2016/07/06ニッポンハムレディス

北海道の新規大会が開幕 イ・ボミら不在で混戦模様

、強豪不在の間に初優勝を狙う若手の筆頭に数えられる選手だ。また、「ニチレイレディス」で首位から出た最終日に逆転を許し、2位となった勝みなみ(鹿児島高3年)もアマ2勝目を狙って出場する。 初日の組み合わせは、申が森田理香子と福田真未、キムが鈴木と永井花奈と同組に。菊地は上田桃子と勝の注目組に入った。
2016/08/19CAT Ladies

前田陽子と金ナリ首位 イ・ボミが1差で追う

「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」、金は今年6月「ニチレイレディス」以来の首位発進となる。 4アンダーの3位に、賞金ランクトップを走るイ・ボミ(韓国)、大江香織、福田真未、北田瑠衣、鈴木愛
2017/03/19Tポイントレディス

菊地絵理香が完全優勝で3勝目 日本勢連敗「8」で食い止め

「スタジオアリス女子オープン」以来となるツアー通算3勝目。渡邉彩香は通算9アンダーで2年連続の2位に終わった。 ペ・ヒギョン(韓国)が通算8アンダーで3位、2週連続優勝を狙った全美貞(韓国)が4位。上田桃子、福田
2018/09/07日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯

申ジエが2週連続Vへ単独首位 小祝さくらは5差2位

逃げ切り態勢を整えた。 初優勝を目指し、同じく首位から出た小祝さくらは2バーディ、1ボギーの「71」でプレー。通算6アンダーでテレサ・ルー(台湾)、大山志保、福田真未と並んで2位で決勝ラウンドに進出した
2014/09/21マンシングウェアレディース東海クラシック

3連続バーディで鮮やかに逆転!申智愛が今季4勝目

マークしたリ・エスド(韓国)が通算11アンダーの3位タイとなった。 横峯さくらが「67」で回り、通算8アンダーの6位タイ。成田美寿々は7アンダー10位タイでフィニッシュした。最終日を単独首位で迎えた福田真未は「76」とスコアを4つ落とし、6アンダーの12位タイで終えた。
2013/10/03フンドーキンレディース

新人・杉本愛理がプロ3戦目でステップ初優勝

ボギーでハーフターン時に藤田をとらえ、後半はスコアの伸ばし合いで一進一退。17番のバーディで突き放し、プロテスト前を入れると2位→2位→棄権の成績だったステップアップツアーをついに制した。 粘った藤田は1打及ばず2位。通算7アンダーの3位に福田真未、通算4アンダーの5位タイに工藤遥加らが入った。
2015/10/18富士通レディース

テレサ・ルーが完全優勝で今季5勝目 2位に渡邉彩香

入った。ルーと3日間同じ組で回り、初日から2位をキープし続ける“完全準優勝”となった。 青木瀬令奈と申ジエ(韓国)が通算7アンダーとして、3位。キム・ハヌル(韓国)が通算6アンダーの5位、福田真未
2013/10/18ルートインカップ 上田丸子グランヴィリオレディース

葭葉ルミが2日連続イーグルで逆転!プロ初勝利

。 通算5アンダーの2位は下村真由美、通算4アンダーの3位は福田真未。通算3アンダーの4位タイには大和笑莉奈、イエ・リーイン(中国)、綾田紘子、加藤あづみの4人が並んだ。
2018/11/02TOTOジャパンクラシック

畑岡奈紗が1打差2位発進 首位にユ・ソヨン

(韓国)がつけた。 4アンダー7位に永峰咲希、小祝さくら、テレサ・ルー(台湾)、エンジェル・インら8人。大会3連覇を目指すフォン・シャンシャン(中国)は永井花奈、新垣比菜、上田桃子、大江香織、福田真未らと並んで3アンダー15位とした。国内賞金ランク3位の鈴木愛は1オーバー64位と出遅れた。
2015/03/17Tポイントレディス

舞台は佐賀 海外組の連勝を止めるのは誰?

プレーオフで惜敗した鈴木愛、同コースのある武雄市が生誕地という福田真未、ホステスプロを務める木戸愛、2013年覇者の一ノ瀬優希も参戦する。
2014/06/20ニチレイレディス

中村、葭葉らが首位 ツアー初優勝へ好機

、イ・ナリ(韓国)、中村香織、申智愛(韓国)の4人が並ぶ混戦模様。2アンダーの5位タイに福田真未、山城奈々が続いている。 海外メジャー「全米女子オープン」開催中とあって上位選手が不在の中、ツアー初優勝を
2020/06/27アース・モンダミンカップ

大雨予想で午前10時のスタートに 最終組は正午ちょうど

:00 勝みなみ、蛭田みな美、畑岡奈紗 11:10 福田真未、林菜乃子、野澤真央 11:20 工藤遥加、宮崎乙実、笹生優花 11:30 小祝さくら、笠りつ子、稲見萌寧 11:40 大里桃子、菅沼菜々、渡邉彩香 11:50 鈴木愛、臼井麗香、酒井美紀 12:00 西郷真央、古江彩佳、田中瑞希