2015/08/27RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント

池田勇太が今季初の首位発進

ボギーとして、4アンダーで6位で発進。昨季賞金王の小田孔明、呉阿順(中国)、稲森佑貴らも並んだ。 故郷の福岡で大会連覇を狙う藤田寛之は1アンダーで43位のスタートとなっている。
2015/10/09HONMA TOURWORLD CUP AT TROPHIA GOLF

近藤共弘が「62」で首位浮上 大会ホスト岩田寛は1オーバーの43位

、通算6アンダーの6位。通算5アンダーの9位には深堀圭一郎、竹谷佳孝、稲森佑貴、池田勇太、宮里優作の5選手が並んだ。 大会ホストプロの岩田寛は2バーディ、1ボギー、1ダブルボギーの「72」と1つスコアを落とし、通算1オーバー…
2018/10/20マスターズGCレディース

東浩子はアイアンとボールを替えて精度アップ

できるようになった」と絶賛した。 なお、同アイアンは9月「マンシングウェアレディース」で初優勝した香妻琴乃、男子プロゴルファーで前週の「日本オープン」を制した稲森佑貴らが使用している。(兵庫県三木市/塚田達也)
2019/03/19メイバンク選手権

マレーシアで日本勢8人が出場 石川遼と谷原秀人は雪辱戦

。ディフェンディングチャンピオンはインドのシュバンカー・シャルマ。前年大会は日本勢が優勝争いに加わり、石川遼と谷原秀人が5位タイでフィニッシュした。 今年は石川、谷原、宮里優作、池田勇太、片岡大育、川村昌弘、稲森佑貴、水野眞…
2015/04/17東建ホームメイトカップ

首位はI.J.ジャン 片岡大育が1差2位

稲森佑貴、リュー・ヒョヌ(韓国)、チャン・キム(米国)、プラヤド・マークセン(タイ)の5選手が並んだ。 テッド・オー(米国)、河井博大、山下和宏、小平智、S.K.ホ(韓国)が通算4アンダーの9位
2017/10/13日本オープン

池田勇太が首位浮上 石川遼は予選落ち

、小田孔明、稲森佑貴、秋吉翔太、重永亜斗夢ら8人が続いた。 61位からスタートした石川遼は2バーディ、7ボギー1ダブルボギーの「77」と崩れ、通算9オーバーの97位。国内ツアーの今季初戦は、下位で予選
2018/08/25KBCオーガスタ

出水田大二郎が首位キープ 石川遼は20位

の池田勇太、秋吉翔太、稲森佑貴らが通算7アンダーの8位で追う。 2016年覇者の石川遼は5バーディ、1ボギーの「68」でプレーし、通算5アンダーの20位とした。
2016/11/24カシオワールドオープン

首位と3打差に34人の大混戦!賞金王争う池田、谷原は35位発進

(米国)の3選手。2アンダー5位に高知県出身の片岡大育、小平智ら今季1勝を挙げている実力者が顔を出した。日米ツアーを転戦している岩田寛は1アンダーとし、今平周吾、稲森佑貴、宮里優作らと計22選手の13位
2018/06/01日本ツアー選手権森ビル杯

復活かける近藤智弘が首位に浮上 石川遼は2戦連続予選落ち

、ジュビック・パグンサン(フィリピン)と並ぶ7アンダー4位タイに後退した。 前週の「ミズノオープン」でツアー初勝利を飾った秋吉翔太は、今平周吾、稲森佑貴らとともに3アンダー18位タイ。星野陸也は3位タイから
2019/05/07ダイヤモンドカップ

日亜ツアー共同主管試合 池田勇太が連覇を狙う

を整えている。 2018年の賞金王・今平周吾をはじめ、秋吉翔太、稲森佑貴、星野陸也ら20代の選手たちもシーズンの序盤戦にタイトル奪取を狙う。片岡大育、川村昌弘といった海外ツアー参戦に積極的なプレーヤー
2014/09/18seven dreamers challenge in Yonehara GC

北村晃一が首位発進 1差2位に6選手の混戦/チャレンジ初日

ばかり。大会初日、北村晃一が7アンダーの「65」でまわり、単独首位の好スタートを切った。 首位と1打差、6アンダーの2位には大谷俊介、河合庄司、今平周吾、木下裕太、稲森佑貴、谷昭範の6選手。5アンダーの8
2018/10/26マイナビABC選手権

姉・琴乃が観戦 香妻陣一朗が10位に浮上

」とハッパをかけられた。今季は秋吉翔太や出水田、稲森佑貴など九州勢が次々と初タイトルを手にし、周囲に“次はお前が勝てよ”と言われることが増えたという。 今季は夏場から予選落ちが続き、賞金ランキングは
2018/08/24KBCオーガスタ

出水田大二郎が首位に浮上 石川遼は5打差30位

)、キム・キョンテ(同)、ウォンジョン・リー(オーストラリア)、ブレンダン・ジョーンズ(同)、パヌポール・ピッタヤラット(タイ)の6人が続く混戦になった。 藤田寛之、稲森佑貴、浅地洋佑ら5人が通算4