2024/07/06アジアン

香妻陣一朗が首位と1打差2位ターン 欧陽子龍は39位/アジアン

ツアー3勝のジョン・キャトリン。 欧陽子龍(おうよう・しりゅう)は29位から出て「74」とスコアを落とし、1アンダーの39位。 その他の日本勢は生源寺龍憲が4オーバー102位、関藤直熙が7オーバー124位、秋吉翔太が14オーバー150位で予選落ちした。
2024/07/05アジアン

香妻陣一朗が2打差4位発進 欧陽子龍が29位/アジアン

、関藤直熙が1オーバー80位、秋吉翔太が3オーバー112位。 首位は7アンダーで、LIVゴルフに参戦するジョン・キャトリンと長野県出身の22歳、カズマ・コボリ(ニュージーランド)。キャトリンは1イーグル5バーディ、コボリは7バーディと、ともにボギーなしの「66」をマークした。
2023/08/31国内男子

大塚大樹とアマ本大志が首位発進/男子下部

。 女子プロの山下美夢有の弟で前年大会覇者のアマチュア山下勝将(近大)は3バーディ、1ボギー1ダブルボギーの「72」でプレー。レギュラーツアー3勝の片岡大育、同2勝の秋吉翔太ら並んでイーブンパー32位で初日を終えた。
2023/04/21国内男子

ルーキー鈴木晃祐が初優勝 3打差3位から逆転/男子下部

。アマチュアだった昨年は5月にレギュラーツアー「アジアパシフィックオープン ダイヤモンドカップ」で2位となり、8月には「全米アマ」にも出場。昨秋QTでプロ転向し、前週の同ツアー「関西オープン」は3位と好調だった。 12アンダーの1打差2位に昨年大会覇者の田中、2打差3位は玉城海伍、秋吉翔太だった。
2023/04/19国内男子

レギュラー2勝の秋吉翔太が首位発進 /男子下部

し、レギュラーツアー2勝の秋吉翔太がノーボギーの8バーディ「64」をマークし、8アンダーの単独首位発進を決めた。 1打差の2位には前年大会覇者の田中裕基。6アンダー3位にはレギュラー1勝の額賀辰徳
2022/11/27国内男子

12人が初シード 宮里優作とソン・ヨンハンがシード維持

シードを獲得した。 一方、竹谷佳孝(74位)、秋吉翔太(126位)らツアー優勝経験者がシードから陥落。ツアー18勝の藤田寛之は今季は生涯獲得賞金25位以内の資格で出場していたが、ランキング109位でシード
2022/05/24国内男子

「ゴルフの聖地」を懸けた決戦 今平周吾が3週連続優勝狙う

復帰する石川遼も英国行きを目指す。 手嶋、富村とともに大会ホストのミズノと契約する時松隆光、武藤俊憲、小鯛竜也らが大会を盛り上げる。 すでに全英行きを決めている今平周吾は3週連続優勝を目指す。初日は秋吉翔太、武藤と同組でティオフする。
2021/11/20国内男子

木下稜介が首位浮上 宮里優作「63」で2打差4位

「ダンロップ・スリクソン福島オープン」以来となるツアー3勝目へ通算12アンダーで単独首位に浮上した。 単独首位から出た秋吉翔太は3バーディ、2ボギーの「70」で回り、ツアー未勝利の小袋秀人と並んで通算
2021/11/19国内男子

秋吉翔太が単独首位浮上 1打差2位に古川雄大

◇国内男子◇ダンロップフェニックス 2日目(19日)◇フェニックスCC(宮崎)◇7042yd(パー71) 首位タイから出た秋吉翔太が5バーディ、3ボギーの「69」でプレー。2018年「ダンロップ