2019/05/04パナソニックレディース

鈴木愛とイ・ミニョンが首位 3打差に20人の大混戦

(いなみ・もね)、永井花奈、大城さつき、黄アルムの4人。通算7アンダーの7位に勝みなみ、笠りつ子、福田真未の3人が続いた。 通算6アンダーの10位には横峯さくら、新垣比菜、小祝さくら、原江里菜、アマチュアの
2019/03/19

畑岡奈紗が初のトップ5 鈴木愛は27位/女子世界ランク

位に浮上した。3位タイのイ・ミニョンは69位(4ランクアップ)、岡山絵里は95位(2ランクアップ)、福田真未は100位(8ランクアップ)となった。 トップのパク・ソンヒョン(韓国)以下、上位4人に変動はなかった。
2019/03/17ヨコハマタイヤPRGRレディス

鈴木愛が逆転で今季初V ツアー10勝目「四国で勝ててうれしい」

葭葉ルミ。通算4アンダーの3位に福田真未、岡山絵里、イ・ミニョン(韓国)が続いた。 首位タイで出た大城さつきとペ・ソンウ(韓国)はともに「76」と崩れ、通算3アンダーの6位で勝みなみ、上田桃子らと並んだ
2019/03/10ダイキンオーキッドレディス

比嘉真美子が開幕戦を制す 宮里藍さん以来15年ぶり地元V

に地元出身でホステスプロの新垣比菜、穴井詩、エイミー・コガの3人が続いた。松田鈴英、申ジエ(韓国)、福田真未が通算1アンダーの5位だった。 畑岡奈紗は4オーバーの17位、イ・ボミ(韓国)は7オーバーの34位で終えた。
2019/03/09ダイキンオーキッドレディス

比嘉真美子が独走 7打リードで地元優勝へ前進

アンダーの6位に、福田真未とエイミー・コガが続いた。 米国ツアーを主戦場にする畑岡奈紗は「73」とし、21位から通算1オーバーの9位に浮上。比嘉と並んでアンダーパー「71」をマークした22歳の山内日菜子は
2018/12/28ツアーギアトレンド

年間勝利数が最も多かったシャフトは?/国内女子

福田真未は、「昨年から使っていますが、タイミングがとりやすい。スイングにしっかりとついてきてくれて信頼できる」と絶賛した。昨季4勝の申ジエ、3勝の黄アルム(ともに韓国)も同社シャフトを愛用する。 2位は
2018/12/07中古ギア情報

今季国内でダントツ最多勝利のシャフト

佑貴、木下裕太、ラヒル・ガンジー、女子はアン・ソンジュ、申ジエ、黄アルム、永峰咲希、福田真未と、稲森を筆頭にフェアウェイキープ率の高い選手が目立つ。 「スピーダー エボリューション 4」は、スピーダー
2018/11/11伊藤園レディス

黄アルムが今季3勝目 鈴木愛は2年連続女王逃す

。 イ・ボミ(韓国)は通算7アンダー14位。前年覇者の福田真未は通算5アンダー20位で終えた。 今大会の結果により、賞金女王争いはアンと申の2人に絞られ、昨季女王の鈴木は脱落した。
2018/11/09伊藤園レディス

鈴木愛が2打差3位 単独首位に佐伯三貴

鈴英ら10人。逆転女王には残り3試合で1勝が最低条件となる鈴木は、5バーディ、1ボギーの「68」とする好スタートを切った。 同ランクトップを走り、今大会の優勝で4年ぶり4度目の賞金女王が決定するアン・ソンジュ(韓国)は、3アンダーの13位で発進した。 前年覇者…
2018/11/07伊藤園レディス

賞金女王争いは残り3戦 上位ランカーがこぞって出場

めぐる戦いは佳境に入る。賞金総額1億円を争う今大会は今年も、千葉県のグレートアイランドCで開催される。 昨年は福田真未が初日からの首位を守り抜き、ツアー初優勝を手にした。今年8月の「北海道meijiカップ
2018/11/02TOTOジャパンクラシック

畑岡奈紗が1打差2位発進 首位にユ・ソヨン

(韓国)がつけた。 4アンダー7位に永峰咲希、小祝さくら、テレサ・ルー(台湾)、エンジェル・インら8人。大会3連覇を目指すフォン・シャンシャン(中国)は永井花奈、新垣比菜、上田桃子、大江香織、福田真未らと並んで3アンダー15…
2018/10/14富士通レディース

「TOTO」出場権が決定 新垣比菜ら6人が初

ジエ、鈴木愛、成田美寿々、比嘉真美子、黄アルム、菊地絵理香、小祝さくら、岡山絵里、フェービー・ヤオ、イ・ミニョン、テレサ・ルー、福田真未、新垣比菜、ユン・チェヨン、永峰咲希、有村智恵、全美貞、ささきしょ
2018/10/13富士通レディース

アン・ソンジュとイ・ミニョンが首位 三ヶ島かなら1打差3位

、成田美寿々、福田真未、東浩子の4人が続いた。 単独首位からスタートした辻梨恵は1バーディ、2ボギー1ダブルボギーの「75」と落とし、通算2アンダー16位に後退した。 前週「スタンレーレディス」を制したささきしょうこは、通算…
2018/09/14マンシングウェアレディース

復帰2戦目の鈴木愛が首位発進 香妻琴乃と並ぶ

アンダーの3位に新垣比菜、4アンダーの4位にイ・ミニョン(韓国)がつけた。藤本麻子、福田真未、権藤可恋、15年大会覇者キム・ハヌル(韓国)が3アンダーの5位タイに続いた。 賞金ランク2位のアン・ソンジュ
2018/09/07日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯

申ジエが2週連続Vへ単独首位 小祝さくらは5差2位

逃げ切り態勢を整えた。 初優勝を目指し、同じく首位から出た小祝さくらは2バーディ、1ボギーの「71」でプレー。通算6アンダーでテレサ・ルー(台湾)、大山志保、福田真未と並んで2位で決勝ラウンドに進出した