2019/09/07マルハンカップ 太平洋クラブシニア

芹澤信雄がホールインワンで首位発進

◇国内シニア◇マルハンカップ 太平洋クラブシニア 初日(7日)◇太平洋クラブ 六甲コース(兵庫)◇6965yd(パー72) 今季初優勝を目指す芹澤信雄が3番(パー3)のホールインワンを含む、1
2004/05/17プレーヤーズラウンジ

ツアープレーヤーたちのこだわり<芹澤信雄>

44歳が頑張っています。プロ23年目の芹澤信雄。 もうすっかりベテランの域に差し掛かろうという選手のひとりですが、コースでの姿は、はっとするほど若々しく輝いています。 そんな芹澤の若さの秘訣は、まず
2013/07/22プレーヤーズラウンジ

<プライドを捨てて芹澤信雄が手にした長尺パター>

、パッティングが決まらなければ、賞金は稼げない。それが証拠に、部門別ランキングでパット部門の上位に入っている選手は、概ね賞金ランキングでも上位に入っているものだ。 かつて芹澤信雄は、ジャンボ尾崎をして
2019/11/07HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP

奇跡のノーボギー 宮本勝昌「全てがうまくいった」

期する思いがある。「師匠の芹澤信雄)プロの誕生日(60歳)なので、いい報告ができればいいなと思います」。5月「中日クラウンズ」に続く今季2勝目へ気持ちを高めた。(沖縄県恩納村/玉木充)
2015/08/07meijiカップ

芹澤信雄キャディが指南 西山ゆかりが3位発進

ツアー5勝の芹澤信雄だ。 北海道の札幌国際CC島松コースで開催されている「meijiカップ」初日、西山は4バーディ1ボギーの「69」でプレーして、3アンダーは首位と2打差の3位スタート。芹澤事務所に所属
2019/11/14VISA太平洋マスターズ

自称「シニア予備軍」 47歳の宮本勝昌は元気に6位スタート

も首位タイ発進。「沖縄のような風が吹いていた」という初日の御殿場を攻略した。 今週は10日に60歳の誕生日を迎えた「師匠」芹澤信雄も出場。「練習ラウンドから師匠の姿を見て、ピリッと引き締まった
2014/09/22プレーヤーズラウンジ

<シニア5年目の芹澤信雄が挑み続けるレギュラーツアー>

今年でシニア入りして5シーズン目の芹澤信雄が、フジサンケイクラシックのマンデートーナメントに挑んで久々に本戦出場を果たしました。会場の富士桜カントリークラブは7437ヤードでパー71という距離の長い
2011/02/14プレーヤーズラウンジ

<チーム芹澤、大躍進の秘訣は強固な師弟愛・・・!!>

”である。 師匠の芹澤信雄はてらいもなく言い切る。「僕は、弟子に恵まれた」と。藤田寛之と宮本勝昌。「確かに僕は、彼らに技術的なことを指導しているかもしれない。だけど、精神的な部分では、彼らのほうがずっと
2010/11/06

芹澤信雄「ウィニングボールは自宅に飾ります!」

国内男子のシニアツアー「富士フイルムシニアチャンピオンシップ」は、ルーキーの芹澤信雄が2位に3打差をつける通算10アンダーでツアー初優勝を果たした。通算6アンダーの首位に3人が並んでスタートしたが
2013/11/08富士フイルムシニアチャンピオンシップ

2位浮上の芹澤信雄も?!効果抜群の青木アドバイスとは

国内シニアツアー「富士フイルムシニアチャンピオンシップ」の2日目、芹澤信雄が4バーディ、ノーボギーの「68」をマークして通算6アンダー。前日の6位から首位と2打差の単独2位に浮上して最終日を迎える
2005/11/14プレーヤーズラウンジ

ツアープレーヤーたちの営業活動<芹澤信雄>

スポーツ選手など各界の著名人が毎年、たくさん出場している。“憧れのあの人”とラウンドできればラッキー。大会の地元、御殿場市出身の芹澤信雄も、「これを好機」とちゃっかり利用していた。 この日、芹澤がチーム
2012/07/30プレーヤーズラウンジ

<嗚呼、チーム芹澤の美しき師弟愛>

、なんとも芹澤信雄の風情を醸し出していたのである。 「いや、それなら嬉しいですね」と、藤田は言った。 「僕も芹澤さんみたいにあんなに足が長いということですね?」と、冗談で返されたときには、こちらはただ曖昧な
2014/07/21プレーヤーズラウンジ

<藤田寛之の華麗なるフェードのルーツを探る>

左へ曲がるハイドローを持ち球にしていました。ドローヒッターの藤田にフェードを教えたのは、もちろん、藤田が師匠とあがめ、今でも悩むと相談する芹澤信雄です。芹澤によれば、「とにかく稼げるプロにしようと藤田
2015/05/01中日クラウンズ

2連続バーディ締めで決勝へ 中嶋常幸の“絶口調”

レポーターを務める芹澤信雄のスコア。「あいつが(通算)5オーバーで上がって、おれがそれより悪いわけにいかないんだ!」と発奮した。芹澤はカットラインに1打及ばず予選落ち。「芹澤が脱帽した?お…
2015/08/15GDOEYE

西山ゆかり初優勝に湧く疑問 キャディの力とは?

前週の「meijiカップ」でプロ転向7年目にしてツアー初優勝を飾った西山ゆかり。師匠である芹澤信雄が初めてキャディバッグを担ぎ、その週につかんだ初優勝は確かに劇的だったが、こんな疑問を持った人もいる