2014/04/20KKT杯バンテリンレディスオープン

15歳アマチュアの勝みなみが最年少優勝を達成!

並ぶと、1つ後ろの最終組をプレーした前日首位の福田真未が2番からの3連続ボギーで失速し、単独首位に。6番では7メートルを沈め、後半に入っても10番、11番と連続バーディを奪い、一気に後続を突き放した。
2016/05/21中京テレビ・ブリヂストンレディス

選手コメント集/中京テレビ・ブリヂストンレディス 2日目

福田真未 4バーディ「68」 通算7アンダー4位タイ 「チャンスはきのうからあったのですが、グリーンの傾斜が複雑で苦しんだ。きょうも短いのしか入らなかったです。ただアイアンが良くなっている。今まで
2018/12/07中古ギア情報

今季国内でダントツ最多勝利のシャフト

佑貴、木下裕太、ラヒル・ガンジー、女子はアン・ソンジュ、申ジエ、黄アルム、永峰咲希、福田真未と、稲森を筆頭にフェアウェイキープ率の高い選手が目立つ。 「スピーダー エボリューション 4」は、スピーダー
2016/06/10サントリーレディス

ベテラン姜秀衍が首位浮上 キム・ハヌル4打差2位

位。イは「72」と伸ばせず、全美貞(韓国)と並び通算6アンダーの4位に後退した。 笠りつ子、福田真未が通算5アンダー6位に続き、通算4アンダー8位に今季1勝の鈴木愛、藤田さいき、一ノ瀬優希、吉田弓美子
2019/11/19伊藤園レディス

母が明かした大江香織のツアー引退決断の理由

18ホールを金田久美子、柏原明日架、穴井詩らツアー仲間が見守り、18番グリーンには先にホールアウトした葭葉ルミ、イ・ボミ(韓国)、福田真未、勝みなみら。そして、2009年のプロ転向から帯同してきた母
2012/09/16山陽新聞レディースカップ

芳賀が逆転勝利 比嘉は25位タイ/ステップ・アップ・ツアー最終日

単独5位に福田真未が続いた。城間と同じく今年のプロテストに合格している比嘉真美子は3位タイからのスタート。前半4番でトリプルボギーを叩くなど「79」と大きく崩れ、通算5オーバーの25位タイに後退して2日間の戦いを終えた。
2013/05/09ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ

藤田、リューが首位発進 佐伯、原が1打差につける

試合連続勝利を狙う佐伯三貴のほか、原江里菜、フェービー・ヤオ(台湾)、福田真未。10年大会覇者のモーガン・プレッセル(米国)が藤本麻子らと並び2アンダーの7位タイにつけた。 そして宮里美香、吉田弓美子
2018/12/28ツアーギアトレンド

年間勝利数が最も多かったシャフトは?/国内女子

福田真未は、「昨年から使っていますが、タイミングがとりやすい。スイングにしっかりとついてきてくれて信頼できる」と絶賛した。昨季4勝の申ジエ、3勝の黄アルム(ともに韓国)も同社シャフトを愛用する。 2位は
2014/03/23Tポイントレディス

女王・森田理香子が今季初勝利 ツアー通算7勝目

出身の福田真未、今季開幕戦を制したO.サタヤ(タイ)の2選手。そのほか横峯さくらは通算2アンダーの5位、ホステスプロとして今大会に臨んだ木戸愛は、通算7オーバーの46位タイでフィニッシュしている。
2014/03/28アクサレディス in MIYAZAKI

20歳の渡邉彩香が単独首位! 森田理香子は連勝へ2差発進

連続優勝に向けて幸先良く飛び出した。 3アンダー6位に井芹美保子、森美穂、前週は最終日最終組を回った原江里菜。さらに1打差に上田桃子、福田真未、中村香織ら9人がグループを形成した。大会連覇がかかる堀