衣/4ランクダウン 88位/飯島茜/10ランクダウン 94位/野村敏京/2ランクアップ 96位/福嶋晃子/4ランクダウン ・ 108位/若林舞衣子/2ランクダウン ・ 126位/大江香織/4ランクダウン ・ 179位/斉藤愛璃/3ランクダウン
2013/06/01リゾートトラストレディス

選手コメント集/リゾートトラストレディス2日目

を尽くしたい。気持ちが空回りしないように頑張ります」 ■若林舞衣子 2バーディ 3ボギー 通算5アンダー、4位タイ 「(終盤に3連続ボギー)課題ですね。ティショットがまっすぐに行かなかったので
2015/10/10スタンレーレディス

姉弟子に続け!木戸愛に師匠・芹澤が会場レッスン

木戸愛が「スタンレーレディス」(静岡・東名CC)2日目を終えて、通算8アンダーとした。1打差の2位タイで若林舞衣子を追い、同スコアのイ・ボミ(韓国)を加えた最終日最終組で、2012年
2015/04/18KKT杯バンテリンレディスオープン

選手コメント集/KKT杯バンテリンレディスオープン 2日目

若林舞衣子 2バーディ1ボギー「71」 通算4アンダー2位 「ショットがきのうよりもバーディチャンスについた。前半でもう少しバーディパットを決めていればという悔いは残るが、全体的にはいいリズムで
2012/12/01GDOEYE

日本チーム、唯一の勝利を支えた2人の脇役たち

舞衣子と森田理香子が組んだそのペアをよく見てみると、意外な人物が彼女たちを支えていたことが分かる。 今週、若林のキャディバッグを担いでいるのは一ノ瀬優希。また、森田のバッグは福田裕子が担いでいる。つまり
2013/06/01リゾートトラストレディス

比嘉と木戸が首位タイで最終日へ! 森田は7位に急浮上

7アンダーに伸ばして首位タイに浮上。混戦から一歩抜けだして明日の最終日を迎える。 通算6アンダーの単独3位に台湾のフェービー・ヤオ。通算5アンダーの4位タイに、佐伯三貴、新崎弥生、若林舞衣子が続く
2014/09/26ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン

選手コメント集/ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン 初日

。パッティングが良かったので、このスコアで回れたと思います。先週は休みをとって、気分的にゆっくりと過ごしていました。なんとなく、たまにはゆっくりしてもいいかなという感じで」 ■若林舞衣子 4バーディ、2ボギー
2016/05/13ほけんの窓口レディース

選手コメント集/ほけんの窓口レディース 初日

若林舞衣子 5バーディ、2ボギー「69」、3アンダー5位タイ 「前半、苦しい立ち上がりで良いパーを拾って流れが変わった。途中も崩れそうになったけど、15番でチップインが来てラッキーだった。ショート
2010/07/10GDOEYE

単独4位の一ノ瀬優希「早く優勝したいんです!」

一ノ瀬優希も、2打差の通算6アンダー単独4位で追いかけている。 その一ノ瀬は「同期の服部真夕や若林舞衣子が優勝をしているのに、自分が追いついていないのが悔しい。チャンスが来たらいつでも優勝したいと思っ
2007/07/24

2007年度のLPGAプロテストが開幕!/初日の結果

。また、昨年の「日本女子オープン」でローアマチュアを獲得している若林舞衣子は、1アンダーの4位タイと上々の滑り出し。下部ツアーのステップ・アップ・ツアーで2勝を挙げている青山加織は、1オーバーの15位
2013/04/21KKT杯バンテリンレディスオープン

佐伯三貴が混戦を制し、今季初勝利!

◇国内女子◇KKT杯バンテリンレディスオープン 最終日◇熊本空港カントリークラブ(熊本県)◇6,455ヤード(パー72) 最終18番グリーンまで予断を許さない混戦を制したのは、単独...
2008/05/02クリスタルガイザーレディス ゴールデンスペシャル

笠りつ子が自己ベストで単独首位!

、今はすごい人になってしまったので」と、身近なライバルに追いつけ追い越せで、まずは自身の初優勝を目指す。 1打差の2位タイに、若林舞衣子(19=ヨネックス)と井芹美保子(22=インボイス)の二人が続い
2012/06/28アース・モンダミンカップ

服部真夕「優勝したあとが肝心」

(?)の言葉。森田理香子や若林舞衣子ら同門たちとも喜びを分かち合い、「やっぱり仲間はいい存在だと改めて感じた」と表情を和らげた。 そして、劇的な逆転勝利から得た、これまでに無かった感覚。「自分の中では、今